5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昭和天皇は名君である

1 :朝まで名無しさん:03/11/23 02:39 ID:dYApbqMP
立憲君主制をよく理解し、憲法を誰よりも遵守し、話し合いで決まったことに口を
はさんだことはなかった。軍の暴走には終始反対し、三国同盟にも不満を示したが、
直接政治に介入することを徹底的に避けた。日米戦争に突入する際にも反戦
の御製を紹介するにとどめ、国民の代表たる政治家や軍人の意向を押しつぶす
ことはなかった。敗色が濃厚となり、我々愚かな国民の多くが本土決戦などと考え
ていた時、戦争終結の考えを示し、日本を滅亡から救った。
この時も命令したのではなく、総理から判断を求められたうえでのことだった。
真の民主主義者は昭和天皇であった。
そして占領軍総司令官に対して「全責任を負います」と明言し、マッカーサーをして、
「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、この勇気に満ちた
態度は、私の骨のズイまでも揺り動かした」と言わしめた。このような国の代表が
かつていただろうか?ムッソリーニのように逃げるか、ヒットラーのように自殺する
のがオチだろう。マッカーサーとの会見は秘密だったがマッカーサーはあちこち
で暴露した。しかし昭和天皇は「男の約束」として生涯話さなかった。
昭和天皇の生涯を振り返ると、我々の理性では計り知れないものがある。
昭和天皇はその人柄がいつも強調されるが、それは表面の一部分にすぎず、
注目すべきは君主としてどのような行動をとってきたかである。
確実に言える事は、天皇は困難から逃げなかったということだ。


2 :朝まで名無しさん:03/11/23 02:42 ID:dYApbqMP
国際派日本人養成講座
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog136.html

■1.石のひとつでも投げられりゃあいいんだ■

ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、旅先で石のひとつでも投げられりゃあいいんだ。
ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを日本 人に知らしめてやる必要がある。
神さまじゃなくて人間だ、ということをね
それが生きた民主主義の教育というものだよ。

昭和21年2月、昭和天皇が全国御巡幸を始められた時、占領軍総司令部の高官たちの間では、こんな会話が交わされた。 [1]

しかし、その結果は高官達の"期待"を裏切るものだった。昭和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。
行程は3万3千キロ、総日数165日。各地で数万の群衆にもみくちゃにされたが、石一つ投げられたことはなかった。

イギリスの新聞は次のように驚きを率直に述べた。
日本は敗戦し、外国軍隊に占領されているが、天皇の声望はほとんど衰えていない。各地の巡幸で、群衆は天皇に
対し超人的な存在に対するように敬礼した。何もかも破壊された日本の社会では、天皇が唯一の安定点をなしている。

イタリアのエマヌエレ国王は国外に追放され、長男が即位したが、わずか1ヶ月で廃位に追い込まれた。それに対して、
日本の国民は、まだ現人神という神話を信じているのだろうか?欧米人の常識では理解できないことが起こっていた。[2]

3 :朝まで名無しさん:03/11/23 02:58 ID:buTCuyPu
そのうちチョンがわんさかわいて来るぞ

4 :まいっちんぐマチ先生:03/11/23 03:04 ID:kWD46uGG
残念ながら、治世中に建国以来のわざわいがおこったのだから、そ
れは天皇の「不徳」によるものだろう。人格者であられた昭和帝ご
自身がみにしみて理解しておられようことだ。
不徳の帝をあえて「名君」とよぶのは、先帝陛下の意にかないます
まい。

5 :朝まで名無しさん:03/11/23 05:41 ID:uYUlpqjx
>>4
マチ先生が徳治主義者とは知らなかった.


6 :朝まで名無しさん:03/11/23 09:32 ID:n0D5dMnG

確かに、稀に見る迷君でした。

7 :朝まで名無しさん:03/11/23 09:32 ID:KjYF0H4e

     彡三ニ三ミミミ-、      /             ヾ:::::\
     xX''     `YY"゙ミ、     /              \:::::::\   
    彡"          ミ.  ミ|                 |:::::::::|   快勝だね神崎君!
    |::::|∪           ミ  ミ| _-=≡彡  ミ≡==- 、   |:;;;;;;/|
   ,=ミ/  =三ミ j i=三ミ|   | | <・>| ̄ ̄| <・> |─´ /  \|  公明党このままいけば40議席も夢ではない
   | 、====| <・> |=|<・> |   | ヽ__/   \__/    >∂/ .
   | '|   ーー" 丶--'.j  /   /(     )\      |___/
   ヽ|  、 /`^ー^、  |  |    /  ⌒`´⌒   \     ) |.
     |  ""| ∠二>i /  .|   │                | |.  共産は虫の息(笑)
     |\    ---  /  (   \/ ̄ヽ/\_丿      / |   
   /|\`ー-、__,_ノ    \  、 \ ̄ ̄ ̄/ヽ      / /
共産って選挙に参加してたの?  いや認識もされてないでしょ?



8 :朝まで名無しさん:03/11/23 09:51 ID:QOHFovqF
天皇家は理工系だよね。
その方が賢明だよね、色めがねをするよりは。

9 :朝まで名無しさん:03/11/23 10:17 ID:t0Jb9V89
>>1=チョン

10 :朝まで名無しさん:03/11/23 10:18 ID:rSzWTWep
平成になってからの天災・人災を思うと明仁はご欠徳。廃帝すべし。

11 :朝まで名無しさん:03/11/23 10:19 ID:t0Jb9V89
【 日 本 三 大 疫 病 神 】


     武   烈

     天   武

     昭   和

12 :ちく ◆rNB178h7r2 :03/11/23 10:23 ID:dxyWVjTR
・・・・・いつも思うけど、何で天皇関係のスレ立てって、こんなにも厳重なスレ立て制限かかってるのに
あっさり通るんだろう?

13 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/23 11:07 ID:sgJKRrwx
多分、初心者板当りのスレ立て依頼スレから立ち上がっていると見るべし。
・・・そうか!其の手があった。あのスレ立ち上げてもらおっと。


14 :朝まで名無しさん:03/11/23 11:43 ID:/NPAmHet
こいつのの命と地位を守るために何十万人という日本人が無駄死にした。

15 :朝まで名無しさん:03/11/23 13:57 ID:cV26A3lK
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog070.html

■1.世界は日本を必要としている■

 日本の若者が祖国の文化の豊饒を十分に知らず、いや、日本
そのものが偉大な独立国家にふさわしい役割を国際場裡で果た
そうとしないありさまを見て(中略)、私は驚きと失望を禁じ
得ないのであります。[1,p50]

 著名な作家であり、フランス国営文化放送プロデューサーとして
紫式部から三島由紀夫まで多くの優れた日本文化紹介番組を送り出
したオリヴィエ・ジェルマントマ氏は語る。

 ジェルマントマ氏をかく言わしめるのは、今まで40近い国をめ
ぐり歩いた経験から、「我らが地球は、もしも文化的・精神的に新
飛躍をとげざる限り明日はないも同然」[2,p38]という現代文明に
対する痛切な危機感を抱いたからである。

 世界のひと握りの人間が死に金を積み上げて、その上にどっ
かとあぐらをかき、たらふく食って身動きもならないありさま
であるのにひきかえ、何億という老若男女が飢えて、食する物
なき惨状なのであります。かと思えば、先進諸国では、暴力、
人種間の怨恨、強姦、麻薬などが増大する一方、日本でさえそ
の例外ではないのです。これが「進歩」でしょうか。[2,p108]

 そして言う。「現代人をして守銭奴以外の何者かたらしめるため
には世界は日本を必要としている」と。[2,p38]


16 :朝まで名無しさん:03/11/23 14:01 ID:cV26A3lK
靖国神社の緑陰

■1.捧げし人のただに惜しまる■
 かくばかりみにくき国となりたれば捧げし人のただに惜
しまる
 ある戦争未亡人の歌である。夫は国のためにと一命を捧げた
のに、その国がこんなに醜くなってしまったのでは、何のため
の犠牲だったのだろう、という痛憤の一首である。
 わが国の為に一命を捧げた人の遺族に、このような思いをさ
せている事に、心ある人々は、同じ同胞としてまことに申し訳
ないという気持ちを持つであろう。
 作者の言う「みにくき国」とは、具体的には何なのだろう?
生徒に権利の主張ばかりさせる教育現場、汚職の絶えない政治
家や官僚、さらには他国に対して自己主張もできない外交、、、
いろいろ考えられるが、最近読んだ次の一文は、遺族にこのよ
うな痛憤を与える風潮の典型ではないか、と思った。
 このような状況の中で戦死した一般兵士は国の引き起こ
した戦争の犠牲者である。しかしアジア諸国民から見れば、
彼らは侵略国の軍隊の一員である。日本軍兵士の死は侵略
者の一員の死である。・・・
 そうだとすれば、アジア諸国の人々から見れば、靖国神
社が戦没した一般兵士の従軍を有徳行為として誉め、神と
崇めることは、A級戦犯を祭神として祀ることに劣らず、
アジア諸国民の心を傷つけるものである。[1,p107]
「日本軍兵士の死は侵略者の死である」、日本軍に身内を殺さ
れた東南アジア華僑がそう言うならまだしも、日本人が「アジ
ア諸国民の心の傷」を空想して、同じ同胞に対してこんな酷薄
な表現を平気で使う。これでは英霊の遺族は耐えられまい。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog202.html

17 :朝まで名無しさん:03/11/23 14:19 ID:xvAsf3YF
日本を壊滅一歩手前にまでしながら、最後まで和歌を詠むしか能のなかった“迷君”。
(ポツダム宣言第13項―「日本軍の無条件降伏は直ちに実行され、日本政府のその
保障が誠実になされるものとする
これ以外の日本の選択肢は完全且つ迅速な壊滅のみである」)

18 :朝まで名無しさん:03/11/23 14:47 ID:RZF/9KsB
これについては、もう弁護できませんね(w
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ


19 :朝まで名無しさん:03/11/23 22:54 ID:B4mqm1Lw
>>18
「潜在主権」でぐぐれ。自分の無知を恥じれ。

20 :朝まで名無しさん:03/11/23 23:20 ID:uYUlpqjx
ためにする中傷にいちいち反応しても仕方ないと思うけど

21 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:04 ID:t1BlKm29
>1を読んでいると、結局軍部の暴走も止められないただのお飾りだったという事が
よくわかる。
個人的に昭和天皇は好きなのだが(ミッキーの腕時計御自慢なさるお茶目振りとか)
そのお人柄以上に何かをなさったかと言えば、残念ながら見当たらない。

22 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:10 ID:vLdxIXtN
軍部の言いなりになったどうしようもない香具師じゃないのか?

今となってはどうでもいいことだが。

23 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:30 ID:08Ra+Wgm
正確には「軍部の言いなりになった政府」の言いなりになっていた,てところだと思うけど.

24 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:38 ID:YRYDJtbm
戦争には相手がいることがわからない香具師が、軍部の暴走とかたわごとをほざく。

25 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:42 ID:t1BlKm29
>24

軍部の暴走ということで、陛下の面目が保たれた側面もあるのだが?

26 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:50 ID:NF9M9Xgh
「わたしは、かごの鳥」と発言されたのが印象的でつ。

27 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:52 ID:Oqe0Dy9+
御前会議で太平洋戦争の初期の戦果を聞いて終始にこやかな姿が印象的でつ

御前会議で沖縄防衛戦で「補給部隊だけでよいのか?」と大和出撃に踏み切らせた
姿が印象的でつ

それでいて「戦争には一切関与してない」というブタキム主席みたいな開き直りも
印象的でつ

28 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:54 ID:0RgnEn9Q
嗚呼、昭和大帝。涙。

29 :朝まで名無しさん:03/11/24 00:54 ID:h4VFLxHp
負けやがって
畜生め

30 :朝まで名無しさん:03/11/24 01:05 ID:08Ra+Wgm
>>27
事実誤認だけ.

> 御前会議で沖縄防衛戦で「補給部隊だけでよいのか?」と大和出撃に踏み切らせた
> 姿が印象的でつ
軍令部が沖縄決戦の方針を航空総特攻である,と奏上したのに対して,飛行機だけなのか?
海軍にはもう艦隊はないのか?とのご下問があり,もちろん艦隊もありったけ出します,と
軍令部が奉答してしまい,急遽立てられたのが大和の水上特攻作戦ですね.

> それでいて「戦争には一切関与してない」というブタキム主席みたいな開き直りも
> 印象的でつ

そんなこと言ったかな?終始沈黙しつづけてたと思うけど.

31 :朝まで名無しさん:03/11/24 01:21 ID:TLbskyzB
名クンニ

32 :朝まで名無しさん:03/11/24 01:29 ID:XBHBh5O/
>>1
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < なわけねえだろ!
/|         /\   \__________


33 :朝まで名無しさん:03/11/24 08:50 ID:7itjaPdn
軍部と同じ夢を見ていた、迷(惑)君。
軍部の暴走だって?ぷっ。

34 :朝まで名無しさん:03/11/24 10:32 ID:JUgalvqL
>>1
俺もそう思う。
この本↓読んでからそう思うようになった。     
http://www2s.biglobe.ne.jp/~SHUJI/books/tenno.htm 
  

35 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:10 ID:kWbGUGUC
>>1
明治天皇の方が名君だろ!!!

あいつにゃあ勝てないぜ

36 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:18 ID:WP2f8qFG
保身の名手。
戦時中は軍部に迎合し、戦後はマッカーサーにすり寄る。
その後は保守政権に支えられる。
戦争責任さえ認めないクズ。

37 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:19 ID:WgTCEU9+
戦争に負けた責任もあるが

>>1みたいな基地外を量産させた責任のほうが重いな

38 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:23 ID:AtAg0plk
今どき”天皇”なんてのを真面目に語る奴って普通に気持ち悪い。なんか変な洗脳でも
受けてるんじゃないかと疑いたくなる。

39 :sage:03/11/24 14:24 ID:3oKUL/YX
名君とはまでは逝かないが、空気を読める優秀な方だとは思います。

40 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:30 ID:JUgalvqL
2.26事件でも右顧左眄する軍部に、反乱軍と決め付けたのは昭和天皇だしな。
真崎率いる皇道派に嫌悪感をもったのも昭和天皇なら天皇機関説にも賛同している一事をみても、
昭和天皇の態度は一貫している。
天皇をかついで国家転覆をはかる、天皇の名において軍事政権を立てる、そんな無謀な非民主的な
暴挙に天皇が乗るはずがない

41 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:33 ID:WgTCEU9+
>空気を読める優秀な方だとは思います。

 たしかに(藁

  勝ち戦の時は、「そんなに勝って大丈夫か」と満面の笑みを浮かべ
  戦線が膠着すると、東条英機を叱咤する豪昧に振る舞い
  負け戦が確定すると、「ひたすら平和を願っていた」

 これほどの豹変ぶりは、 正 常 な 神 経 の 持 ち 主 ではできまい(藁



42 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:37 ID:JUgalvqL
大体、当時の朝日新聞読めば分かるけど、国民の圧倒多数は開戦に
意気高揚し、息子が出征するときはお祝してたぐらい。
それが戦後、都合が悪くなり天皇制に責任を擦りつけ始めたのが反天皇制
(いわゆる戦後民主主義知識人)の連中。
彼ら自身、戦時中軍国少年だったことを認めてるしね。
つまり天皇制に反対してる連中は自分のケツも拭けない保身だけの
卑小な人間だと思う。



43 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:50 ID:WgTCEU9+

特定の本しか読めないコヴァ降臨!!

44 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:51 ID:WgTCEU9+
そんなに戦後民主主義が嫌いなら


     日  本  か  ら  出  て  け  ば  ?




45 :つーか:03/11/24 14:55 ID:JUgalvqL
そんなに天皇制が嫌いなら

 日 本 か ら 出 て け ば ?

の間違いだろ(藁



46 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:56 ID:XBHBh5O/
日本から出て行くべきなのは天皇の方だ。
故郷の朝鮮半島にお帰り願いたい。

47 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:57 ID:zPQ3NCl+
つーか、天皇自体どっかに亡命してもらったら?

朝鮮系だし、「北」へ逝ってもらいましょう。



48 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:59 ID:8/jS5Af4
>>42
戦時中、戦意高揚にこれ努めていたのは朝日に限りませんけどね。
産経なんぞ、他の3紙と違って、何ら反省していないしな。
ちなみに朝日は声明「国民と共に立たん」を発表、毎日と同様に
首脳陣が総退陣をしている。
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/~maesaka/021226_contents/pdf_file/030515_shinnbunntosennsoui_chi.pdf

49 :朝まで名無しさん:03/11/24 14:59 ID:0o+lBMG6
最近のチョンどもは天皇を朝鮮系だと偽り母国のものにしようとしてるのか。

50 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:01 ID:JUgalvqL
ID変えて

 必  死  だ  な  (藁

51 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:05 ID:/1Cb0rOu
つーかいつまでも国民の血税の上に胡座かいた生活してないで
皇居から出て自分で就職活動して職について自分でローンで家買って
自分の力で生活していけばいいんでないの?

52 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:07 ID:JUgalvqL
>>48
当時、世界恐慌のシワ寄せを一身に受けていた資本主義後発国にとって、
ファシズムかボルシェビズムか、二者選択しかなかったろう。
今からだから何とでも言えるけど

53 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:23 ID:WgTCEU9+
天皇制を北の豚金化しようとしてるオマエがチョンだろw >>49

54 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:23 ID:WgTCEU9+
>>53 = 思考停止

55 :朝まで名無しさん :03/11/24 15:29 ID:YZiUNpHI
明治天皇>>>昭和天皇>フセイン=大正天皇>ビンラディン
>>>犬>>>虫>>>>>>>>金日成>金正日=金正男(ワラ

56 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:41 ID:WgTCEU9+
スレと関係ないけど小林信者って

 本当に 気 持 ち 悪 い ね

あんなデタラメだらけの本よんで、オウム信者みたいに
中途半端な知識だけで恥ずかしげもなくひけらかして

満州国の記述ひとつとっても「急速に近代化した」と
同じ章に「匪賊の跋扈する不毛の土地」とか書いてあったり
きわめつけは「特高警察は拷問死ということもあったが、
共産主義国では裁判もなく死刑である」??頭大丈夫??
「田中康夫はサヨク」っていって、あれだけ神戸の震災で
いろいろお世話になった人の悪口かいたとおもえば、「村山富市は何も
しなかった」って小林自身も神戸震災では何もしてないよね?
批判する資格あるの?
身体が不自由な奥さん家にのこして、ブオトコがよくする性遍歴
を自慢げに自分の本に載せたり、なんかイッちゃってるよね

こんな本にダマされるのって、遅れてきたオウム信者予備軍か
低学歴・無職だよね。一切社会の役に立ってない

・・・だからことさらに今の社会に不満をもって「戦後民主主義を破壊する」
とかって全共闘みたいなこといってるんでしょ?ようするに、
いまの社会が不満だから恐怖政治が好きなんでしょ?
「サヨクが怖い怖い」ってそのサヨク社会(言論統制・暴力至上主義)を
目指しているのって君らじゃん?(藁


57 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:42 ID:WP2f8qFG
明治天皇自身は凡人だったと思うよ。
明治の日本が発展したのは元勲達がしっかりしていたおかげ。
天皇の功績としては彼らに自由にやらせたということかな。
昭和天皇は軍部に自由にやらせて国を破滅させた暗君。

58 :ちく ◆rNB178h7r2 :03/11/24 16:03 ID:ND+FAhjb
【昭和天皇こそ史上最強の反日売国奴!】3
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1067609659/

も、まだ150レスほど残ってるんで。

>>38
ここ、かつては50スレくらい消費して廃止の存否を論議してたですよ。

59 :朝まで名無しさん:03/11/24 16:16 ID:lReP4IQx
昭和天皇って、沖縄をアメリカにくれてやって、それで戦争責任を勘弁してもらおう
って考えてた様な姑息な人間だよ。どこが名君なんでしょうか???(w

60 :朝まで名無しさん:03/11/24 17:00 ID:JUgalvqL
>>59
それって、日米安保が疎ましい中共や北朝鮮の工作員がしきりに吹聴してるけど
当時の日本を取り巻く厳しい情勢を見極めた英断だったことが最近明らかになってる。
当時、敗戦国の弱みにつけこんで日本領土への野心をむき出しにしていた周辺国から
日本の領土を守る為のね。
沖縄がまだアメリカ統治だった頃、台湾、中国は「劣閣諸島は沖縄諸島に属する」と
明確に表明していた。それが、日本に沖縄が返還されるやいなや、突然態度を豹変させ
劣閣諸島の領有を宣言、最近も頻繁に領海侵犯を繰り返し威嚇行動を取っている。
ちなみに、日本は周辺国(露、中、韓、台)全てと領土問題を抱えており
そのうちの数カ国は日本の敗戦期実力行使に出て占領したのは周知の通り。

61 :朝まで名無しさん:03/11/24 17:04 ID:8/jS5Af4
台湾には先住者が既におり、国民党が日本に代わって占領したに過ぎませんが?
中国が旧日本領のどこかを武力占領しましたか? 韓国は?
領土問題を抱えているのはロシアだけだったと思いますが。


62 :朝まで名無しさん:03/11/24 17:25 ID:JUgalvqL
>>61
もし60に対して、なら

>中国が旧日本領のどこかを武力占領しましたか?
「そのうちの数カ国は」と書いてますが?

>韓国は?
竹島問題知らない?
韓国は一方的に竹島を軍事占領し、現在も軍事要塞を築いている。
ちなみに韓国では九州を占領する架空戦記とか人気あるらしい。

63 :朝まで名無しさん:03/11/24 17:49 ID:yztTnxT+
>>60
>当時の日本を取り巻く厳しい情勢を見極めた英断だったことが最近明らかになってる。
何を勝手な都合のいい事後解釈をしてるのかね?(w
そんな高尚な日本の将来や周辺国の数十年後の態度変更なんぞを見越して
の沖縄割譲申し入れの訳ねーだろうが、アホか?お前は(w

例えば、話は変わるが、昭和天皇は敗戦確実な情勢となり近衛文麿あたりが
アメリカと講和すべしと度々上奏した際も、軍事情勢の把握も満足に出来ず
ヒトラーの晩年の如くに、「講和するにしても有る程度の戦果が必要・・・」と
やられっぱなしの状況で、自ら和平工作に乗り出す事を最後までためらっていた。
恐らく近衛の上奏を入れて、もう少し速めに和平調停を開始していれば、
広島・長崎の原爆投下は無論、ソ連の参戦による千島列島放棄も無かったろう。
その程度の先の見通し(これは敗戦末期だからたかだか数ヶ月先の話ね)も
立たない人間の身勝手な判断ミスは無視して、後付けで可能な限り、彼の
やってきた行為の都合のいい解釈をしたところで、お前の様な偏った人間以外
誰も信用などせんよ(w

64 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:09 ID:8/jS5Af4
>>62
“数カ国”ね。
韓国は竹島占有に当たって武力行使などしていない(外務省資料で確認済み)
実質は旧ソ連一国だけだったわけだw

65 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:17 ID:JUgalvqL
>>63
勝手な都合のいい事後解釈?
根拠は?
大体、終戦後天皇制反対を叫んでいた戦後民主主義知識人らはソ連、中国を
崇拝してたんだよ?中国はたまたま国共内戦、朝鮮戦争で忙しかったがソ連は
日本領土を次々に侵略、思想的イデオロギーで盲目になってたとはいえ
反天皇制=売国奴なのは明らか。
>自ら和平工作に乗り出す事を最後までためらっていた
戦時中でさえ事実上の立憲君主的立場だし、軍部から上がってくる報告が
いい加減なのは当時の「大本営発表」からも明らか。
ちなみに天皇制反対知識人らは、戦時中「軍国少年」だったと自ら認めており、
敗戦後都合が悪くなって天皇制に責任を擦りつけた自分のケツも拭けない連中。
つまり、天皇制に反対してるのは無責任な人間で、その辺を国民に見透かされた
のか、天皇制反対政党が先の選挙で大敗した(支持者も高齢化して)


66 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:19 ID:O8KR5WdW
皇太子のドヘタな英語聞いて、こいつは真性バカだと確信したね。

67 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:25 ID:8/jS5Af4
>>65
その“領土侵略”、アメリカに文句言えよ
当然、ヤルタ協定の内容を知っての事だろうな?

68 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:42 ID:RMQ6a0y2
>>65
根拠???根拠を云々すんなら、占領下で占領軍へ沖縄割譲を申し入れよう
と自らほざいた昭和天皇の真意が、お前のほざく深謀遠慮によるものだって
根拠をまずは示したらいかが???(w
ちなみに、俺は、そうした意志を天皇が自ら示した事実のみを語ってる。
お前の様な、その語った内容についての、個人の内面意識の身勝手な解釈などでは
ないから、一緒にすんなよ(w

>戦時中でさえ事実上の立憲君主的立場だし、軍部から上がってくる報告が
>いい加減なのは当時の「大本営発表」からも明らか。
あのねぇ、昭和天皇は軍の統帥権を有する最高司令官な訳だよ。
お前は気楽に、いい加減って書いてるが、自ら、いい加減な軍と当時の軍を
誹謗中傷する事が、そのまんま最高司令官たる昭和天皇をいい加減な男と
誹謗中傷してる事と同じだって事も気付かねーのか???(w

ちなみに軍の統帥権は、立憲君主とは無縁で天皇が有する独立のもんだからね(w
まさかその程度の“知識”は持ち合わせてんだろうな?(w


69 :朝まで名無しさん:03/11/24 18:47 ID:RMQ6a0y2
>ちなみに軍の統帥権は、立憲君主とは無縁で天皇が有する独立のもんだからね(w
この文章は間違ったな。揚げ足取られる前に修正しとこう。

軍の統帥権は、天皇が有する独立のものだからね。が正解。

70 :朝まで名無しさん:03/11/24 20:02 ID:ND+FAhjb
>>59-60>>63
母校の大学教授がそっち方面の研究者で、その人が文献をあさった所によると
「昭和天皇は『沖縄は50年くらい米軍に占領していてもらった方が良い」と言ってた」そうな。

この教授「幻の近衛案」とか面白い事書いてたぞ。
はっきり言って極左だが、極右的なことをレポートに書いても、それに筋が通っている限りは優をくれた
良い先生だった。


71 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/24 20:09 ID:ND+FAhjb
>>65
占守島、樺太の守備部隊の必死な戦闘、多くの民衆の犠牲の上に北海道侵攻は断念されたんだよね。

↓の総力戦関連の本は読んでおくと良いと思うわ。
ttp://i16.jp/books/ALPHAXE5F6E5F2B8FC.html

はっきり言って、この教授、いろんな運動に関わってるけど右も左も見た上で左に行ってる人だから俺とは
方向性は違うけど、信頼に足ると思う。

72 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/24 20:18 ID:ND+FAhjb
おっと、占守島関連は
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1103/main8.html
ttp://yokohama.cool.ne.jp/esearch/sensi1/sensi-taiso3.html

73 :朝まで名無しさん:03/11/24 20:25 ID:qLmWEEoC
>>63
 激しく同意。昭和天皇の頭の中は「国体護持」と「三種の神器」を守ることで一杯の小人物。
彼の自己弁護の悪書の「独白録」でも、全てを軍部と共産主義のせいにして、アメリカの歓心を
買って天皇制を残そうとしたことが図らずとも自白という形でよく分かる。
こんな下らん人物が、当時の難局で政治に強い影響力を持っていたのが日本にとっての最大の不幸であった。


74 :朝まで名無しさん:03/11/24 21:40 ID:XBHBh5O/
明治帝によって隆盛した日本帝国は3代目の馬鹿君主によって崩壊した。

75 :朝まで名無しさん:03/11/24 22:30 ID:ddK5sIGY
>>70
それは昭和天皇の「沖縄メッセージ」だ。
同種スレでしょっちゅう出てくる有名な文書。

76 :朝まで名無しさん:03/11/24 22:52 ID:2BdhBaz3
まぁバカ君主ってのは少し言い過ぎだと思う。歴代天皇が持っていた側室制度を
廃し、天皇家に一夫一婦制を導入したり、満州事変の際には、軍部からの朝鮮軍
の越境許可申請をはねつけて欧米や中国との融和姿勢を自ら示すなど、評価出来る面も
無きにしも有らず。ただし、敗戦後の責任の取り方で、そうした開明君主と言える
様な点も全て帳消しにしてしまったな。己の責任をきちんと取り退位して戦犯として
裁かれるか、テレビでもやってた通り、どっかのお寺で永久に出家でもしてれば
晩節(昭和天皇の場合、戦後ず〜っと死ぬまで晩節だわな(w))を汚さずに済んだのに。

やっぱり最高責任者だったんだから、自らの責任くらい明確にしなきゃ。
それをしなかったが為に、結局、後からいかに国民の事を思ってたかとか、平和主義者だった
とか、いろいろ“伝説”を作り上げたところで、後の祭り。

77 :えICBM:03/11/24 23:16 ID:jnqyk0jL
あんなとんでもないことに係わっていながらお家断絶にさせなかったんだから名君だろう。


78 :朝まで名無しさん:03/11/24 23:16 ID:kWbGUGUC
>>57
それまでの皇室のあり方の改革と、史上初めて「皇室と国民の触れ合い」を打ち出したのは明治天皇陛下自身
凡人にゃできんよ

79 :朝まで名無しさん:03/11/24 23:43 ID:WgTCEU9+
>>77 おれは皇統が断絶されても、千島と南樺太が温存されたほうがよかったな


80 :えICBM:03/11/24 23:51 ID:jnqyk0jL
>>79
天皇の価値観と平民の価値観は違うのだろう。


81 :朝まで名無しさん:03/11/25 00:17 ID:7qHTG4hu
まあ、つまるところ日本が味わった最悪の負け戦の総大将だもんな
誉めてどうする

82 :朝まで名無しさん:03/11/25 05:22 ID:4A8HU75O
>>79
南樺太はソ連に返還されてたろう。日露戦争での獲得領土だから。
でも、ソ連参戦が無ければ千島全島は日本領のままだったろうな。ヤルタ
協定が有ったとしても、それはソ連の参戦が前提な訳だから。ドイツと同時期
に降伏してればねぇ。

83 :朝まで名無しさん:03/11/25 09:27 ID:IfE6Zt4i
>>77
天皇の首がつながったのは、マッカーサーのお陰だろ。どこら辺が名君?

84 :朝まで名無しさん:03/11/25 09:36 ID:Jh5Rcoy1
>>80
なんだ価値観が違うのか。

そんなワケのわからん危険な存在こそむしろ廃絶すべきだな


85 :朝まで名無しさん:03/11/25 09:40 ID:Jh5Rcoy1
明治天皇は偉大だとおもう
大正天皇は普通だとおもう

 でも昭和のクソ天皇だけは最悪・最低・ゴミ野郎だとおもう

天皇だっていろんな種類がいるんだから
むしろこう考えるほうが自然だな
無条件に崇拝しろというのは、サヨク的思想強制
以外のなにものでもない

ましてや都合が悪くなると「価値観が違う」と
思考停止に陥るのはカルト


86 :朝まで名無しさん:03/11/25 10:06 ID:ll85smmq
ほっとけば本土決戦まで行ってたのを止めたのは英断つーか文字通りの聖断

87 :朝まで名無しさん:03/11/25 10:09 ID:Jh5Rcoy1
だったら原爆投下・ソ連参戦とめてからモノいえや(藁

「聖断」というより「自分の身に危険を感じたからしかたなく降伏」だろバカ

88 :朝まで名無しさん:03/11/25 11:06 ID:HZr9qwTF
http://ex.2ch.net/korea/#1
ハン板でこんな事言われてるぞ
天皇は処刑するべきだって


89 :朝まで名無しさん:03/11/25 11:18 ID:ll85smmq
はぁ?どんな権限で止めんだよ?
徹底抗戦派と和平派が御前会議で同数になってやっと裁決が下せたんだろ。
史実も知らんで思いつきで書き込むなや白痴君。
お前が言ってるのは「昭和帝はなんで専制しなかったんだ!」って言ってるのと一緒。
ファシストと同根だよ。日本にとって用はないから死んでくれて構わんぞ。

90 :朝まで名無しさん:03/11/25 11:33 ID:Lr7J9VdM
終戦の年の5月あたりには、上層部では降伏する事は決まってた。
で、実際に降伏するまでの3ヶ月は、「国体の護持」。つまり、天皇中心の
体制を維持する事を、連合軍に受け入れさせる交渉のために続けたわけサ。
その3ヶ月間に何人死んだんだろネ。
てな事を考えると、昭和天皇なんて名君じゃないと思うヨ。
昭和天皇個人に全てを負わせるのは可愛そうだけどね、優柔不断なとこ
あったと思うヨ。基本的に、戦時の人じゃなかったと思う。
そういう意味じゃ、イロイロ言われるけど、やっぱ、徳川慶喜が名君。


91 :朝まで名無しさん:03/11/25 12:11 ID:IfE6Zt4i
>>89
いまだに聖断とか言う与太話を信じているおバカさんっていなくならないネ。
決断が遅そすぎるんだ〜ヨ。都合のいい時だけ、立憲君主って、言ってんじゃ〜ね〜よ。

92 :朝まで名無し:03/11/25 12:16 ID:fWO0mmx+
>>1
日本国憲法0条:昭和天皇に戦争責任があると言った者は撃たれる。

93 :朝まで名無しさん:03/11/25 12:33 ID:rajiJXkD
昭和天皇は終始戦争に反対した平和主義者だった
とか
昭和天皇は軍部から戦況を知らされておらず「籠の鳥」だった
とか
昭和天皇は軍事指導には一切関与しなかった
とかなりの数の日本人は信じており、このプロパガンダというか、洗脳はかなり成功した部類に入ると思う。
多くの日本人がこのプロパガンダ、洗脳を信じ受け入れたのは昭和天皇には戦争責任はなかったと思いたい、または昭和天皇に戦争責任を負わせたくないという心理が働いたからではないかと思うのだがどうだろう?

94 :朝まで名無しさん:03/11/25 13:05 ID:Lr7J9VdM
実際、終戦をめぐる天皇周辺の言動に対しては、公的・私的文書が大量にある
はずなんだけど、公表されてないと思われるのがあるし、不都合なところ削除
してあると言われてる。「そんな文書はない」って言われればそれまでだし・・
 で、終戦はそれほど昔じゃないし、重大な事件なんだけど、史実なんて言い
つつ推定のところが非常に多い。一定の方向で物語を作ろうとしてて、
その物語に合致する物だけが資料として公表されてる。
ま、真実を追いかけて、責任を追求することをしないのが「和をもって尊しと
なす」と言う日本人の性格なんでしょ。いわゆる、無責任体系って奴。
今の企業犯罪でも多いよネ。誰が決めたか解らないから責任の取らせようがない。
決定権限がどこにあるか分からなくて、結局、皆で決めたと言う事になって、
誰も責任取らないって奴。戦争で言うと「一億総懺悔」。
ホントは、結果責任を取らせるべきだとは思うんだけどネ。
少なくとも、あなたの名前で失敗したんだから・・・って。


95 :朝まで名無し:03/11/25 15:26 ID:fWO0mmx+
>>94
欧米の研究者は天皇に対する先入観が少ないからマトモな研究ができるようだ。
ある研究者は満州事変など一連の事件は昭和天皇の領土拡張欲のせいで起きた
と結論づけている。これもまた極論ではあるが、たとえ日本でそういう結論に
達した研究者がいても公表は困難だし、それを評価する学者もいないだろう。

96 :朝まで名無しさん:03/11/25 15:27 ID:Rp/1ru/Q
責任ってどうやって取ればいんだよ。
退位か?処刑か?

謝罪か?



97 :朝まで名無しさん:03/11/25 15:37 ID:ts4sWWoX
>>96


       補償






98 :朝まで名無しさん:03/11/25 15:54 ID:S4jDRLIr
天皇制は支持するが、裕仁だけは許せんな。

99 :朝まで名無しさん:03/11/25 16:26 ID:Lr7J9VdM
>>96
日本史上、国民とって最大の不幸だった事は間違いないから、
少なくとも国民・関係諸国に対する謝罪談話を発表して、退位する。
ま、明治憲法下で、政教分離なんてうるさくないから、退位して
坊さんになるのが伝統的解決法かナ。
退位して坊さんになるというのは、終戦間際に実際に考えられていたし、
ひょっとすると、本人もそうなるもんだと思っており、また、それを望ん
でいたという気もするんだけど・・・こればっかりは分からん。


100 :えICBM:03/11/25 17:45 ID:zoMrNn6n
>>83
>天皇の首がつながったのは、マッカーサーのお陰だろ。どこら辺が名君?

マッカーサーのおかげにしたあたり。


101 :朝まで名無しさん:03/11/25 17:48 ID:5npPObiS
昭和天皇は名クンニ

102 :朝まで名無しさん:03/11/25 17:59 ID:bQm6gJAL
>>99
同意だな
天皇の名の元に死んだ人間の事考えたら、自決するのが当たり前だったと思うけどね
後継ぎはいたわけだし
ま、退位すべきだったと思うよ

103 :朝まで名無しさん:03/11/25 18:18 ID:Rp/1ru/Q
自決か・・・・
そんな事されてもなァ。当時の日本人の精神的支柱がいきなり自害したらパニックになりそうなもんだけど・・・

それはともかく、俺は退位するよりやっぱり巡幸してくれて良かったと思うけどな。
敗戦で打ちひしがれてる日本人にとって慰めになったんじゃないかと想像する。つーかそういう回顧録があった気がする。

ってか国民はともかく諸外国に天皇が謝罪なんかしたら全面的に日本に非があるってことにならないか?
それも関係諸国って・・・連合にも頭下げるんかYO!

敗戦責任はともかく簡単に頭を下げて謝罪するのには納得できん。
頭を下げるのはサヨ政治家で十分だっつーの。



104 :朝まで名無しさん:03/11/25 18:20 ID:xDXA3h0a
退位するなら、サンフランシスコでだね。
敗戦直後じゃ、米国に引き摺り下ろされる感を否めないから、
米兵に銃弾の二発や三発は飛んだろう。

まあ、俺の考えでは退位しても良かった。
しなくても良かった。
どっちでも良かった(笑

105 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/25 18:27 ID:ILddqWx3
過去に自害した天皇って安徳帝くらいか?

106 :朝まで名無しさん:03/11/25 18:40 ID:vA/ng44w
>>105
弘文天皇
壬申の乱で。

107 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/25 18:44 ID:ILddqWx3
>>106
ほうほう。自害じゃなきゃ、孝明&真の明治帝っちゅうのも毒殺・・・っちゅう説もあるが、他殺になると
キリが無いか。

108 :朝まで名無しさん:03/11/25 19:31 ID:KAqlk2kn
俺は、馬鹿な軍と天皇の責任で戦争が起こり負けたくせに、東京の一等地の皇居なんかに
住み税金でのうのうと暮らしている天皇家は潰せと大学生になるまで真剣に考え
てたよ。

でもね、昭和天皇が崩御の号外が駅前で配られた時、それをもらい電車の中
で読んでいたら、なぜか涙が溢れてきて止まらなくなった・・・
こんな経験今までになかった。 
その後、凄く悲しくなってた、よく見ると目頭を押さえている年寄りが沢山いた・・
変な話だが、自分が日本人である事を自覚させられたよ。

それから、昭和史について勉強しはじめ、日本を貶める嘘が沢山ある事に気が付いたよ。
その点では、目を覚ましてくれた人だったね。

歴代天皇の中で心を込めて、天皇陛下と呼べるただ一人の人だよ、ありがとう。












109 :朝まで名無しさん:03/11/25 19:32 ID:KAqlk2kn
226事件の将校について、「忠心から出たものなのでせめて名誉の自決のための勅旨の派遣を」と促す武官長に対し、
昭和天皇はこう言われた。
「自殺するなら勝手になすべく、かくのごときものに勅使などもってのほかなり」
武官長がさらに彼らを弁護すると、
「それはただ、私利私欲のためにせんとするものに非ず、と言い得るのみ」
とお答えになった。
あの時代、私利私欲でないことが、必ずしも善ではないことを喝破された昭和天皇は、名君という以上に超日本人というべきだ。

110 :えICBM:03/11/25 19:36 ID:zoMrNn6n
クーデターに成功してたら態度はかなり違っただろう。

111 :朝まで名無しさん:03/11/25 19:36 ID:KAqlk2kn
>>110
妄想ですか?

112 :朝まで名無しさん:03/11/25 19:37 ID:KAqlk2kn
世界史板かどっかでみたんだけれど、「皇帝株」の流れについて。

 ローマ皇帝株:西ローマ帝国→神聖ローマ帝国(1806消滅)
        東ローマ帝国(ビザンツ帝国)
        →ロシア帝国(1917ロシア革命で消滅)
  中華皇帝株:秦→・・・・・・・・・・→清(1911辛亥革命で消滅)
モンゴル皇帝株:モンゴル帝国→元→ムガル帝国 
        →大英帝国(1947インド独立で消滅)
    天皇株:大和朝廷→・・・・・・・・・→日本国
 エチオピア株:シヴァの王国→・・・・→エチオピア帝国(1974革命で消滅)

異論もあるでしょうが、こういったところです。
ただ、エチオピアは王朝交代はありましたし、
王国だった時期も随分あったのでよくわかりません。
イランのシャーや、
フランス帝国、オーストリア帝国あたりの新興帝国もよくわかりません。
(中央アフリカ帝国は・・・?)
また、中華との冊封体制より独立、という意味の「帝国」(大韓帝国)
もどうあつかうべきかわかりません。

113 :コピペ:03/11/25 19:38 ID:KAqlk2kn
世界史板で「皇帝とは、親方株とかの「株」のようなもの」という喩えをしてたのは
漏れでつよ。
前擦れで「皇帝論」が再燃した時、漏れもカキコしてたのだが、なぜかスルーされてしまった…

株でたとえたのは軍事的な征服者だけでは皇帝になれず、それぞれの文化圏の中で
伝統的に定まっている段取り・手続きをふまないと皇帝とは認められない、ということと
「皇帝というのはひとつの文化ごとに固有のものでお互いに本質の異なるもの」
なのだが、その異質な複数の皇帝、もしくは異民族の文化に属する皇帝と王を
かけもちできるという説明のため。だいたい主だった株は中華皇帝、ローマ皇帝、
モンゴルの大ハーン、イスラムのスルタンの4つ。他にも細かいのはいろいろ。

ロシアは東ローマ株とキプチャクハーン位の株ふたつ。
清は大ハーンと中華皇帝、天輪聖王の三つかけもち。
天皇はヤマトのスメラミコトと中華皇帝のかけもち。
オスマントルコの三重冠というのは支配した文化圏の広さを誇示したもので
三つの皇帝株というのとはちょっとちがう。

114 :えICBM:03/11/25 19:38 ID:zoMrNn6n
>>111
クーデター成功してても厳しくあたると思うか?


115 :コピペ:03/11/25 19:40 ID:KAqlk2kn
ムガルは、必ずしもモンゴルに由来することを強調しない政策をとってきたので
曖昧にみえるんだろうか、「モンゴルのハーンとは関係ないはずだ」という反論に
でくわしたことがある。漏れの記憶が間違ってる可能性もあるが、正しくはハーンのはず
だったがなぁー。デリースルタン朝はムガルとは関係なくて、それよりずっと後に
チムール(チャガタイ汗の株主)の子孫が北インドを征服したのがムガル。
英国はハーン位を買い取った。
本来はハーンは男系の実系でしか継承できなかったが実は結構いい加減。
血のつながりのない場合はハーンを現地語に置き換えて誤魔化したりして。

エチオピアやイランは自称は皇帝だけど、(王家でなく国の)歴史の古さから格別に認められる。
世界から「皇帝」扱いされたり「王」扱いされたりで確定しなかったように見えるが
今思えば「王」扱いはある種、差別の現れだったと考えられる。
シャーというのは直訳すれば王だけど、ペルシアの文化は特別の敬意を払われている。
エチオピア皇帝はラスタファリアンには「神」として信仰されてる。

西ローマ株は、神聖ローマ→フランス(ナポレオン)→ドイツ帝国が本流。
オーストリア帝国は特例。株の子分けみたいなもの。
中央アフリカ帝国はぱっちもん、ナポレオンの真似。でも一応、西ローマ株の系統というしかないだろうな。

大韓帝国も中華皇帝のひとつ。中華の地を支配する皇帝の意味じゃなくて
中華式の皇帝のことね。高麗も渤海も契丹も女真も中華文明をとり入れてから
皇帝を称したことがある。
日本の天皇も中華皇帝の一種という側面をもつ。むろん本質はヤマトのスメラミコトだが。
契丹や女真の皇帝も中華皇帝の側面をもつが本質は大ハーンのようなもの。


116 :コピペ:03/11/25 19:40 ID:KAqlk2kn
高松宮殿下..........................海軍大佐 軍令部部員
三笠宮殿下..........................陸軍少佐 航空総軍教育参謀
閑院宮殿下..........................陸軍少将 第4戦車師団長心得
賀陽宮恒憲王殿下..........陸軍中将 陸大校長
賀陽宮邦寿王殿下..........陸軍大尉 東京幼年学校 第2学年生徒監
久邇宮殿下..........................海軍中将 第20連合(霞ヶ浦)航空隊司令
梨本宮殿下..........................陸軍大将 (元帥)伊勢神宮祭主
朝香宮殿下..........................陸軍大将 軍事参議官
東久邇宮稔彦王殿下.....陸軍大将 軍事参議官
東久邇宮盛厚王殿下.....陸軍少佐 第36軍情報参謀
竹田宮殿下..........................陸軍中佐 第1総軍防衛主任参謀
李王垠殿下..........................陸軍中将 軍事参議官
李鍵公殿下..........................陸軍中佐 陸大教官兼研究部主事

終戦時、宮様の軍におけるお立場だそうです。
ソースなし。

117 :朝まで名無しさん:03/11/25 19:45 ID:C48zW/JI
>>108
昭和という大変な時代を、尊敬も悪意も憎しみも
一緒くたにあの細い一身に引き受けていたのは事実だからね。
おれも崩御の知らせを聞いたとき涙が出てきた。
何故かは分からなかったが。
気恥ずかしさを振り切って皇居に記帳に行ったよ。

118 :朝まで名無しさん:03/11/25 20:47 ID:Jh5Rcoy1

「アイゴーアイゴー」って泣いたわけだ(藁


119 :朝まで名無しさん:03/11/25 20:51 ID:Jh5Rcoy1
>>116 まるでどこかのおとぎの国のやうな・・・・w

金聖愛(キム ソンエ) :女性同盟委員長
金平日(キム ピョンイル):駐ポーランド大使(1999- )、駐フィンランド大使、駐ブルガリア大使など
金英柱(キム ヨンジュ) :最高人民会議常任委名誉副委員長、党政治局員、元・副主席
金容淳(キム ヨンスン) :故人(1934-2003)、朝鮮労働党中央委書記(対南担当)、労働党国際部長など
金英春(キム ヨンチュン) :人民軍総参謀長、人民軍次帥、国防委員会委員
金永南(キム ヨンナム) :最高人民会議常任委員長、党政治局委員



120 :朝まで名無しさん:03/11/25 21:09 ID:dC1vUEKt
昭和天皇=じょんいる



121 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:25 ID:IfE6Zt4i

自ら考え、自ら主張し、行動し、結果責任を取らなかったのが昭和天皇でした。

122 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:27 ID:vGSfxx18
陛下のお言葉で、いちばん印象に残る言葉。

「国際信義上どうかと思うが、まあよろしい」

123 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:30 ID:mxM25NCG
天皇は利用されるために存在する。

124 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:34 ID:xUiLaOPB
今、「昭和天皇と戦争」を読んでいるので、読み終えた後に考えたい。

125 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:35 ID:o32wT1Ex
>>108
>>117
貴方たちは、天皇死んだ時に涙出たって書いておられますが、
一体、お幾つになられるでしょうか。
 本当だとすると、昭和天皇の死後15年ですから、30後半から40代以降。
この年代の方が2chなどに書き込みをされていると言う事にチョット驚き
を感じざるを得ません。
 ひょっとしてネタでしょうか。


126 :朝まで名無しさん:03/11/25 22:51 ID:U/MttDRN
>>125
スマン、俺、>>108でも>>117でもないが37だ。w

で、泣きはしなかったが、ひとつの時代が終わったって感慨はあったなあ。
今でも昭和64年1月7日の夕刊と平成元年1月8日の朝刊はとってあるよ。w

考えてみれば今25歳ぐらいぐらいの人も昭和天皇が生きていた頃といえば小学生、それ以下の人たちはほとんど記憶にないかもね。
天皇陛下といえば今上陛下なんだろうね。
俺はそうね、ここ10年ぐらいかな。
今上陛下を天皇って思えるようになったのは。
しばらくは天皇と言えば昭和天皇、今上陛下はどうしても皇太子って感じだったよ。

まあ、関係ないからsageておきます。


127 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:00 ID:JaBQTKoX
俺も反天皇制勢力に騙されてたのかな・・・
非君主制の大国は核ミサイルを配備する武器輸出大国
一方、北欧の立憲君主国(スウェーデン、ノルウェー等)など、オスロ合意など
平和外交を国是とし高福祉社会を実現し政治潔癖度や女性進出度も米、仏は
足元にも及ばない。
天皇制反対漫画描いてた漫画家が(立憲君主制の)オーストラリアを
「もっとも平等な国」と賛美してるのは驚いたものだったが・・・

今なお韓国や中国から日本への不法入国者が絶えないってことは、天皇制の方が
優れてると実証されてると言えなくもない


128 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:28 ID:S4jDRLIr
まぁ2000年近くも続く古い家系を無くせとは言わんが、都心の一等地を無駄に
占拠するのはやめてほしいな。
大好きな軽井沢にでも引っ越してくれないかな。

129 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:38 ID:7Ub8QV3u
>>122
陛下のお言葉で、いちばん印象に残る言葉。

「あ、そう」



130 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:38 ID:7Ub8QV3u

満州事変を起こした、関東軍に対し、「朕深く其の忠烈を嘉す」と、
勅語を与え、たたえ励げました、笑話天皇。



131 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:39 ID:7Ub8QV3u
「アメリカの戦意を喪失させねばならぬ」と、威勢の良かった、笑話天皇。

「皇族内閣を出したら、敗戦になったら国体に傷がつく」と、反対し、東条に組閣を命じた、笑話天皇。

「近衛の不拡大方針に反対し、盛んに兵力の増強を督促」した、笑話天皇。

「時局収拾にローマ法王を考えてみては如何」と、開戦早々、
終戦計画を立てている、笑話天皇。

「敵が伊勢湾付近に上陸したら、神器の移動の余裕がない」と、うろたえる、笑話天皇。

「沖縄はアメリカの長期の軍事占領が望ましい」と、マッカーサーにおねだりする、笑話天皇。
その他、色々、迷言、珍言をのたまった。  貴殿は稀に見る、迷君でした。



132 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:40 ID:7Ub8QV3u
「要するに戦争について御責任はあり。
 即ち一国の統治者として、国家の戦争につきロボット
 にあらざる限り御責任あることは明なり。」
        (木下道雄「側近日誌」)


133 :朝まで名無しさん:03/11/25 23:40 ID:7Ub8QV3u
「天皇が私に内閣をつくれと言った。」
「殊に統帥権の問題は、政府には全然発言権なく、政府と統帥部との
 両方を抑え得るものは、陛下ただ御一人である。」
「国務と統帥はすべて、上御一人のご発動により生じます。」(東条英機)


134 :朝まで名無しさん:03/11/26 00:12 ID:JjtKuClm
臣下からも慕われてたんだね(w


135 :朝まで名無しさん:03/11/26 00:15 ID:r7ePtRmF
>>128
皇居は今の場所である方が国民の幸せ
広大な超一等地の放出がデフレ不況を深刻化させ、金融機関の不良債権(不動産価値下落)
増大とそれに伴う金融システムの麻痺が、庶民の暮らしを直撃する。

136 :朝まで名無しさん:03/11/26 00:25 ID:ylS7fTQI
>>103
>「当時の日本人の精神的支柱がいきなり自害したらパニックになりそう」
 これは個人的推測だが、パニックにはならんと思う。戦に負けたら最高責任者
が自害すると言うのが日本の伝統。庶民レベルでは天皇は自害すると考える空気
がどこかにあったのではないかと、個人的には思っている。
せいぜい、殉死する軍人が出るくらいだろうと思う。
>「敗戦で打ちひしがれてる日本人にとって慰めになったんじゃないかと想像す
る。つーかそういう回顧録があった気がする」
実際、そういう人がいた事は事実だろうとは思う。しかし「敗戦で打ちひしが
れてる日本人の慰め」などというのは、かなり意図的に作られた天皇美談物語の
一種だと思われる。また、本当に日本人が敗戦で打ちひしがれたか。
庶民レベルでは、将来に対する不安を感じていたものの、戦争が終わったと言う
事に喜びを感じていたのではないかと思う。終戦直後を描写した日記・小説・
回顧録等を読むと、この旨の記述は多い。
>国民はともかく諸外国に天皇が謝罪なんかしたら全面的に日本に非がある
>敗戦責任はともかく簡単に頭を下げて謝罪するのには納得できん。
敗戦直後、占領政策が未だ定まらず、天皇制度や天皇個人の命の存続の保証もな
く、日本自体が分割される議論があった段階で、天皇が戦争について諸外国に談
話を発表するとしたならば、あの戦争に日本が全面的に非があるわけではない等
という主張が可能であったとはとても思えない。すなわち、終戦直後に天皇が諸
外国に何か言うとしたら、「過去に不幸な歴史があった」「多大なるご迷惑をおか
けした」レベルの謝罪の言葉ではすまなかったと思われる。


137 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:00 ID:r7ePtRmF
最近、吉本隆明が天皇制論で昭和天皇を評価してたような(立ち読みのうろおぼえ)
>>89に同意
この板で偉そうに昭和天皇を攻撃してる香具師は、歴史戦記マニアが「俺ならこうして
勝てた」と豪語してるのと同レベル(もっとも戦時中に批判してたなら言う資格ありw)
すでにガイシュツだけど天皇制反対知識人らは戦時中は熱心な軍国少年で本土決戦とか
言ってたし、朝日新聞もそうだけど大衆レベルで戦争に高揚し資本主義後発国日本は
海外進出で活路を見出そうとしてたのは、昭和天皇ではなく国民の総意と言っていい。


138 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:21 ID:r7ePtRmF
このスレ、どうしても昭和天皇に責任を擦り付けたいヤシが多いみたい
だけど、実質「立憲君主」だったっていうのは定説みたい
 *参考
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak1/1206222.htm

139 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:32 ID:e80l/DSN
>>125
年代別板に行かずとも50代以上板やらはあるし、株板は30〜40代が中心・・・

厨房だけが2ちゃんじゃないのさ。

140 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:37 ID:e80l/DSN
>>131
その中の
「時局収拾にローマ法王を考えてみては如何」と、開戦早々、
終戦計画を立てている、笑話天皇。

は、むしろ褒めて然るべき。
最終的にソ連を選んだのはちょっと・・・だけど

>>135
今、都心のビルがたちまくって大問題なんだってね・・・

>>136
完全に終戦が決まってある程度納まった頃に自害、が本当に自害するなら良いタイミングだったかな。
そうでないと日本もろともに滅んでそうだし。

141 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:41 ID:ylS7fTQI
>>137
自由主義史観なんぞという連中は、今の価値観で歴史を見てはいかん等と主張
しておるが、歴史なんぞと言うのは、現代から過去を見るもの。なぜあの
時あんな事になったのか、現在の状態がなぜあるのかを考えるもの。
失敗から学ぶのが目的であり、でないと歴史なんぞ勉強する意味がない。
ま、彼らは歴史より民族の物語を作りたいと考えているのであろうが・・。
 貴方がおっしゃる、あの戦争が「昭和天皇ではなく国民の総意」であったとい
うのは、ある程度はそうである。ただ、なぜ「国民の総意」となったかを考える
べきであり、そうした総意が形成される中で天皇が直接・間接に果たした役割は
極めて大きい。よって、戦争を語る際には天皇を問題とせざるを得ない。
 追記。「天皇制反対知識人らは戦時中は熱心な軍国少年で本土決戦とか言ってた」
これは今も同様である。いわゆる右翼の論客と言う連中の経歴を見れば、かっての
全共闘活動家だったり、戦前・戦後の共産党党員やシンパだったという連中が
多い。貴方のあげた吉本隆明は右翼的かどうかは別として著名な全共闘活動家
であった。ご存知だろうとは思うが・・・。


142 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:43 ID:LVEXRvXE
ロマンチストが多いよな。


143 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:50 ID:SHP3hiYf
東条はよいやつだったとは言えないが、愚帝の身代りに処刑されたも同然だろう。

幕末に将軍が閉居したり江戸城を無血開城した際の徳川家程の治世者としての
道徳も持たなかったのが愚帝。 幕府は江戸が江戸城総攻撃で火の海になれば
江戸の民が困窮するので、そうならないように城を無抵抗で明け渡した。
ところが昭和の日本軍の最高司令官は自分の家系図と三種の玩具が何より
大事で、大都市の人民が何十万人死のうが関係無かった。
ソ連が戦争に加わってくれば、敗けたときに苛められるのが
厭だったのでソ連が交戦国という形にならないように調停役として
引き留めて見せかけの和平交渉を依頼し時間を稼ごうとしたがそれは果たせず、
裏の交渉で家系図の保証が得られたので、やっと降伏した。
幕府の侍と違って、人民が何人死のうがそれに比べれば
家系図の絶えないこと、自分の身が後世に継がれるべき
貴い存在であるのでした。

#
家系図に極度に拘るところが、如何にも朝鮮人の末裔ですね。

144 :朝まで名無しさん:03/11/26 01:50 ID:vKp8jKUm
やるんなら勝ったらんかい! ボケナス!

145 :朝まで名無しさん:03/11/26 02:02 ID:klVoy0JA
>>138
その記事を参考にして「定説」っていったってなあ・・(笑

だいたい、立憲君主ったって、いろいろあらあな。

帝国憲法における天皇は、大権を持ち、政治的判断に関与することになってる
立憲君主。
議会が主権を握った「君臨すれども統治せず」のイギリス型とは違います。

146 :朝まで名無しさん:03/11/26 02:11 ID:XdLsmoj5
>>145
明治憲法の下では、宮中府中の別、の拘束が大きかった。
いくら強力な天皇大権を持っているからといえ、それを現実に行使することはできない。

だから天皇による「統帥」、あるいは諸機関の「輔弼」「協賛」といえども、
実質的な政治権力は軍部・内閣・議会などが個別に握っていたんだよ。

147 :朝まで名無しさん:03/11/26 02:17 ID:klVoy0JA
>>146
個別に握ってどうする?

補弼機関、議会、天皇の力関係がサッパリ分からないのが、帝国憲法の最大の
欠陥だろ?(w

148 :朝まで名無しさん:03/11/26 02:26 ID:XdLsmoj5
>>146
おっしゃる通り、システムの欠陥ですよ。

149 :148:03/11/26 02:26 ID:XdLsmoj5
>>147
でした。

150 :朝まで名無しさん:03/11/26 09:12 ID:iQQebvnq
陛下のお言葉で、いちばん印象に残る言葉。
戦後30年たって、「日米戦争についてどの様に米国人に話すか」との質問に対する回答。

   「現在この問題については検討中です。」  いつまで、検討するんだヨ〜。

151 :150:03/11/26 09:42 ID:iQQebvnq
>>138
天皇はなぜ開戦を認めたか?(天皇自身の弁明による)
理由1.「立憲君主だから政府、統帥部の決めた事は認めた。」
理由2.「クーデターを恐れて戦争をやめると言わなかった。」

1が本当なら、2は嘘になり、2が本当なら1は嘘になる。


152 :朝まで名無しさん:03/11/26 09:45 ID:jrnPVKe/

正直、開戦より終戦のほうがクーデターの可能性は高いとおもうんだが

それでも「御聖断」したっていうと、無謀な冒険主義者???

153 :朝まで名無しさん:03/11/26 10:07 ID:MGasMuog
昭和天皇アッツ島玉砕の奏上後の答え。以下杉山参謀総長と瀬島隆三の会話
「閣下・・本日の奏上はいかがでありましたか」と重ねてお伺いしました
そうしたら、杉山元帥はようやくこちらのほうに顔を向けられて、「瀬島、
役所に帰ったら、直にアッツ島の部隊長に電報を打て」と、いきなりそういわれた。
それを聞いて、アッツ島部隊は、無線機を壊して突撃してしまったということが
すぐ頭に浮かんで、「閣下、電報を打ちましても残念ながらもう通じません」
とお答えした。
そうしたら元帥は「確かにその通りだ」と、うなずかれ、「しかし陛下は
自分に対して、『アッツ島部隊は、最後まで良く戦った。そういう電報を、
杉山、打て、』とおっしゃった。だから、瀬島、電報を打て」と言われた。
 その瞬間、ほんとになあ、涙があふれて・・・。母親は事切れた後でも
自分の子供の名前を呼び続けるわな。陛下はそういうお気持ちなんだなあと、
そう思ったら、もう涙が出て涙が出てね、手帳どころじゃなかったですよ。

       瀬島隆三  日本の証言より

154 :朝まで名無しさん:03/11/26 12:05 ID:fgrr78+Q
>>136
>パニックにはならんと思う。

そうか?俺もパニックになると思うぞ。少なくとも「天皇の敗戦宣言」を受けて敗戦を受け入れた国民や軍人はいきなり支えみたいなのを失ったら、精神的ショックは受けるのと違う?

>将来に対する不安を感じていたものの、戦争が終わったと言う事に喜びを感じていたのではないかと思う。

少年Hもそんな事言ってたな(藁
でも、逆に「今度戦ったら絶対アメリカに勝つ」と思っていた人もいるし、それは個人によって違う。

>あの戦争に日本が全面的に非があるわけではない等という主張が可能であったとはとても思えない。

そうだよ。可能ではない。だから謝罪すべきではない。単純なことだろ?


つーか、連合に対してどんな罪があるんだよ。
捕虜虐待などの罪はあろうが、それは連合も同じ事。全面的に連合対して非はないよ。
だから下げる頭なんてない。敗戦の責任はまぁ不当な裁判とその後の条約で解決。これ以上どうしても謝罪したいなら天皇に任せるのではなく自分でやれ。
俺は止めん。


155 :朝まで名無しさん:03/11/26 12:39 ID:XjELOOzw
天皇に責任も糞もあるかよ。
戦争は当時国民の大多数は大喜びでやったの。
真珠湾攻撃のときなんてみんなそりゅあ大喜び。
戦争に負けたから、天皇は責任をとらないのかなんて
責任転嫁をするにもほどがアル。汚いな


156 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/26 12:43 ID:toThGruR
終戦時に実質的に全国民の前に天皇御出馬ということで、直接終戦を語りかけ、その後、
マッカーサーと会談を行うことで、【天皇からアメリカへ】【天皇家から国民へ】の「第二の国譲り」
ともいうべきものが完結したのかもしれない。

沖縄は病状で叶わなかったが全国を行脚する事で各地を鎮めて回る、文字通りの古代の意味での「神輿」
の役割を元の現人神として果たしたのだろう。

注)祭に置ける神輿引きまわしは元々は地域神が受け持ちの地域をを経巡る事で土地や人民を祝福し
厄を除去する役割を果たしていた。


そういう意味では、国民に害を与えた立憲君主とはいえ元大元帥は戦後、神輿として全国・世界を経巡る
定めを負わされたのは、ある種、宿命だったかもしれん。

157 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/26 12:59 ID:toThGruR
しかしまぁ、猛烈なアンチだったが、その対象が叩かれたりガタガタニなったり、崩御薨去死亡すると
悲しくなったり擁護したくなるって言うのが俺は良く分かるな・・・

皇家に対しては可も無く不可も無くなんだが、俺、猛烈なアンチダイエー&アンチアビスパなんだよ。

でもアビスパはまだ、叩きに叩いて叱るべきだと思うが、ダイエー・・・・野球も知らない馬鹿な「将軍様」に
私物化されてかわいそうだ・・・あれじゃあんまりだ・・・・・


158 :朝まで名無しさん:03/11/26 13:19 ID:klVoy0JA
>>155
戦前は、天皇主権にしても国家主権にしても、民意により「戦争」が行われることはない。
これらは補弼機関・天皇の判断に拠り行われる。


159 :朝まで名無しさん:03/11/26 13:34 ID:IgHLXDSR
敗戦後の長い月日の昭和天皇全国御巡幸の際、
国内外問わず、テロリストに襲われる事はなかったのかな?
それとも護衛が強固だったのかな?
その辺が知りたいです。

160 :朝まで名無しさん:03/11/26 13:41 ID:klVoy0JA
>>159
司馬遼太郎あたりの文章に拠ると、巡幸当時、警備は、それ程厳重ではなかった模様。
後に、60〜70年代位に、左翼過激派の襲撃を警戒して強化された”らしい”



161 :朝まで名無しさん:03/11/26 13:59 ID:jrnPVKe/

>天皇に責任も糞もあるかよ。
>戦争は当時国民の大多数は大喜びでやったの。


 ソースは?「そう思った」じゃ証拠にならないよ
 あと、予めいっとくと新聞記事とかは
 「マスコミは疑え」の原則で証拠能力無しね


162 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:25 ID:fgrr78+Q
>>161
(,゜Д゜)ハア? 
今時サヨ学者ですらある程度それは認めてんだけど・・・・
誰だっけ?吉見だか誰かが「戦時中は異様に明るかった」って証言してる。
ほかにも開戦の一報や真珠湾攻撃で日の丸、提灯に万歳三唱。


君、もしかして少年Hとかを信じちゃってる人?

163 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:27 ID:XjELOOzw
>>161
ほう、じゃあ、逆に国民がいやいやながら参加したソースをあげろよ
それから偉そうな口叩くなよ、貴様。
どこにすんでんだ?いまから相手してやろうか?顔面割られてから
ひぃひぃ泣くなよ

164 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:29 ID:XjELOOzw
>158
国民がみな反対してるのに天皇の判断で戦争ができるわけないだろおば加算

165 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:29 ID:urYWzNSv
>>163はDQNだね

166 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:31 ID:XjELOOzw
>>165
あんたに言われたくはないがな

167 :マイケルは無罪 ◆BECNuN5ZJM :03/11/26 14:38 ID:fGvzsy8B
>>162 斎藤美奈子が戦時中は究極の女性解放の時期って言ってたな。

ちなみに、個人的には天皇が戦争反対唱えたら、軍部に消されてたと
思うな。


168 :朝まで名無しさん:03/11/26 14:39 ID:klVoy0JA
>>164
法的根拠は? 国民の代表たる議会は、どうやって戦争を止めさせるのかな?

そういう事を言う以上は、国民は大多数は戦争を続けるつもりだったが、天皇の
お陰で停戦することができた なんて主張は口が裂けても言うなよ(笑

なんか頭の悪そうな書き込みが増えたな・・
+からの難民?


169 :朝まで名無しさん:03/11/26 15:19 ID:puf+x8ij
なんか頭の悪そうな書き込みが増えたな・・同意。
今時、批判のために「少年H」などという本を挙げるだけで、お頭の程度が
知れる。

上でも書いたが、戦争は「昭和天皇ではなく国民の総意」であったというのは、
ある程度はそうであり、ただ、なぜ「国民の総意」となったかを考えるべきで
あり、そうした総意が形成される中で天皇が直接・間接に果たした役割は極め
て大きいから、戦争を語る際には天皇制および天皇個人のパーソナリティが
問題となるのである。


170 :朝まで名無しさん:03/11/26 16:26 ID:WBUSNxaV
それよりも、歴代天皇で名君だった人を挙げて欲しい。
明治天皇だって個人的には何もしてないと思う。元勲達がしっかりしていたわけで。

171 :朝まで名無しさん:03/11/26 17:34 ID:6xQMkau7
1989年1月16日付けのTime誌にはライシャワー教授の寄稿があるが、
それは最後を
He may prove to have been not just the longest reigning monarch
Japan has ever had but also possibly the greatest.
という文で結んでいる。
控えめな表現ながら、ライシャワー教授自身は昭和天皇を史上もっとも偉大な
天皇であると考えていたようだ。

172 :朝まで名無しさん:03/11/26 19:03 ID:WBUSNxaV
>>171
アメリカ人にしてみれば日本を属国化できたんだから
偉大な天皇だとも言える罠

173 :朝まで名無しさん:03/11/26 20:58 ID:r7ePtRmF
このスレで昭和天皇に異常な憎悪を燃やしてるのはどう見ても在日朝鮮人だろ

死んだ前支配者の墓を暴いたり死者に鞭を打つ慣習は、伝統的な日本人の宗教観とは
あきらかに正反対だよ

どう思う?

174 :朝まで名無しさん :03/11/26 21:16 ID:c64tWBvk
>>170
名君の定義が異なるようだ。あなの言いたいのは、支那の康熙帝や、オストリーの
マリアテレジアやプロイセンのフリードリヒ大王のように政治に
外交に軍事に切り回して、凄腕を発揮しているのが名君だと思っているようだが、
名君とは、広い視野をもち、見識優れ、質素倹約につとめ、自己抑制が働き、人民の平和を
願い、国民の範たるに相応しい人間をさす。
政治は政治のプロに任せればよろしい。超越した視点で見下ろして
いるだけで存在感があるというのも名君と呼べるのだよ。

明治天皇、昭和天皇、今上天皇は日本が排出した世界に誇れる名君で
あると心得よう。
昭和天皇は歴代天皇随一の名君であり、20世紀においては
世界でもっとも偉大な王であったと思うよ。

岩見隆夫著「陛下のご質問」を見るべし。

175 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:18 ID:cpGpM6/E
>>173
在日レベルの馬鹿が暴れてるってのは同意だが
死者に鞭打つのと、その業績や歴史的存在を評価するのは別問題じゃ?

176 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:21 ID:7X1xBKjG
氏より育ち、って言葉知ってる? このスレで天皇をあげつらって悪口
書いてる香具師はみ〜んな育ちの悪いカス。 イギリス王朝の離婚続出
を見てると、この言葉の偉大さが良くわかる。 日本皇室は世界第一等の
存在であ〜る。

177 :えICBM:03/11/26 21:27 ID:TD2KqPlq
軍部が牛耳れば軍部に媚び、アメリカが牛耳ればアメリカに媚び、国民主権になれば国民に媚び。
さすが124代目、生き残りにかけては世界一だろう。
恐らくソビエトに占領されても生き残ったろう。
天皇家最大の危機を回避した名君と言えるだろう。


178 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:34 ID:WBUSNxaV
昭和天皇は存在感はあったかもしれないが、戦争で国民を苦しめた責任は
免れないのでは?
戦後の復興は別に昭和天皇がいなくてもできたことだろうし。

179 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:40 ID:cpGpM6/E
開戦は天皇がいなくてもできたが、終戦はどうだ?
玉音放送がなけりゃ降伏派と徹底抗戦派が分裂してえらいことになってたと思うが

180 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:45 ID:WBUSNxaV
>>179
それは昭和天皇個人の資質とは関係ないのでは?
もっと早く戦争をやめるというか、はじめから日米開戦、いや中国侵攻
をしないという選択もできたのだから。当時は天皇が主権者だったから、
郡部の好きにさせていたことに対する責任はあるだろう。

181 :えICBM:03/11/26 21:52 ID:TD2KqPlq
>>179
さんざん大本営が勝ってる勝ってる、また勝ったと本土空襲のさなか血気盛んなイケイケドンドンの
発表をしてたのに明日から敗戦国です、奴隷ですなどと誰が言ったら国民が文句を言わずに納得する
かといえば神様である天皇しかいないだろう。
玉音放送は天皇が責任をとるために自らが敗戦を国民に知らせたと言うより、天皇しか言える人がい
なかったという背景を考える必要があるだろう。

182 :えICBM:03/11/26 21:54 ID:TD2KqPlq
国民が「軍部の連中責任取れや!!」と言う事は容易に想像がつく。
しかし、「天皇責任取れや!!」と言うような事は想像が出来ない。
だから天皇が国民に知らせたのだろう。


183 :朝まで名無しさん:03/11/26 21:58 ID:cpGpM6/E
と。いま調べたら玉音放送は御前会議→閣議決定って流れでしっかり内閣の意思の実行だって裏付けがとれてるわ
結局立憲君主の枠からはずれたことはなかったんだな

184 :えICBM:03/11/26 22:03 ID:TD2KqPlq
まあ考えてみれば日中戦争から始まった日本の対外政策であるが、世界の中の日本の位置や
状態を客観的に国民に知らせるような事は全く無かった。
政府、軍部に都合が良い情勢しか国民には知らせずに国民を扇動し、その挙句、国民の熱狂
的な対外政策強行姿勢を生んでしまい、それに引きずられるように益々泥沼の戦争にはまり、
どんどん実体とかけ離れた景気良い大本営発表を繰り返してきた。
思えば国民に本当の事を知らせたのは玉音放送だけだったかもしれない。


185 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:06 ID:cpGpM6/E
ミッドゥエーで大負けする前は別に戦果報道を操作しなかったんだけどね
実際「戦闘」に限定するなら負けたことほとんどないし
アメリカでもイギリスでも戦果操作は当然のことだった
アメリカは勝ちに転じてからやめてる。イギリスはまだ戦況が逼迫してる間に操作をやめたらしいが

186 :えICBM:03/11/26 22:14 ID:TD2KqPlq
>>185
戦闘とは限らずに当時の国際状況などを含めたら明らかな世論の誘導があっただろう。
いつの間にか世界から孤立しいつの間にか世界を相手に戦争し、いつの間にか最大の
輸入国を相手に戦争をしている。
その間にどれくらいの国民もやばい状況になりつつあることを知らなかっただろう。


187 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:16 ID:puf+x8ij
>>173
1行目でその品性が下劣であると判断は出来る。また、2行目以降で、「伝統的な
日本人の宗教観・・・」と書いておるが、その文章は、日本的な伝統的宗教観と
いうものを一度でも考えた事があるとはとても思えない愚かさである。
あまりの品性下劣、愚かさに、つい、嬉しくなって書いてしまう。
日本において、前支配者の墓を暴いた例などある。家康は秀吉の墓をどうしたか。
死者に鞭を打つ慣習などある、皇国史観は尊氏をいかに評価したか。
むしろ、伝統的宗教観に従わねばならないなら、特に日本の皇室の伝統的宗教
観に従わねばならないとするなら、今の靖国神社は否定される。
 日本の皇室の伝統は、御霊信仰である。自分の敵対者を祀る。怨みをもって死
んでいった人は祟ると考えこれを祀る。そして、祟られるほどの力は逆に守り神
になると考える。すなわち、怨みをもって死んでいった人を祀ることによって逆
に国の力を強めようとする。これが皇室の伝統的宗教感である。
平将門然り、崇徳院然り、菅原道真然り。
よって、伝統的宗教観に従うならば、靖国神社には忠君愛国の臣下を祭るだけ
ではなく、お嫌いらしい朝鮮人の戦死者も、中国人の戦死者も、アメリカ人の戦
死者も祀らねばならん。空襲や原爆で死んだ人も祀らねばならん。
ま、私は、靖国神社などと言う日本の伝統に反したものはどうでもいいと考えて
おるから、誰を祀ろうが知ったことではないが・・・。


188 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:23 ID:cpGpM6/E
>>186
それはどちらかといえば報道機関の責任では?
日露戦争の講和条約を例にあげるまでも無くやつらの煽りっぷりは強烈の一言だったわけだし
統制にはいりだすのは1940年の情報局設立以降じゃ?
なお一番熱心だったのは戦後左翼にいち早く転進した朝日だ

189 :えICBM:03/11/26 22:28 ID:TD2KqPlq
>>188
日露戦争の頃は知らないが、日中戦争の頃には報道機関に対する検閲はなされてた。
日露戦争当時も当時の日本の経済状況を国民が知ってれば焼き討ちは起きなかっただろう。
逆に反戦世論が盛り上がって困ったかも知れないが。
日露戦争当時の政府軍部と報道機関の関係を知っている人のレスがあれば良いなぁ。

190 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:30 ID:klVoy0JA
>>188
>なお一番熱心だったのは戦後左翼にいち早く転進した朝日だ
ソース希望。

191 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:34 ID:cpGpM6/E
>>189
いや、だから情報局設置が日中戦争の頃だって(1940年はまだ太平洋戦争前)
ちとスレ違いになってきたがググって調べてみるは>日露

>>190
中国兵百人斬りなら例になるか?今でも裁判になってるやつ
あんな不可能事書いたのはさすがに朝日だけだ

192 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:38 ID:WBUSNxaV
スレ違いで失礼だけど戦中の朝日に相当するのがいまの産経系メディアだろ

193 :えICBM:03/11/26 22:38 ID:TD2KqPlq
>>191
実は日本軍の情報局がよくわからないというか知らない。
というか、情報局は諜報活動をする部署で、報道等を統括するのは別部署ではないだろうか?


194 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:43 ID:WDPGia2h
思想系のことはよく知らんのだが、
誰がいいとか誰が悪いとかは流行らないよ、
みんなよくてみんなわるいんだから。

195 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:44 ID:cpGpM6/E
>>189
情報統制が大規模にやってたってことはでないな。政府系新聞に御用記事をかかせてはいたようだが
講和条約だけじゃなく、第二艦隊がロシア艦隊を逃がして本土を砲撃された一件とか、堂々と新聞は(ヒステリックにだが)非難してる
と、いうか日露戦争で情報が早く欲しいってニーズにこたえて日本の新聞社が大幅に規模拡大したって資料があるから
政府は新聞の意外な威力に驚いたってところじゃないだろうか

196 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:45 ID:WDPGia2h

このノンポリ野郎が、、
主義ももたないならすっこんでろ、、、

197 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:46 ID:cpGpM6/E
>>193
あ、内閣が設置した情報局が報道統制(近衛内閣時)
軍の諜報活動は陸海軍の情報「部」だったはず

198 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:46 ID:klVoy0JA
>>191
>あんな不可能事書いたのはさすがに朝日だけだ
事実誤認、記事は毎日。
朝日は戦後に本多が蒸し返した。
>>192
戦前から朝日はサヨク。
満州事変以後、”いろいろあって”軍部支持へ転向。
現在の読売的位置にあった保守系メディアは毎日。

199 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:46 ID:WDPGia2h
自作自演に失敗したので、
責任を取って自慰を表明します。

200 :えICBM:03/11/26 22:47 ID:TD2KqPlq
>>195
ごくろうさん。
けど、
>情報統制が大規模にやってたってことはでないな。
の結論は早すぎでは?
のんびりいきましょう。

201 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:48 ID:QqWHl2s9
内務省警保局のお仕事だよね。検閲

202 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:48 ID:cpGpM6/E
>>198
うお(汗)ありがと。朝日関係のカキコ撤回するわ

203 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:52 ID:cpGpM6/E
一応朝日の戦前報道についてかかれたページ拾ったんでどうぞ(いい加減スレ違いもいいとこになってきたな・・・)
ttp://www.intership.ne.jp/~honcho/nihon-no-masukomi.htm

204 :えICBM:03/11/26 22:53 ID:TD2KqPlq
>>201
ありがとう。
参考になります。

205 :えICBM:03/11/26 22:54 ID:TD2KqPlq
>>203
まあ、戦争における国民の位置をはっきりするのはこのスレのためになるのでは。

206 :朝まで名無しさん:03/11/26 22:59 ID:cpGpM6/E
>>201
その警保局と情報局は兼官制度(両方に籍を置く)で動いてる
情報局に一元化して統制したかったらしいが、例によって権限を内務省が話さなかったとか
今と同じだねぇ役所は・・・

207 :朝まで名無しさん:03/11/26 23:13 ID:WBUSNxaV
明治の頃から、新聞紙条例とか治安警察法とか、言論集会を
弾圧する法律はあるよ


208 :えICBM:03/11/26 23:16 ID:TD2KqPlq
「日露戦争 報道」というキーワードでぐぐったのだがわかった事は、
1、日露戦争の実体は悲惨な闘いであった。
2、もちろん景気のいい戦局はあった。
3、報道の姿勢は景気のいい内容であった。
4、その背景には実体を国民に知らせる事で嫌戦気分が起きることを恐れたかららしい。
5、そのような報道姿勢を国が求めたのか新聞社が自主的にやったのかはちょっとわからない。
6、戦争を継続するだめに国民への負担はかなり大きかった。
7、国民は勝ち戦と知らされていたのに係わらず講和条約でロシアから取れたものはほとんど無い事はショックだった。
8、そのために戒厳令が出るほどに民衆は暴れた。
こんなとこだろう。

景気の良い報道姿勢の背景は国民を扇動するため(嫌戦気分を抑える)であったのは確かのようだが、それはどこら辺の意思だったのかはよくわからん。


209 :朝まで名無しさん:03/11/26 23:42 ID:mV5tSs3A
日露戦争では、日本は借金をしまくり、軍事物資として利用されているものの値段が高騰し、大変だったからな。
ぎりぎりの勝利だったよ。
得たものとして一番大きいものは「有色人種でも白人に勝てる」という希望だと思う。
これは白人以外の国では一番賞賛されていたことでもあるからね。

210 :朝まで名無しさん:03/11/26 23:49 ID:mV5tSs3A
>>207
でも、実際に明治の頃から弾圧されてたのは共産主義者だけだがね。
共産主義の恐ろしさは言わずとも分かるだろう。

反戦=売国奴と言われ、逮捕されたりした時期は大東亜戦争末期だけだよ。

大東亜戦争以前の新聞を見れば、結構戦争を批判してる新聞記事とかあったりするしね。

大東亜戦争は国民の多大な支持があって始まったが、末期になると支持なんて殆どゼロになっちゃってたり。
でも、白人に降伏すれば待っているのは過酷な植民地。そうなればもはや人間として扱われない。
どうせ死ぬなら戦って死のうという武士道の極みみたいなのがあったから、戦争末期には、厳しい統制が敷かれた。


211 :朝まで名無しさん:03/11/26 23:49 ID:r7ePtRmF
悲惨な日露戦争は明治天皇のせい!二百三高地では云々

と在日朝鮮人が、明治天皇を昭和天皇ほど誹謗するカキコをしないのは
やっぱり植民地支配の時代背景が絡んでるせいなのだろうか?
そう考えるとこのスレの、憎悪カキコの謎もすんなり解ける。


212 :朝まで名無しさん:03/11/26 23:50 ID:cpGpM6/E
一応戦勝記事に比べればはるかに小さい扱いだけど、戦艦二隻を触雷で失ったのとか、旅順攻めの大出血とかも報道されてるね
あと、国債発行を批判した新聞がけっこう処分くらってる(事後処分で、報道自体は為された)
どうも自由に報道させるにしろ統制するにしろ中途半端っていう気が・・・

213 :朝まで名無しさん:03/11/27 00:18 ID:8wgoA7Ua
203高地での戦いは野木大将が統括してただろ。
天皇は関係ない。

214 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/27 01:09 ID:xl1FB3nx
最近、KGBや旧ソ連関連の史料が開示されて明らかになったところによると、
「ノモンハン事件は日ソ5分か損耗率でソ連の負け」だったそうだ。

ソ連は情報を徹底的に隠蔽したので、日本側にその情報が伝わったのは約1年前の21世紀になってから。

結果、旧日本軍はノモンハンから目を背けた・・・

215 :まいっちんぐマチ先生:03/11/27 01:25 ID:z3MjVsVZ
>>214
そんだけつぎこめる相手にしかけたのがマチガイだったって
ことですな。

216 :::03/11/27 02:49 ID:r1TbP8Tn
昭和天皇が名君だったと理解するには
知識と 柔らかい頭がないと無理なんだよね
俺だって 最近だよ
それが理解できたのは


217 :朝まで名無しさん:03/11/27 03:23 ID:8B+aia8r
戦前は明治天皇コンプ、戦後はマッカーサーコンプの
暗君の間違いではないのかw

218 :朝まで名無しさん:03/11/27 04:42 ID:N6P2So6J
 青年の或者は遼陽の大激戦よりも寧ろ壮士芝居の評判に多く心を
動かしつゝあり。小児の伽物語に曰く雌鶏あり、数個の卵を
其羽の下に温めて鶏たらんことを期せしに、其孵化したるものを
見れば何ぞ図らん悉く家鴨の子にして競うて水に赴かんとは。
慈悲ある雌鶏は之を見て悲歎に堪へざりきと。所謂国家教育主義の唱道者、
維持者たりしものは亦何ぞ此可憐なる雌鶏に異ならんや。彼等は
其数育機関の羽翼の下に忠君愛国の士を生ずべしと期したり。
而して見よ、其育ちたるものゝ中には恋愛を歌ひ、星と菫花を詠じ、
唯自己の慾望を満足するものを以て理想とし、
国家の存亡を見て念とせざる極端なる個人主義を生ぜり。
 彼等は是に於て乎、自己の主義の破産を感ぜり。

219 :朝まで名無しさん:03/11/27 06:38 ID:mkf91Qv3
昭和天皇は迷君である

220 :朝まで名無しさん:03/11/27 11:21 ID:S6Etetkg
>>216
昭和帝に対して同情的な意見はあったが、名君だとか言い出したのは
小室直樹あたりからじゃねーの
多分に恣意的な解釈だと思うけどな(w

所謂小室のいうところの「天皇教」を実践しているものだと思われ
確信犯でやってると思うわけだが
これを”事実”として受け取る人間が出てくるから驚き。(w

221 :朝まで名無しさん:03/11/27 11:39 ID:SWMnsHSw
>>214 スレ違いだが、ちょっと
 これは面白いか、どうでもいいか、好みの分かれる話。
 「新資料見つけた」って大騒ぎしても、誰も興味示さないかもネ。
 ま、旧ソ連公開情報は色々検証する必要があるし、日本も損害状況を秘匿して
たから(今も推測の域)戦況を比較してどうこうの段階ではないし。
基本的に、戦争なんて、負けたと思ったほうが負けだろうし。

 後、これがホントなら、石原莞爾を始め、昭和維新等と言ってた参謀たちは、
情報分析ができなかった。結果、南進政策を取った日本はホントにお間抜け
という結論になるんだろうケド、自由主義史観という連中はどう評価するのかナ。
ま、個人的には、歴史にIFはないから、どうでもいいか。
ただ、ホントだとすると、異常に評価の高い司馬遼太郎が批判されるのは、
個人的にはちょっと面白い。


222 :朝まで名無しさん:03/11/27 13:42 ID:Qz2hvmF+
口汚く罵ってる輩も結局昭和天皇に依存してるのねー。

223 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/27 14:00 ID:Qqtr564a
>>215
だからこそ本来は2つの中国や米国と関わってる暇はなかったはずなんだが・・・

>>220
天皇教つーか日本教

>>221
これ、軍事板で去年くらいに話題になってたと思う。
やっぱ、自分に都合の悪い事を隠すのが常なのに急にそういうのが出てきたから驚いて・・・
結局、これがあったから時間稼ぎに日ソ中立条約、ってなったんじゃないかと、個人的には思う。

224 :朝まで名無しさん:03/11/27 15:35 ID:guAK4GGB
昭和天皇の業績を具体的に述べよ。

225 :朝まで名無しさん:03/11/27 15:41 ID:g4L2fh8X
良くも悪くも立憲君主だった人に一体何を求めてるんだろう・・・

226 :朝まで名無しさん:03/11/27 16:05 ID:i+caKTBR
>>225


227 :朝まで名無しさん:03/11/27 17:01 ID:KlF6CBQM
歴史上で戦争に負けて名君なんていわれる人いるの?
名君というのは明治天皇以来出てないだろ


228 :朝まで名無しさん:03/11/27 17:25 ID:waTP2TQG
ここは朝鮮人が多いな

229 :朝まで名無しさん:03/11/27 17:28 ID:SWMnsHSw
>>227
名君の「君」が何をさすのか問題で、普通の領主クラスの意味なら、明智光秀だと
か石田光成なんて、領民にとっていい領主だったとされてるし。
戦争に負けたわけじゃないけど、吉良上野介とかね。
実際のところは別として、戦争に負けて汚名をかぶった、しかし、実は領民思い
の良い人だったって伝説でバランスをとっちゃう。昭和天皇も、この感じ・・・
天下を統治したのが「君」なら、徳川慶喜。議論分かれるだろうけど。

どっちにしろ、基本的に天皇と名君と言う言葉は合わない。具体的な世上
権力持たず文化統治してきたのが伝統だから。


230 :朝まで名無しさん:03/11/27 18:18 ID:Pcg5c7oE
>>224
西郷隆盛と勝海舟が江戸を焼け野が原にしない為に計画した
無血開城をすべて台無しにし、日本全土を焼け野が原にした、迷君。

231 :朝まで名無しさん:03/11/27 18:47 ID:guAK4GGB
昭和天皇って敗戦後、責任をとって退位すべきだったんだよね。

232 :朝まで名無しさん:03/11/27 18:55 ID:4DabNCcO
>231
退位して当時少年の今上天皇に後を任せるのも無責任

233 :まいっちんぐマチ先生:03/11/27 20:45 ID:z3MjVsVZ
>>223
そう。中国に手をだしたのがマチガイ。
つまり日清戦争がそもそものマチガイだったのだ。

234 :朝まで名無しさん:03/11/27 22:26 ID:pwWpOrkN
安徳天皇はどうですか?


235 :朝まで名無しさん:03/11/27 22:59 ID:wtNNhfGX
敗戦の混乱期に退位してたらむしろ無責任
ちなみに今、韓国の盧武鉉大統領は景気低迷と汚職疑惑で支持率が低迷し、
バッシングに嫌気がさしたのか「もう大統領辞めたい」みたいな本音を漏らして
ますます「資質」が問題視されている(腐っても国家の元首。トップがそんな
無責任で国民がよくついていくと思う)
敗戦直後、国民を励ますための昭和天皇「全国巡幸」は(NHKのドキュメンタリー番組
で見ただけだけど)率直に言って感動モノ(廃墟の広島での何気ない一言が渋かった)

どうしてもカンボジアのシアヌーク国王なんかと比較してしまう・・・

236 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:17 ID:S6Etetkg
>>233
日清戦争、間違いですかねえ?
極東亜細亜での清の膨張を容認するっつーのは、結構危険な選択だと思われるが?

>>235
>腐っても国家の元首。トップがそんな無責任で国民がよくついていくと思う

揚げ足取り的だと自分でも思うが、
やはり、日本国臣民は天皇陛下を指導者として、戦争をしたのでアリマスか?(w

まあ、こういう事を言いたくなるのは、
悪いことは「立憲君主」で関係無い、良い事は「国家元首」のお陰ちゅーのはねえ。
ご都合主義もいい加減にしろや っちゅー気になってきますよ。


237 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:25 ID:Pcg5c7oE
>>235
>敗戦直後、国民を励ますため・・・・

シナリオどおりなんだけど?広島を廃墟にした原因を作ったのは誰のせい?

238 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:35 ID:wtNNhfGX
>>236
>ご都合主義もいい加減にしろや
??? 
立憲君主制では、国家元首=君主、政治指導者=首相でしょう。
つまり実質、東条内閣が戦争を指揮し昭和天皇が「承認」という形だったのでは?
内閣の決定をはねつけたりしたら立憲君主ではなく「専制」君主

239 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:38 ID:wtNNhfGX
>>237
>広島を廃墟にした原因を作ったのは誰のせい?

まさか昭和天皇のせい、とでも?w はいはいw


240 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:38 ID:SWMnsHSw
>>236
関係ないが、草薙剣のオカルト話は面白いと思う。
安徳天皇が壇ノ浦で入水した時、三種の神器の内、勾玉と鏡は見つかったものの
草薙剣は発見できなかった。
で、
1)天皇はこの剣を失ったから、以降、剣が象徴する武士の政権が続いた
しかし、この剣、実は回収されていて、密かに伝わっており
2)天皇親政を目指した、幕末の志士たちはこの剣を探した
3)敗色濃厚な時、軍部強硬派はオカルトに凝り、この剣を必死に探した
ほとんどヒトラーと「失われたアーク」の世界。
さらに、
4)実は、幕末にこの剣が発見されており、このため、維新は成功した。
5)その後、現在はある団体が所有しており、宮内庁はひそかに返還要請交渉してい
る。しかし、法的根拠がなく強制収用できない・・・。


241 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:39 ID:SWMnsHSw
↑スマン、まちがえた
>>234


242 :朝まで名無しさん:03/11/27 23:40 ID:q+uYjF35
三種の神器ってそれぞれ何かの権力を象徴的にあらわしてるって話を聞いた覚えがあるな・・・

243 :朝まで名無しさん:03/11/28 00:04 ID:s8DwuO9+
>>238
もうちょっと、当時の政体について勉強しましょうね。

諄いようですが、帝国憲法下の天皇は、政治に口を出します。
内閣は輔弼機関であって、統治者は天皇です。
内閣が責任を負うのは議会ではなく(これだと英国流)、天皇です。
天皇の意志によって内閣が生まれます。

244 :朝まで名無しさん:03/11/28 00:35 ID:nr7AQ/b0
>>240
熱田神宮のご神体じゃないの? > 草薙の剣

245 :朝まで名無しさん:03/11/28 00:41 ID:SqN//FTR
>>243
それは形式論じゃ?
昭和天皇が辞退した相手を総理の椅子につかせたのって終戦内閣の鈴木貫太郎だけでしょ?他にあったっけ?

246 :朝まで名無しさん:03/11/28 01:03 ID:N2Ucfywj
>>244 
スレ違いだし、長くなるから面倒くさい。
検索するか、以下を参考までに・・。

http://inoues.net/yamataikoku/3shu/3shu_jingi.html



247 :朝まで名無しさん:03/11/28 09:25 ID:MypyaxKR
内奏と上奏

元老や内大臣による首相の選定

248 ::03/11/28 09:33 ID:Qn5Ue/da
>>239
>まさか昭和天皇のせい、とでも?w はいはいw

昭和天皇が三種の神器にこだわってぐずぐずしていた為、はいはいw

249 :朝まで名無しさん:03/11/28 10:20 ID:CDWnsKcU
>>245
一例を挙げれば昭和天皇は田中義一首相を事実上罷免してるが、この例などは立憲君主的と言えるのだろうか。

250 :朝まで名無しさん:03/11/28 10:59 ID:evJoF64t
>>249
クビにしたんじゃなくて奏上内容の前後矛盾を強く問いただしただけじゃん
「立憲君主は機械的にハンコ押すだけで十分!」と思ってるのか?

251 :朝まで名無しさん:03/11/28 12:22 ID:hHbQXtId
君主はロボットじゃないぞ


252 :朝まで名無しさん:03/11/28 12:43 ID:CDWnsKcU
>>238が>
内閣の決定をはねつけたら立憲君主ではなく「専制君主」
と言うから、その内閣自体を更迭した事を指摘すれば
>>250-251
>「立憲君主は機械的にハンコを押すだけで十分!」と思ってるのか?
>君主はロボットじゃないぞ
ですか。
立憲君主って何ですか?
今の天皇は「ロボット」のごとく「機械的」にハンコを押してるか立憲君主とは言えないと理解してよろしいですか?

253 :朝まで名無しさん:03/11/28 12:44 ID:NBNEixkv
>>252
だから天皇は田中義一を更迭してないってば

254 :朝まで名無しさん:03/11/28 12:50 ID:NBNEixkv
だいたい熱河作戦(昭和八年)で天皇が出した条件はあっさり軍部に無視されてるんだが
天皇とその権限を過大評価しすぎでない?

255 :朝まで名無しさん:03/11/28 12:52 ID:CDWnsKcU
確か昭和天皇は田中首相に「この際辞表を出したらどうか」と強く迫った、つまり事実上の罷免と記憶していますが、これは私の記憶違いでしょうか?

256 :朝まで名無しさん:03/11/28 13:01 ID:NBNEixkv
田中内閣総辞職理由は河本大佐の処分を巡って陸軍と紛糾したからだろ
もし天皇の叱咤が原因なら、その意向に近い厳しい処分を下そうとした田中が辞職したことと矛盾するが?

257 :朝まで名無しさん:03/11/28 13:09 ID:NBNEixkv
天皇の意向が無視できなかったのは事実だよ
東条内閣時の「白紙撤回の御錠」とかもあるしな
だが、同時に決定権がなかったのも事実
実際に天皇の意向がストレートに反映されたのは、5・15事件・2・26事件・そして終戦工作の非常時だけだろ
つまり、天皇大権は伝家の宝刀。抜かなきゃそれに越したことはなかった

258 :朝まで名無しさん:03/11/28 13:36 ID:N2Ucfywj
憲君主制とは憲法によって君主の権力が制限を受けている体制。
憲法によって君主の権力が制限されていない体制が専制君主制。
日本は前者。だから、「ハンコ押すだけ」でも別にかまわないし、本心はどうであ
れ、そのまま「そうであるか」と言って、ハンコ押すのが本当の立場。
だから、2・26での反乱軍認定や、終戦の判断等は、立憲君主制からすれば違憲。
右系の人は立憲君主制だったとしながら、この辺は使い分けてる。
一方で、統帥権は天皇が持つから、軍隊は、内閣や議会ではなく、天皇そのもの
に直属するから、彼は形式的には敗軍の将。
天皇には、立憲君主の立場と、全軍の最高司令官としての立場の二面性があり、戦
争と政治は切れないから、天皇の戦争責任は面倒になる。ただ、彼が発言すれば影
響力があったのは当然だし、統帥権を持ち、終戦の年の5月には政府や天皇自身が
敗戦は必至だと考えていたにもかかわらず、彼は事態収拾に極めて消極的だった。
近衛が自殺する前に「統帥権の問題は政府に全然発言権がなく、政府と統帥部との
両方を抑えうるものは、陛下ただお一人である。しかるに陛下が消極的であらせら
れることは平時には結構であるが、和戦いずれかというが如き、国家が生死の関頭
に立った場合には障碍が起こり得る場合なしとしない」と語っている。
原爆を含めて、5月から8月の間に何人死んだか。この点に、個人的には問題が
あると考えている。


259 :朝まで名無しさん:03/11/28 13:39 ID:NBNEixkv
>>258
長々とカキコご苦労様
でも制限=権限ゼロって証明がなければキミの論旨は全部が的外れになるから
その点のソースよろしく

260 :朝まで名無しさん:03/11/28 14:16 ID:N2Ucfywj
>>259
長々と読んでくれてご苦労さん。で、君は、日本語読めるのか?
制限=権限ゼロって、何処に書いた?
それに、立憲君主制ではあるが天皇に政治的な権限もあったんなら、天皇の戦争責
任がさらに問題になるだろうが。
 だから、右系は統帥権にあまり触れず、天皇を議会・政府に従うこと以外でき
ない立憲君主だったと位置づけて天皇に戦争責任なかったとしたいんだよ。
 わかってる?


261 :朝まで名無しさん:03/11/28 14:42 ID:hHbQXtId
>>252
>立憲君主って何ですか?
憲法、議会、民意に反しない範囲内で政治を行う君主って感じかな。
法律や勅令を拒否したりすれば駄目だけど、首相の任命者であり、議会との関係を保ちつつ国政を円滑に行える人物を
任命しなきゃならないという縛りがあるのだから、辞任を促すのは何の問題もないはず。
むしろ立憲君主の立場からすれば、そうしてくれなきゃ困る。

現在のイギリス、スペイン、オランダ、ベルギーや北欧諸国の国王も、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの総督も
同じことをやるはずだ。

>今の天皇は「ロボット」のごとく「機械的」にハンコを押してるか立憲君主とは言えないと理解してよろしいですか?
そう思う。

262 :朝まで名無しさん:03/11/28 14:58 ID:s8DwuO9+
>>261
なんか俺、盛り上げちゃったか?(w

>憲法、議会、民意に反しない範囲内で政治を行う君主って感じかな。
俺定義。

立憲君主 → 憲法に従い、大権を行使する君主。
ただし、どう制限されているかは、それぞれの「憲法の内容」に拠る。

>現在のイギリス、スペイン、オランダ、ベルギーや北欧諸国の国王も、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの総督も
>同じことをやるはずだ。
やらない。 議会の要請によってのみ動く 議会君主制である。




263 :朝まで名無しさん:03/11/28 15:55 ID:hHbQXtId
>>262
>やらない。 議会の要請によってのみ動く 議会君主制である。
それは議院内閣制の憲法での立憲君主制&政党政治だからというのが一つだと思う。
常に議会の過半数の支持を得ていなければならないから、議会が明確に拒否をしたら首相を替えなきゃならないし
君主の独断で議会の要請無く替えたら、次の首相が信任されず、国政が混乱するだけだ。

しかし戦前はそこまでの規定はなく、議会がそれなりに支持していればOKだったわけで、議会の同意無しに替えても
それが議会と激しく敵対する人物で無い限り大した問題は起こらない。
むしろ行政機構内での対立などを抑える事の方がどちらかというと大事だったわけで、田中義一の問題もどちらかといえばこっちでしょ。
田中は天皇に咎められただけだったみたいだけどね。

結局、それぞれの憲法の規定の範囲内で、安定した国政のために君主は自由にやれるっていうことだろう。
決して議会や内閣の指示が無いと動けないロボットではないが、議会や内閣に反対されることはできない。
議会や内閣の〜ってのは憲法が定める事だから、結局憲法に従う事になるんだけど。

現実的には諸外国の君主は、前任者の首相の助言に基づき第一党の党首を任命し、議会の同意を受けるしか無いのだけど
例外的な事態が発生して、君主の裁量に任される事態も時々おこっていたり、おこるだろうと言われている。



264 :えICBM:03/11/28 16:27 ID:h4eTjBYt
立憲君主制といっても主権者が国民なのか君主なのかで政治のシステムは大きく違うだろう。


265 :朝まで名無しさん:03/11/28 17:20 ID:Qn5Ue/da
ありとあらゆる政策に口出し、大いに唯一主権者としての権力を振るったくせに、
しらを切って責任逃れをしたのが昭和天皇。
「君臨すれども統治せず」など、大嘘。

266 :朝まで名無しさん:03/11/28 17:26 ID:jFcSkt5o
>>264
国家主権説っていうのも有る是。

267 :朝まで名無しさん:03/11/28 17:56 ID:peWpZD0j
>>265
それを匂わせるソースをめぐって議論がすすんでるところに理屈も新ソースもなく断定するな

268 :朝まで名無しさん:03/11/28 18:07 ID:peWpZD0j
大日本帝国第4条
 天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
これが原則だろ。つまり形式的には確実に立憲君主であるということだが
実質日本政府の意思決定を担ってきた枢密院・内閣はこれより一個下の権威しかもたない法律(内閣官制等)でしか規定されてなかった(議会は憲法規定されてるが)


269 :朝まで名無しさん:03/11/28 18:21 ID:XK1SE1yF
>>255
もし天皇が首相を辞めさせられる権限を持っていたなら、
「辞職してはどうか」などと強く迫らなくとも罷免できていたのです。
権限がないから、あのような発言となったわけです。
もっとも天皇があのようにご自分の意見をはっきりと述べるのは
立憲君主としてはほめられたことではないと思います。
昭和天皇ご自身も反省しておられたと記憶しています。

270 :朝まで名無しさん:03/11/28 18:29 ID:peWpZD0j
イギリスの場合、名誉革命で王を他所からひっぱってきたことからもわかるとおり、
実質的に議会>王
日本の場合、天皇がまずあり、それと近代国家体制と整合させるために議会制度を移植した
だから天皇(及びその輔弼機関・統治権全般)>議会(立法権)
日本の場合、ドイツ(帝国時代)のほうに近い立憲君主制だろう

271 :朝まで名無しさん:03/11/28 22:12 ID:0hfZJfqD
結局このスレで昭和天皇を攻撃してる在日の根拠って
・「天皇主権」だった・「軍の最高司令官」だった 
と、憲法条項は「形式」ではなく「実態」と解釈すべきだから責任は免れない、というわけだ。
となると、
         日本国憲法第一条
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、
主権の存する「日本国民の総意に基く」

どう解釈改憲しても、天皇を象徴と認めないのは日本人ではない、と憲法が
定めているが、在日朝鮮人(外人)が天皇制を攻撃しても憲法上おかしくはない。
もっとも在日が日本の憲法なんか知らずに、憲法の条文を持ち出して墓穴掘った
とも見えるが・・・

272 :まいっちんぐマチ先生:03/11/28 22:42 ID:y/NaJJIj
>>271
珍説ここにきわまれり

273 :朝まで名無しさん:03/11/28 22:57 ID:ZplNZr3P
ボロ負けする戦争を止められなかった時点で「名君」とは言えまい。
「名君」ってのは、立憲君主であっても、
平時は臣下の意見に従うが、非常時には潜在的権威で強力な指導をして国を正しく導くような君主。

まあそんな王は歴史上もほとんどいないので、名君ではなくても恥でも何でもない。
むしろ戦後にもあれだけの人気を持っていたという点が評価されるべきだろ。
三国志的には、
政治:60代
魅力:90代
とかじゃないの?


274 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:01 ID:F8UBoBqO
>>273

ハルノートを突きつけられたらどんな国でも戦争するのでは?


275 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:05 ID:y0iXO+SJ
>>271
在日はおまえ


276 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:07 ID:MDBno6aZ
>>274
そうなる前に止めるだろ。普通なら。

277 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:08 ID:AaUZKvWr
>>273
ハルノートは日本の大陸での権益完全放棄を要求しながら、自分達は経済制裁を解くことすら条件に入れなかったからな
東京裁判のパール判事曰く「こんなものを突きつけられたらモナコでさえアメリカに宣戦布告する」

278 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:11 ID:9g0UvySA
>>273
心の奥底で、スーパーマンみたいな独裁者を望んでないか?

279 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:22 ID:fiS4I0av
>>277
>11/28 23:07 ID:MDBno6aZ
>>274
>日本の大陸での権益
なんてものは戦争で奪い取ったものでいつかは放棄せざるを得ないのだよ。
イギリスだってインドを手放しただろう。

280 :279:03/11/28 23:25 ID:fiS4I0av
レス番がちょっと狂った。失礼。

281 :277:03/11/28 23:27 ID:AaUZKvWr
×>>273>>274

>>279
外圧で奪われるのと、独立運動の結果なら全く違うと思うが
現地が独立するならまだいいほうで、圧力かけた米がそっくり権益を持ってったら?
いっておくが当時はブロック経済体制が主流で、自国の勢力圏で自弁するしかなかった時代だぞ?
せめてハルノートで経済封鎖を解くっていうなら代わりに自活の道が開けるが、そうでないなら窒息死確実じゃないか

282 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:43 ID:fiS4I0av
イラクだってクウェートを侵略したりしてとうとうアメリカに占領される
破目になった。
アメリカが世界の警察で正しいというわけではないが、つけ入られる隙を与えた
のは当時の日本の軍事・外交が拙劣だったといえる。

283 :朝まで名無しさん:03/11/28 23:48 ID:s8DwuO9+
>>266
国家主権説は、美濃部の排斥で、帝国憲法の解釈としては通用しなくなっている。
また、美濃部の説にしても
補弼機関と天皇の関係において、拒否権が無いのは、補弼機関側とされ(辞職はできると
した)立憲主義に反するとしながら、統帥権の独立も認めざるえなかった。
つまり、最も英国風に解釈された有力説でさえ、天皇が国家機関として、重要な役割を担う
事を否定していない。

>>273
個人的な人気というようなもんでも無いんじゃないか?
昭和天皇がどんな人間かなんてのは、戦前で語られるわけがないし。
まあ、天皇に対する祖父母の態度の記憶とか、「拝啓天皇陛下様」っちゅー映画の内容を
根拠に言ってるだけなんだが(w

284 :朝まで名無しさん:03/11/29 01:05 ID:rqEwNolH
天皇を象徴と認めないのは日本人ではない、と憲法が
定めている

285 :朝まで名無しさん:03/11/29 01:07 ID:T3fOBjtE
天皇制の是非についてではなくて昭和天皇のことに関しての
スレなんだってば。

286 :朝まで名無しさん:03/11/29 01:30 ID:HQPo96cM
なんかね、戦前の天皇と戦後の天皇ってイメージが全然違う。
両方とも作られたイメージなのかもしんないけど、同一人物としての連続性が全然感じられないってゆーか。
2・26の時の態度とかね、聖断の時の言葉とかね、ホントかなーって感じなんですよ。
俺が知ってる昭和天皇はとぼけたおじいさん、もしくはおちゃめなおじいさんで、ああゆう毅然とした態度をとるような感じは全然なかったしさ。
もちろん知ってるって言ってもテレビで見ただけだけどさ。

戦前の毅然とした天皇ってのは後から作られた話で実際はやっぱ、「ふんふん。あ、そう。おまえたち、の、いいように、しなさい」ってな感じだったんじゃないのかなーなんて思っちゃうよ。


287 :朝まで名無しさん:03/11/29 01:58 ID:tSCpOlxl
>>248
そんなことは定めていない。
国籍法に定められた条件を満たした人間は、天皇を認めようが認めまいが日本人。
>>286
昭和天皇は戦後も、結構政治的な発言をしたらしいぞ。

288 :朝まで名無しさん :03/11/29 06:06 ID:IxiHydxE
解っている人は解っていると思うが、天皇の個人的意見と法的権限は別。
終戦の「裁断」も昭和天皇の個人的意見。昭和天皇は公の席で自分が個人的な政治的
意見を言うことも控えてきた。例外的状況の為、その個人的意見を例外的に言ったのが、
226事件と終戦。

終戦時、昭和天皇が意見を言っても、大臣の署名が無いと詔勅も無効。発表も出来ない。
退位も同様。終戦時にも講和条約締結時にも退位の意思はあったが、政府が同意しなかった。

終戦時、連合国の報復等が一番考えられるのが天皇。当然死刑の可能性もあった。
多くの日本人は、それにもかかわらず、終戦を選択した昭和天皇を評価している。




289 :えICBM:03/11/29 06:36 ID:5HE3UZKS
天皇の意思が表に出ないから色々な解釈が後付けできるのだろう。
そこら辺が権威のみの存在の強みだろう。
権力を持っていたら行使することで意思表示がされる。
そうなると後々批判を受けることもあるだろう。


290 :朝まで名無しさん:03/11/29 09:12 ID:qa05dCRR
>>288.289
>その個人的意見を例外的に言ったのが、226事件と終戦。

このようなアフォなことを言う奴がいつまでたってもいなくならないナ。(小室直樹、渡辺昇一等忠君愛国評論家など)
色々な資料を調べれば、それが大嘘であるのは明らか。
「君主は軽々しく発言するべからず」を全く守らなかったのが昭和天皇。

291 :朝まで名無しさん:03/11/29 09:13 ID:C9p7d6w1
>>286 御進講って知ってるか。
政府、官僚の責任ある立場の人が、天子に内政や外交について
奏上するんだよ。これは絶対非公開。ここでは昭和天皇の
の鋭い批評眼がみを見張る。
フォークランド紛争では 
  陛下「サッチャーは軍艦をだすか?」  
  官僚「そんなことはなと存じます。」
   これ以後、この官僚は天皇に予測的なことを言うのをやめたそうだ。
 アフガン侵攻に対して
  「ソ連はアフガンを取ってしまう腹なんだろう。」 
 イ・イ戦争に対して
  「ホメイニは何をやっておるのか。結局膠着状態になるんだ。」
 
鋭い批評眼とは裏腹に、とでも穏やかな人柄であり、けして追求など
しない。日本人も外国人もほとんどの人が会うとそのすばらしい人柄に
感動してし、昭和天皇を大好きになってしまうらしい。

戦前は前者が、戦後は後者が際立つからそう見えるのだろう。
基本的には変わっていないとおもう。


292 :朝まで名無しさん:03/11/29 09:17 ID:KSQjW1s7
>>290
じゃ、終戦の決定をした天皇は素晴らしいって事だね!

293 :朝まで名無しさん:03/11/29 09:22 ID:TUf8Saht
幕末の尊王攘夷運動は間違いだったと思う。

294 :朝まで名無しさん:03/11/29 10:17 ID:qa05dCRR
>>292
終戦を引き伸ばし日本全土を焼けのが原にしたのはすばらしい!

295 :朝まで名無しさん:03/11/29 10:22 ID:TYqKqzm3
在日のネットを見ると、北朝鮮拉致問題や石原都知事人気に対する屈折感が
「日本人の右傾化の原因は天皇制にある。廃止すべき」というカキコの洪水に
繋がってるように見える。
そもそも朝鮮による(昭和天皇への)「恨(ハン)」の民族意識は、元皇帝の墓を暴いたり、
死者に鞭を打ったりする中国大陸の強い影響が発祥であって、報復を受ける
心配のない死者を攻撃することによって鬱憤を晴らす、という卑小かつ
無意味、非生産的な思考回路で、現状から目をそらし近代化が遅れ植民地になる
一因ともなった。


296 :朝まで名無しさん:03/11/29 11:58 ID:EIGEIY7C
>>258
> だから、2・26での反乱軍認定や、終戦の判断等は、立憲君主制からすれば違憲。
> 右系の人は立憲君主制だったとしながら、この辺は使い分けてる。
明治憲法では憲法秩序の危機に際しては天皇が出張ることが期待されていたので無問題。
今でいう国家緊急権。明治天皇が各部の対立を自ら裁いたことがあったのも一応これが理由。

>>290
内奏と上奏の区別がつくようになってから出直しておいで。


297 :朝まで名無しさん:03/11/29 12:07 ID:TYqKqzm3
(欧米)外国人による昭和天皇論の出版が相次いでるけど、さすがに欧米の
歴史家は冷静に評価してるね。
最近韓国で皇后の著書が出版されたけど、もう「皇室憎し」は北朝鮮と
反日ナショナリズムの中国ぐらいでは


298 :朝まで名無しさん:03/11/29 12:15 ID:NAhZ6tFX
>>290
>「君主は軽々しく発言するべからず」を全く守らなかったのが昭和天皇。
勝手に作るな。
「君臨すれども統治せず」のイギリスですら、首相の説明を聞き、コメントや助言をするのも国王の役目だとされている

299 :朝まで名無しさん:03/11/29 12:17 ID:EQVSqJvf
アンガウル島守備の日本軍、指揮官後藤少佐以下約1200名。
昭和19年9月17日、米軍約21,000名が上陸。
10月19日、玉砕。米軍側損害約2500名。
日本軍と行動を共にしていた現地島民の証言。
「・・・・・後藤少佐は午前二時に最後の突撃をと命令。私達島民も
参加するといったら、砲兵隊の松沢中尉が
『皆さんは日本人でもないのによく協力してくれました。
私達軍人は日本のために死ななければなりませんが、みなさんはその必要は
ありませんので 投降して米軍の保護を受けなさい。これは命令です』
と説得されましたので、涙ながらに皆さんを見送った・・・・・・」
アンガウル守備隊の親部隊、第十四師団十五連隊と五十九連隊の主力は、昭和21年2月
パラオ本島から復員した。江口連隊長は入港に際し、全員に軍装・階級章を着用させ、
「師団は米軍の物量の前に敗れた。しかし今後の諸君の任務は、復興を果たし
米軍を追い落とすことにある」
と訓示した。江口の意を汲んだ入国管理官は規定を破って連隊を3日間兵舎に留め置いた。
そして21年2月21日、空前絶後の昭和天皇による帝国陸軍部隊最後の部隊親閲を受けた。
江口は「臣 八郎不肖にして歩兵第五十九連隊長の付託の重きに堪えず
戦い敗れ、多くの赤子を失い・・・・・」と言いかけて絶句し泣き崩れた。
昭和天皇は江口の肩に手を置き、居並ぶボロボロの将兵を見ながら
「御苦労だった。ほんとに御苦労だった」とお言葉をもらした。
後に届けられた公式の言葉は
「パラオ集団ハ真ニ統率力ヲ徹底シテ立派ニ戦闘シ復員モ善ク出来、
誠ニ満足ニ思フ」

300 :朝まで名無しさん:03/11/29 12:56 ID:VRaCF0wB
>>296
 統帥権についてはどのようにお考えですか?


301 :朝まで名無しさん:03/11/29 14:17 ID:EIGEIY7C
>>300
問題化する以前以後を見る限り問題化させた政党側が役立たずだったってのが正しい結論だろう。
確かに明治憲法が潜在的にその問題を孕んでいたのは事実だけど顕在化する前はそれも問題なく回ってたんだし。

302 :朝まで名無しさん:03/11/29 14:44 ID:T3fOBjtE
近代の議会制国家でそもそも名君がどうのこうの言うのが時代錯誤。

303 :朝まで名無しさん:03/11/29 15:05 ID:VRaCF0wB
>>301
 歴史的に見れば、おっしゃるとおりだと思います。
ただ、問題が顕在化してからは、政府は統帥部に発言権がなくなり、天皇のみが
唯一発言力をもつ存在となった。結果、天皇の戦争責任を考える上において、個人
的には、立憲君主云々よりも統帥権の問題は重要だとも思いますが、右系の人はこ
のことについてあまり触れてないように思えます。
この点、かねてから興味があって、戦争中・終戦時の天皇の統帥権について、と
りわけ終戦時の天皇が、政府や彼自身が敗戦が必至だと思いながら、事態収拾にむ
けて統帥権を行使することに消極的だったことについて、右系はどのように位置づ
けているのか。ご存知でしたら、教えていただきたいのですが。


304 :朝まで名無しさん:03/11/29 15:39 ID:EIGEIY7C
>>303
統帥権の行使に消極的だったのではなく明治憲法に忠実だっただけでしょ。
国務には政府の上奏が必要だったように統帥にも軍部の上奏が必要だったわけだし。
聖断前の御前会議については>>89>>296

収束の機会は何度かあったんだろうけど当時その場で判断した人等にしてみればどれも最善だったんだろう。
どのみちどうにもならなかったんだろう、ってのが俺の見方。歴史の必然。小林秀雄なんかも言ってたっけね。

俺は昭和帝になんで専制しなかったのかと問いつめる気にはなれないよ。

305 ::03/11/29 16:41 ID:KSQjW1s7
>>303
右派…ですか?(笑)
あのね、敗戦決定後(御聖断)でも一部陸軍が玉音レコード奪取計画を立ててたくらい(クーデター)なの。
そう簡単に、敗戦を早期に決断するタイミングが有った筈…なんて考えるのは共産主義者くらいだよ。
もし、タイミングを間違えれば陸軍主導で本土決戦も有り得た。

この件について、いつも左派は無視するのですけど如何、思います?(笑)

306 :朝まで名無しさん:03/11/29 16:56 ID:VRaCF0wB
>>304
 サンクス。
 この辺に関する、右系の人のご都合主義的な解釈が疑問なものですから。
>俺は昭和帝になんで専制しなかったのかと問いつめる気にはなれないよ
無論、平時においてはそう思います。ただ、結果はどうであれ、国家・国民が
存亡の危機にある、まさしく国家緊急時においては・・・とは思います。
責任云々はともあれ、基本的にこの人は戦時には向いてなかった。平時の人だっ
たのではなかったかというのが、個人的な落ち着き所です。

>>305
こういうピントのずれた事を書いてくるのは必ず出ると思った。
興味がない。


307 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:56 ID:EIGEIY7C
それほどピントはずれでもないよ。
実際「君側の奸」をテロったのと同根の連中だし。
天皇が停戦を強行すれば実力で阻止することぐらい普通に考えられた事態だよ。
タイミングは憲法秩序の中で天皇が決定出来たあの御前会議以外にはなかったろう。

先帝陛下に関しては特に非難できる部分は見当たらない。
ただ輔弼各部が力不足だったってだけ。
あとまぁ、時代の流れか。

308 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:05 ID:XxH5S2D5
昭和天皇を中傷してるのは所詮在日
ソースも示さないただの粘着だし

309 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:12 ID:tSCpOlxl
>>308
じゃあ 「ソースも示さない」で在日在日と「粘着してるやつ」は? (w

310 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:20 ID:XxH5S2D5
>>309

>>173,>>271あたり参照
在日らしき感情的な反応はあるけど、それだけ。
どうやら図星らしいw

311 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:24 ID:tSCpOlxl
>>310
ああ、一条の珍解釈カキコした人か(w
俺はそれに「感情的なレスを入れた」一人であるようだが根拠はこれだ。
>第10条 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。


312 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:29 ID:tSCpOlxl
>>310
通常一条の解釈は、
王権神授説から社会契約説への転換を意味しているとされます。
前憲法の、天皇の地位の根拠は「神勅」だったからね。

313 ::03/11/29 23:59 ID:KSQjW1s7
>>311

君、バカだろ?(笑)
法律上の「日本国民」を否定してる訳じゃないだろ。
それなら、連合赤軍で仲間をリンチ殺害した連中も立派な日本人だろうが。(笑)
ここで言う「一条」の読み方は「憲法に従わない人間」は社会的に排斥出来るって事。
散々概出なんだけど、これは判例も出てます。
共産党員は共産党員ってだけで社会から排斥出来るのです。
社会的地位を与えないとか、そういう事だけどね。
憲法に従えない人間は憲法に守られる事もないのです。

314 :朝まで名無しさん:03/11/30 00:04 ID:Bmg3tmY/
>>313
散々過去 この件で無知を晒した1128が俺に説教するのか?(笑

>共産党員は共産党員ってだけで社会から排斥出来るのです。
素晴らしい見識だな。 しかしこの考えの方が、現行憲法に従って居ない
と思われるが?




315 :朝まで名無しさん:03/11/30 00:07 ID:Bmg3tmY/
>>313
政府が共産党を違法組織と認定しない理由を述べよ。

何故共産党は議席を得て、”国政に参加する地位”を与えられているのかね?

316 :310:03/11/30 00:44 ID:nyaVXAQs
>>311,312
あのね、>>217の趣旨理解してる?
昭和天皇非難の根拠に、旧憲法条項は形式ではなく実態である、としてるのを
皮肉って、現憲法第一条の「総意してる日本国民」の中に含まれない外人さんだね、
って言ってるの。
憲法の「日本国民の総意に基ずく」と明確に表記されているのも当然「実態」と
解釈すべきだからね

317 :316訂正:03/11/30 01:01 ID:nyaVXAQs

>>217>>271

318 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:07 ID:+IU93mN1
>>313
法律上の日本国民は憲法によって,法のもとの平等を保障されているのは気のせいだったのか…
思想信条の自由てのも気のせいなんだな…

判例があるらしいし…

319 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:09 ID:6m2TOsyb
>>313
憲法に従わない奴なんてたくさんいるよな...

320 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:13 ID:G//0f3ti
>>318

良く読め!

「社会的地位を与えないとか、そういう事だけどね。 」

こう書き込みしてるだろうが。

オマエ、日本人なのかな?

321 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:26 ID:6m2TOsyb
すげぇ判例の読み方だな。

どうせ三菱樹脂なんだろうが..

「オマエ日本人なのかな」

なんていうか大丈夫かい?

322 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:30 ID:+IU93mN1
>>320
判例があるとかいうくらいなんだから,法律的に
> 「社会的地位を与えないとか、そういう事だけどね。 」
という主張なんだろう?

で,それは
思想信条の自由や法のもとの平等に反するんじゃないか?てのは自然な疑問だと思うが.

つーか,おまいさん,自分の書き込みの意味を理解しているか?


323 :朝まで名無しさん:03/11/30 01:32 ID:6m2TOsyb
入社の時に共産党員かどうか尋ねて、ハネタって事件だよ。
違法性がないってことになった。

324 :朝まで名無しさん:03/11/30 02:34 ID:+IU93mN1
>>323
Thx!

私企業がどんな基準で社員を採用しようと,それは採用権の裁量の範囲という判断はそれなりに納得できます罠.
で,それが,!氏の頭の中で妄想変換されて
> ここで言う「一条」の読み方は「憲法に従わない人間」は社会的に排斥出来るって
ことになってしまったのか…

はぁ…

325 :朝まで名無しさん:03/11/30 03:28 ID:vQm+HM0c
共産党員じゃなくて学生運動をしてたからはねたんだろ。

326 :朝まで名無しさん:03/11/30 05:03 ID:d3y7gysg
そんな奴がどの面さげて就職活動してたのだろう

327 ::03/11/30 05:03 ID:G//0f3ti
>>324
オマエ、馬鹿だから公務員における憲法遵守義務とか知らないみたいだな。

んで、私企業がハネたりするのを社会的排斥と言ってるのだが。(笑)



328 :朝まで名無しさん:03/11/30 05:25 ID:vQm+HM0c
>>327
一私企業が採用の裁量を行うことが「社会的排斥」だって?
1128のバカさかげんはどこからくるのだろう。
そうすると最近の就職できない大卒新卒者は「社会的排斥」を
受けていると言うことなんだな。(激笑


329 : :03/11/30 05:45 ID:zgfzPKYJ
共産主義は、29条財産権を犯すおそれがあるので、違憲の可能性が高い。
共産党を違憲合法論で、説明する人もいる。



330 :名無し:03/11/30 10:21 ID:g8PZ1DPV
大東亜戦争はソ連が仕組んだ国際謀略戦争だ。支那の国民党軍閥に金を
やって日本を攻撃させ、米国ルーズベルト政権に入り込んで日本を攻撃させた。
21世紀になり大東亜戦争は自衛戦争であることが分かった。昭和天皇は
民族の危機を戦った名君である。日本は一度は敗れたとはいえ復興し、
元凶のソ連は滅亡している。日本が勝ったのである。


331 :朝まで名無しさん:03/11/30 10:28 ID:Bmg3tmY/
>>328
恐らく1128は戦後のドイツ基本法とかとゴッチャにしていると思われ。
何故そうなったかは、「某スレッドの使える発言」を咀嚼せずにパクった
結果であるのはミエミエであるわけだが(w
まあ、賢く成ろうとする努力はしているようだから、なま暖かい目で
見守ってやる必要もあるかと思うが、
相変わらず、馬鹿だの無知だの、自分を棚に上げて喚き散らす癖ってのは
何とかならんものか。


332 :朝まで名無しさん:03/11/30 10:53 ID:Bmg3tmY/
>>316
帝国憲法下の天皇に政治責任があるとする意見は、別に文面の言葉尻
を捕らえて、揚げ足をとっているわけじゃないよん。
帝国憲法下では天皇は実際に広い範囲の権能を有したいたし、政治・軍事
に関して大きな影響力を持っていたのは誰もが認めるところだ。
上の体制下において、如何に当人が英国流立憲君主を気取ったとしても、我が国の
憲法が英国の慣習法における、それでない以上、無意味であろうということ。
つまり「立憲君主だから責任がない」っつーのは、言い分として通用せんだろう
と思うわけね。
現実的にみて、天皇に事態収拾をする能力が、無かったとする「同情論」っつーの
はある程度、成立するとは思うが。

333 :朝まで名無しさん:03/11/30 11:18 ID:++OsqLcG
「立憲君主だから責任がない」んじゃなくて「立憲君主は責任を問われない」んだよ。

334 :朝まで名無しさん:03/11/30 11:53 ID:VxLvEsEo
そんな無責任な人に統帥権を与えてた体制って怖〜

335 :朝まで名無しさん:03/11/30 11:56 ID:8FxdfNvu
大日本帝国憲法下の日本ってアジア唯一の近代国家で、欧米と対等に口きける唯一の国家だったのだから、その体制を否定するためには明治維新後すべてを否定しないと
いつごろにどんな原因で変質してきたか、という視点が必要だとおもわれ

336 :朝まで名無しさん:03/11/30 12:01 ID:d3y7gysg
>>334
軍のトップに統帥権を与えないためでしょう。

337 :朝まで名無しさん:03/11/30 12:44 ID:Japt6s+K
さきの大戦で勝ってたら精一杯マンセーしてやったのに

338 :朝まで名無しさん:03/11/30 12:55 ID:3gNEe3f+
>>337
してやった、ってか、したくなくてももさせられちゃうでしょ?
戦争に勝ってたら神格化はもっとすごくなっただろうから、今の北朝鮮みたいになってたかもよ。w

339 :朝まで名無しさん:03/11/30 13:44 ID:+IU93mN1
>>335
大正から昭和の始め,226の頃までは美濃部の国家法人説が定説として広く認められてたはず.
公務員試験でも取り上げられていたくらいだから.

国家法人説に従えば,君主無答責は当然だよね.


340 :朝まで名無しさん:03/11/30 13:46 ID:VxLvEsEo
天皇の写真を火事で焼いちゃっただけで切腹ものだからなあ。
確かに北朝鮮と変わらないね。

341 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:03 ID:SutkfRTL
>>334
逆だぞ
現実には決定権がないから無答責なんだ
>>340
全然違う.
北朝鮮 ジョンイルの指示でやってる
日本   下々のものが勝手にやってる

342 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:13 ID:i6p4JFff

>現実には決定権がないから無答責なんだ

 なんかヤクザの親玉みたいなこといってるな(藁

343 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:24 ID:dZnkacu2
>>335
>いつごろにどんな原因で変質してきたか、という視点が必要
 DQNの情状酌量求める弁護みたい。
「幼い頃は良い子だった、しかし、その後の離婚・貧困により・・・」てのと同じ。
>>339
>国家法人説に従えば,
 否定したんだろ。何で「従うんだよ」。


344 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:38 ID:cKmHEWNV
大日本帝国憲法第55条を根拠とした輔弼機関答責論には一定の理解をする(政策決定に関しては大臣の副署が必要であり、大臣が責任を持ち天皇は無答責である)が、
しかし、統帥権は独立しており、軍令機関の長(陸軍参謀総長・海軍軍令部長)には最高軍事命令を下す権限はなかったし、天皇が発する軍事命令に副署しなければ命令が有効にならない訳ではないから、これらを同列には語れない。
したがって「現実的には決定権がなかったから無答責」には同意しかねる。
むしろ軍令に関しては「天皇にしか最終決定権がなかった。」

天皇が全てにおいて無答責であったのは大日本帝国憲法第3条を根拠とすると考える。
「神聖ニシテ侵ス」事ができない地位にあったから責任を問えないのである。


345 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:48 ID:VxLvEsEo
昭和天皇は国民にとは言わずせめて自分で自分自身に責任を問うという考えはなかったのかな。
法律論以前にそういう考えがなかったとしたら本当のクズだ。

346 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:50 ID:iecKuIGl
「法律でそうかいてあるから」という言い訳しかできないなんて
君主としてより人間として最低だね

347 :朝まで名無しさん:03/11/30 15:52 ID:9zn25j7b
>>345
責任者としての自覚がなければ、マッカーサーとの会談で
「私は戦争を遂行するにあたって、日本国民が政治、軍事両面で行った全ての決定と
行動に対して責任を負うべき唯一人の者として、私自身をあなたが代表する連合国の
裁定に委ねるために、ここに来ました」
とは言えないだろうな。

348 :朝まで名無しさん:03/11/30 16:11 ID:VxLvEsEo
昭和天皇は行動として責任をとっていない。
国民に謝罪らしき謝罪をしていない。
マッカーサーとの会談は新たな支配者に保身のため媚を売っただけ。
占領軍も天皇の利用価値を知っていたから(対共産のため)あえて
天皇の罪を問わなかった。
まあ、そんな天皇でも許しちゃう国民もどうかしているが、それだけ
教育で強くすり込まれたってことだね。北朝鮮と同じで。

349 :朝まで名無しさん:03/11/30 16:14 ID:RiIbG5Ow
中傷レスばっかしてる香具師が浮いてるな

350 :朝まで名無しさん:03/11/30 16:18 ID:9zn25j7b
>>348
>マッカーサーとの会談は新たな支配者に保身のため媚を売っただけ。
それは君の主観でしょ。実証できる意見ではないね。
>まあ、そんな天皇でも許しちゃう国民もどうかしているが、
それが日本人の精神構造でもある。これは否定できないでしょ。

351 :朝まで名無しさん:03/11/30 18:16 ID:B8NirxEY
昭和の天ちゃん最大のグッドジョブは
マッカーサーを猿芝居で丸め込み、日本に対する温情的処置を
引き出した点にあると思うのだがどうか。

352 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:04 ID:Iueh3LJu
>>351

マックは米穀政府の方針に従っていただけ

353 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:30 ID:nJ/AL81I
昭和天皇の功績=玉音放送
と俺は思っている。
もし、彼がこれをださなかったらレジスタンスがおきてたと思うから。

少なくとも俺の祖父が米軍へのテロに走らなかったのは
昭和天皇の影響が大きい。

354 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:35 ID:KTGV8/6R
昭和天皇はなぜそんなに国民に愛されたの?

355 :朝まで名無しさん:03/11/30 21:02 ID:Japt6s+K
やっぱヤクザの親玉か・・・

356 :朝まで名無しさん:03/11/30 21:07 ID:VxLvEsEo
>>354
昭和の人は昭和天皇に自分達の人生を投影したからだと思う。
戦争の苦難と復興・発展の歴史が昭和天皇の青年〜壮年〜老年期に重なって、
自分たちと同じ苦労を天皇もしているんだという「錯覚」にとらわれたのだろう。

357 :朝まで名無しさん:03/11/30 21:35 ID:vQm+HM0c
所詮征服者に対してレジスタンスを起こすほど自立心ないからなあ。

358 :朝まで名無しさん:03/11/30 22:40 ID:aGSzZWKd
で、ぶっちゃけ昭和天皇に「恨(ハン)」の民族意識を燃やしてる粘着は
在日なんでしょ?
終戦時酷い目にあったからってこの世にいないスターリンをネットで中傷、なんて
虚しいことする日本人はいないわけだしw

359 ::03/11/30 22:59 ID:G//0f3ti
>>358
(大笑)

360 :朝まで名無しさん:03/11/30 23:15 ID:Hw868nu8
>>352
マックは米穀政府の天皇処罰方針に逆らっただけ

361 :朝まで名無しさん:03/11/30 23:19 ID:SutkfRTL
>>344
陸軍大臣か海軍大臣が副署するはずでは

362 :朝まで名無しさん:03/11/30 23:46 ID:tOdteRqi
>>361
軍事命令、例えば大陸命とか大海令は陸軍参謀総長、海軍軍令部総長の名前で出されたよ。
言うまでもなく軍の作戦指揮系統は政府から独立してるんだから作戦命令に大臣の副書はないでしょ。
軍の最高指揮権を持つのは天皇で陸軍参謀総長、海軍軍令部総長には最高命令を下す権限はないし、大日本帝国憲法55条は「国務大臣の」補弼責任を定めたもので陸軍参謀総長、海軍軍令部総長については何ら定めてないよ。
だから55条・補弼機関答責論を根拠に天皇無答責は成り立たないって事です。

363 :朝まで名無しさん:03/12/01 00:30 ID:5L1n3xMD
天皇が特に署名した命令が「奉勅命令」ってことか.

364 :朝まで名無しさん:03/12/01 00:40 ID:YSsQdA5Q
原爆については米国の大統領が悪い。
終戦が長引いたのは米大統領が天皇制存続を認めなかったから。
米国議会では天皇制存続は決まっていたのに、大統領が独断で天皇制存続の部分を削除。

でも原爆投下後はすんなり天皇制存続認めてる。
実験+ソ連への威嚇の為に、原爆を投下した。

マッカーサーのあほな部分は満洲の重要性が分かっていなかったことかな。
日本が満洲をほぼ無傷で手放したばっかりに、戦後、朝鮮戦争で中国軍が満洲から大量の援軍を送ってきた。
満洲は第2のアメリカと言われるほどの経済成長を遂げていたからな。
もし、日本が満洲の統治を暫定的にでも続け、ソ連に米国と協力して抵抗していれば、今は北朝鮮は存在して
いなかったかもしれん。
それどころかソ連は恐らく潰れていただろう。
冷戦も起こらなかったはずだし、共産主義の拡散による大量虐殺すら起こらなかったはずだ。

まぁ歴史にもしはだめなんだろうけどね。

365 :朝まで名無しさん:03/12/01 01:09 ID:Rv6dghLr
後から歴史を学んだ我々は、例えば不利な条件であっても早期に降伏するべきだったと言えますが、
昭和20年8月5日に明日広島に原爆が投下される事を知っていた日本人は昭和天皇を含めておそらく一人もいなかったという事を理解しなくてはいけないのではないでしょうか。
昭和天皇の「一矢報いてより有利な条件で講和」という方針が間違いだったと言う事は今日では簡単ですが、神の身ならぬ(w昭和天皇にできる選択はそれしかなかったのかもしれません。

我々ができる事は過去から学び、それを未来に役立てる事ではないでしょうか。

366 :朝まで名無しさん:03/12/01 01:17 ID:KRKBSaHY
>>362
>軍事命令、例えば大陸命とか大海令は陸軍参謀総長、海軍軍令部総長の名前で出されたよ。
じゃあそれは今で言う省令とか通達などと同じで,天皇が関与していないものなのであって,天皇の責任を問うこと自体が
ナンセンスということにならないか?

367 :朝まで名無しさん:03/12/01 01:42 ID:Rv6dghLr
>>366
軍の最高指揮官は天皇で、政務における国務大臣のように他に最終的に責任を取る人がいないんだから、問題によっては天皇に責任があるという事になるのでは?
現在で言えば自衛隊の幕僚長が発した命令でも最終責任は内閣総理大臣にあるんじゃないですか?
天皇の場合は神聖条項があるから責任を問えないと思いますけど。

368 :朝まで名無しさん:03/12/01 01:53 ID:i55VuJnY
法的責任、政治的責任は発生しない。

時々「アホ面な上、本当にアホだ」と死んだ奴に向かって言うのみ。


369 :朝まで名無しさん:03/12/01 21:34 ID:W+1Zcfzd
>>366
横レスだが、
大陸令、大海令は奉勅命令であって、天皇の命令。
伝達者として、参謀総長や、軍令部総長の名前が出される。
>>362を良く読め、
>軍の最高指揮権を持つのは天皇で陸軍参謀総長、海軍軍令部総長には最高命令を
>下す権限はない

この場合の奉勅命令は、天皇が伝達者である参謀総長・軍令部総長の起案したものを
裁可した形。
226事件の時は、これが天皇自身の考えによって発せられたわけだ。

補弼責任を負う、陸・海軍大臣は、海軍省・陸軍省のTOPであるが、これらは人事・予算
編成等、限られた面での発言権しかなく、その範囲において補弼するのみ。

370 :朝まで名無しさん:03/12/01 22:51 ID:KRKBSaHY
>>367
>政務における国務大臣のように他に最終的に責任を取る人がいないんだから、
>問題によっては天皇に責任があるという事になるのでは?
そういう風に時と場合によって好き勝手に責任者にできるのが変だと思うのよ

>現在で言えば自衛隊の幕僚長が発した命令でも最終責任は内閣総理大臣にあるんじゃないですか?
それは,幕僚長の命令は総理大臣の命令に従って出されたものだからだろ.法律→施行令→施行規則 みたいな感じで
そうでないなら,幕僚長が勝手に出した命令ということか.監督責任は問われるだろうが,天皇に任命権や監督義務があるとするのは
無理だろ.

>>369
結局,副署の制度が無かっただけなのでしょ?

>最高命令を下す権限はない
建前にすぎないものだ.


>補弼責任を負う、陸・海軍大臣は、海軍省・陸軍省のTOPであるが、これらは人事・予算
>編成等、限られた面での発言権しかなく、その
今の常識から言えば,人事と予算編成というのは巨大な力なのだが,当時は違ったのかな.


371 :朝まで名無しさん:03/12/03 15:53 ID:UqPLuL9h
>>365
核攻撃数日前、米軍機から「近日中に新型爆弾による攻撃を行なう、一般市民は避難せよ」との宣伝ビラが広島市内に撒かれたそうですが。

372 :朝まで名無しさん:03/12/17 20:33 ID:P7BCQX9D
>>371

ソースを求めたい。
そして、その発言は原爆被害者を貶めてると言う事にも気付いてほしい。

373 :朝まで名無しさん:03/12/18 10:46 ID:RZrwFB+d
>>372
はじめから貶めるつもりで発言してる人に、そういうこと言っても・・・・

374 :朝まで名無しさん:03/12/18 12:14 ID:u9PDGx7j
大君の祖先は朝鮮人

375 :朝まで名無しさん:03/12/18 17:09 ID:UiO31SHZ
迷君の祖先は暴力団のボス

376 :朝まで名無しさん:03/12/18 18:43 ID:YxWcbhib
祖先は自分から先の未来。
先祖は自分までの過去。

377 :朝まで名無しさん:03/12/18 21:44 ID:G4l4PLoC
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

378 :朝まで名無しさん:03/12/20 12:10 ID:yyFqgknd
名君も何も直接政治なんてしてないじゃないか・・・・

379 :朝まで名無しさん:03/12/23 18:54 ID:a331dos2
>>378
2回やった

380 :朝まで名無しさん:03/12/25 06:32 ID:ThE1Uyiq
>>378
統帥大権(軍事権限)は昭和天皇に直属していて、昭和天皇の允裁が必要
で、昭和天皇の発言で作戦が変更されたこともあった。
ので、戦争指揮はある程度関わっている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4406022856/qid=1072301473/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-4891459-0776206


381 :朝まで名無しさん:03/12/25 15:10 ID:K99LRC8C
内奏に対しての質問はした。
上奏に対しての拒絶はしなかった。

382 :朝まで名無しさん:03/12/25 16:23 ID:vGiN92Rb
>>381
沈黙をもって拒絶する、という慣習があったんじゃなかったっけ?

383 :朝まで名無しさん:03/12/25 17:41 ID:VcUX5IwG
気に入らない意見は机の中にしまい込んだ。

384 :朝まで名無しさん:03/12/25 19:08 ID:K99LRC8C
それはどっちも内奏。

385 :朝まで名無しさん:03/12/25 20:50 ID:VcUX5IwG
天皇は、「閣議で決定した案は意に満ちても満たなくても裁可した。故に立憲君主
であった」といいます。

しかしそれにはからくりがありました。
政府は国会に提出する案を作ると先づ天皇に報告しました。大本営が作戦計画をた
てた場合も同じです。これを内奏といいます。

天皇は内奏の時、細部にわたって質問し、意見をいい、政府も大本営も天皇が納得
するまで案を練り直して、国会や大本営政府連絡会議に提出しました。
従って国会や大本営政府連絡会議で可決された案を天皇が裁可を拒否する筈はなか
ったのです。

天皇は「開戦は閣議の決定」といいますが、開戦は憲法に規定もない、大本営政府
連絡会の天皇が出席した御前会議で決定しているのです。
又、天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績
は自分にある」といい、自分が憲法に定められた政治的、軍事的絶対者であり、陸
海軍大元帥(最高司令官)として軍事作戦に関しては天皇の統帥権によって内閣に
も国会にも干渉を許さなかったことや、天皇が絶対権者ということを意識して行動
していたことは覆いかくしています。


386 :朝まで名無しさん:03/12/25 21:33 ID:K99LRC8C
>政府も大本営も天皇が納得するまで案を練り直して
はうそ
>天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績は自分にある」といい
はうそ
>自分が憲法に定められた政治的、軍事的絶対者であり、陸海軍大元帥(最高司令官)として
はうそ
>軍事作戦に関しては天皇の統帥権によって内閣にも国会にも干渉を許さなかったことや、
>天皇が絶対権者ということを意識して行動していたことは覆いかくしています。
はうそ

0点だな。高一以上でこれを書いてんだとしたら救いようがない。

387 :朝まで名無しさん:03/12/26 04:43 ID:9J9QXnSJ
>>386
嘘だと断定する根拠を明示せよ。

>>385の書き込みの根拠は>>380のリンク先にあるが。
>>385とオレは別人だが。

388 :偉大なるドン様は何がなんでも偉大:03/12/26 10:58 ID:7coASx04
>>386
はうそ

389 :朝まで名無しさん:03/12/26 16:31 ID:4k3bjf+7
>>385
>従って国会や大本営政府連絡会議で可決された案を天皇が裁可を拒否する筈はなか
>ったのです。
国会と連絡会議でいくらでも修正されるはずだろ。
否決されるかもしれない。
修正案を裁可し、否決に納得した説明にならないのだが

390 :朝まで名無しさん:03/12/26 18:02 ID:hezP7nkV
>>387
反論されるのが怖くて別人装うくらいなら書き込むなよ。

391 :朝まで名無しさん:03/12/26 18:53 ID:gx8lcNmD
オマイら木戸幸一日記くらいは読んでるんだろうな?

392 :朝まで名無しさん:03/12/26 18:55 ID:gx8lcNmD
4k3bjf+7 hezP7nkV 思い込みだけじゃねえ・・・

とりあえず木戸幸一日記を読め。


393 :朝まで名無しさん:03/12/26 19:27 ID:8Fw/uiNq















天皇スレって禁止じゃねえのか?

















394 : :03/12/26 19:27 ID:8Fw/uiNq

































395 : :03/12/26 19:28 ID:8Fw/uiNq






























禁止だろ


396 : :03/12/26 19:29 ID:8Fw/uiNq






























そうだよな


397 :朝まで名無しさん:03/12/27 09:32 ID:vO/rn/IC
ここにも、基地外出没 → 8Fw/uiNq





398 :えICBM:03/12/28 18:46 ID:BX7zmjn7
肯定的なスレでも荒らすか。

399 :朝まで名無しさん:03/12/28 22:54 ID:qostUXuY
何分、知能が足らないもんで。

400 :朝まで名無しさん:03/12/29 18:41 ID:ctc6TfAc
ここも手動で荒らしているのか( ´,_ゝ`)プッ

401 :朝まで名無しさん:03/12/29 21:36 ID:2IwFfoEA
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

402 :朝まで名無しさん:03/12/30 19:55 ID:ojdwKte+
天皇陛下を侮辱する連中は国辱!

403 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:06 ID:zjXvIHc3

     /  SUGAMO PRISON        .\
 \ /                          \ /
   \      ___________     . /
    \   ./       ll         \   /
     | \/        ll          \/..|
     |  |         ○||○   アッソ    ..|  |
     |  |        ( / ⌒ヽ          .|  |
  .._ |_|         | |   |          .|_|_..
     |  |   ヒロヒトよ・・・ 逝こうか・・・    . .|  |
     |  |         ∪ / ノ          ..|  |
     |  |          | ||          .|  |
     |  |          | ||          .|  |
     |  |          ∪∪          |  |
     |  |/                   .\|  |
     |  |                       |  |
   .._|/|      _ _ _ _ _ _ _ _     ..|\|_
  / ..|  |   _−_−_−_−_− _   |  |  \
     |  |/_/━ ━ ━ ━ ━ ━\_\|  |
   .._| /_/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_/━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\



404 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:06 ID:zjXvIHc3

============================
|| 燃 え る ゴ ミ 水・土 .. ||
|| 分  別  ゴ ミ....火・金. . ||
|| 戦争に負ける天皇 月    .||
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ∫
     wwwww
 ∫   \ /   ∫
     /⌒\
    / ○-○。 \  ダダダ!ダシテクレーーー!!
  /(ヽ(* π)・゜゚\
 (   ヽ;.' ;::つ   )
 (  〜O;;*;;つ   )
  ^~^~^~^~^~^~~^~~



405 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:07 ID:zjXvIHc3

  ____  陛下!部落民虐殺の後の別府温泉はいかがですか? ((      ⌒)
   ヽ=o= /  ヽ=o= /         ((
  ( ・∀・)  ( ´∀`)       ⌒Y⌒)`           ⌒)´      別府的が浜部落焼討
  ( 憲兵)  ( 憲兵)    ⌒  )`   (:;('  (( ))  `(⌒    ⌒)`    =日本のネロ
  │ │ │   ) ) )      ⌒  ⌒);;:  ⌒  (ノノ    ⌒    ⌒
  (__)_)  (__)_)     ⌒ )`      ⌒        ⌒ ´⌒;:`)  )` ⌒)  ___
"""""""""""""`ヘ、__,へ、   (⌒   `(⌒  )`   ⌒)  (⌒・⌒   . ⌒     ,-ー'´
               ゙i    (;;ノ,ノ   ⌒)⌒  ;:)´⌒    ´(⌒  ⌒  (´;:  /
                `ヾ ⌒) `    ⌒  ⌒)⌒` (´ (  ⌒⌒   ,-ー、  ,i"
                  ゞ,.  ⌒)`      ⌒)` ;;ノ ⌒  )、 ⌒ _,イ⌒ ´ノ ぐつぐつ
                   `i ⌒;)  ⌒(⌒`  (`⌒∴⌒(`  ⌒ )ノ ノ;;´⌒l
                   ) 。 .  ⌒);;、`(;; 从◎-◎,イ)∧人 ウギャァアアアア!!!!
                   !,〜、_,へ・゚、。_,、。,.;ヾ;(ヽ(π*)`从:;,〜^ヾ、・,.,.,へ,!
             ぐつぐつ l;;;;;;;;;;;;0;;;;;。;;;;;;;;;。;;;o;;;;;~;゚;;:;;,;;;;;。~~;;;;;.;;・;;;;;;;;。;;;;;;;;/
                    !;;;;;;;;゚;;;;;;;;・;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;‘;;;;;;;;;゚;;;;;;;゚;;;;;;;;;,;;;;。;;";;;;;;;!



406 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:07 ID:zjXvIHc3

             . /| ̄ ̄ ̄|
               |  |      |
               |  |      |
    ______|_|  __|______
 ....../| ⊂ヽ__    ○−○ _,, -'つ|
  .|  |   ゙ー-- 二二 ̄; π )二-- '' ~  .|
  .|  |_______゙ヽ    /._____|
  .|/______/| i A   /______/
            |  | | 級 .i
            |  | / 戦  |   |\________
            |  | i 犯 , .|  /
            |  | |  |  | .| トホホ・・・・
            |  | .|  .| .|  .\________
            |  | |  i .ノ
            |  | / イ/..|
            |  | | // |
            |  | | .|/......|
            |  |( i  .|
       .____|  |i し   |__
     |\.      |  |し'    |   \
     |  \   .\.|_____|     \
     |   \              .\



407 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:07 ID:zjXvIHc3
陛下!いまこそ赤軍を叩くときです いやいや、仏印を占領すべきです!
       ∨              ∨
      ∧_∧ ドーデモイイヨ∩_∩
     ( ・∀・) ○=○ (・∀・ )
     (    つ(  π;)⊂   ノつ
     / ∧ ヽ (⊃ ⊂) 人  ヽ
     (_ノ(__) (__)__) し'(__)
  北 進 だ!!       南進に決まってるだろ!!
       ∨  ギューーーッ    ∨
      ∧_∧         ∩_∩
     ( ;・∀・) ○=○  (・∀・; )
     (    つ<; π>⊂   ノつ
     / ∧ ヽ (⊃ ⊂)  人  ヽ
     (_ノ(__) (__)__)   し'(__)
          ヤメロ!"チョンノウヘイカ"ニナッテシマウ・・・
 満州に逝ってヨシ!    石油資源、ウマー
       ∨ ギュギューーーッ   ∨
    ∧_∧         ∩_∩
   (・∀・; ) ○=○  (・∀・; )
   (    つ<; π >⊂   ノつ
   ( (\ \⊂(  )⊃  人  ヽ
   (_ノ(__)(__) (__)  し'(__)
      オマエラ、アラヒトガミヲ・・・
   アーーーーーーーーーー!!!?
  ∧_∧    グシャ      ∩_∩
煤i ;・∀・) ○,':  .': ':ヽ@煤i・∀・; )
 (    つ<;゜π.';: .': ':;゜;>⊂   ノつ
 ( (\ \⊂( .':. .':  )⊃  人  ヽ
 (_ノ(__)(__)':': ;':*(__)   し'(__)
         ・・・・・!?


408 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:08 ID:zjXvIHc3
  ∧_∧  カタカタ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (    )  ○=○ < 「日本はアジアの解放者」・・・っと
 (    )  (,, π )  \____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (つ_つ__
 ̄ ̄ ̄日∇ ̄\| BIBLO |\
        ̄   =======  \

| ほう、ついに言質に窮して開き直りですか?

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ・∀・)  ○=○ <  し、失敬な!!
 (  ⊃ )  ( π ;)  \____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (つ_つ__
 ̄ ̄ ̄日∇ ̄\| BIBLO |\
        ̄   =======  \

| どうせなら、恩恵を受けているはずのアジア各国で
\                  言ってきたらどうです?同じことを、
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (  ・∀)  ○=○ <    ふ、ふふふ不敬なことを申すな!!
 (     )  ( π ;)   \____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (つ_つ__
 ̄ ̄ ̄日∇ ̄\| BIBLO |\
        ̄   =======  \



409 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:08 ID:zjXvIHc3
 極東軍事法廷から逃げ切ったぞ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ○=○   )      (´⌒(´
  ⊂( π ⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
           ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


   |      !
   |                      (´´
   |       ○=○   )       (´⌒(´
   人    ⊂( π ⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
  (  )      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (´⌒(´⌒;; ̄ ̄
    ̄       |  ズザーーーーーッ
           |

          /
       /
        /  天皇恢々、粗にして漏らさず
    ○/○
   ( / ⌒ヽ       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    //|   |        |
   U / / ノ        |
    ノ ノ ノ          |
   .(_/_/           .|



410 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:09 ID:zjXvIHc3

                 ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | / __-- ̄
      ---------------------------------  ☆← 昭和天皇
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         イ
                     ∧ ∧    / / |  \   イ
                    (   )  /  ./  |    \ /
                 _ /    )/   /  |     /|
                 ぅ/ /   //    /   |    / ,|
                ノ  ,/   /'    /    |│ /|
 _____      ,./ //    |     /   .─┼─ |
(_____二二二二)  ノ ( (.  |    / ┼┐─┼─
              ^^^'  ヽ, |  |   /.  ││  .│
                    |  |
                   ,,/  ,ノ  ∧、∧、∧、∧、∧、∧、∧、∧、∧
                  /  /| <
                  /  / | < オマエが「生きて辱めを受けず」の
                 ,/  / | <、  手本になってみろ!!!!!!
                 \__つ )  ∨^∨^∨^∨^∨^∨^∨^∨^∨^∨



411 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:09 ID:zjXvIHc3

                    /⌒\
                    (    )
                    |神  |
 <タヘガタキヲタヘ          |國  |
    シノビガタキヲシノビ・・・・・・   |●  |
                    |日  |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |本  | <  戦争に負けちゃったよぉ〜
                    (∀;  )   \_____________
                   _ノ_ノ´ ./
                   ( (´ ろ
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /⌒ ────── 、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /   .            ヽ  <   陛下に敬礼!!
        (   ,,ノ_____/ノ  丿    \_____________
                       υυ(´ ろ
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /⌒ ────── 、
  目 ホウソウデキネー  .   ;        ヽ
  |  ′ ⌒ ;○=○,,ノ_____/ノ  丿
  | UU⌒⊂( ; π )つ      υυ(´ ろ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
|   ・・・とりあえずちんちんどけろ



412 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:10 ID:zjXvIHc3

        /■\
       (´∀` )<天皇陛下マンセー!
     ((⊂   と)
  グリグリ(⌒   /
   ○(_)ゝ ノノノ
 ⊂(;π  )つ_) <こんなに臣民に親しまれてる朕って…


413 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:10 ID:zjXvIHc3

イキテリョシュウノハズカシメヲ     |ウラー、ハラーショ、,,,,,,,,,,,,,、 ≡ 三 ≡ ≡
   \| . ウケタイデス     |      ≡、__)★__ノ_,, ≡ ≡ 二 三
ヽ、 i |i.. ドガッ!      |   /^^ヾ、(・∀・ ) ≡ = 三 ≡ 三
 l| | i|   ドガッ! ベキ!  |  / ゚ _,-ー⊂  ) ,,,、, ≡ ≡ 三 こんな野蛮人と
   |    ||バキ!       |  (,,/ヾ  `''(⌒__ノ''  )ミ、 ○-○中立条約結ぶん
  l|| l|i | ,,  グシャ!     ∧∧∧∧ノノ`ー`J--´)\ \( π(;;:)、    、;´じゃなかった
 ‘、|l  |・i/   ○-○   <    A >\;(⌒//,'(⌒(⊂`));;,;,,,,';;;;,'⌒つ,´(⌒;
,-・i |゚;・li。i,・'(  π ;)つ< 予 級. >.  ` ;´(⌒  ・´(⌒;, "゙` ´(⌒
――――――――――- < 感 戦. > ―――――――――――――――
   .∫○-○  ∫∫.    <  ! ! 犯. > 日本はアジア解放…  ウリナラの国来て言うニダ   
∬ (  π;)∬ タスケテクレ!<    の >      ○-○ ≡ ≡    ∧_∧
..├────┤           ∨∨∨∨  \   ( π(;;;:)";;;`,;:,'○三<`∀´ >
[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]      /  ○-○   \ ⊂    )";' ;    \  O)
 | ̄裕仁 ̄ ̄| グツグツ /ピュ.ー(  π  ) /||\ \ \ \     く <\\
 \____/    /     ~~・:・:..スパ  \(__)_)     (_) (_)
.┏从从从从┓  ./         / =〔~御召 ̄〕\
.┃从从从从┃ ./         ||   = ◎――◎  \


414 :朝まで名無しさん:03/12/30 20:11 ID:DFuXhnoM
てんころ逝ってヨシ!!!







415 :朝まで名無しさん:03/12/30 23:27 ID:RJk5MXji
愉快なテンコロAAが沢山ありまつね(w



416 :朝まで名無しさん:03/12/30 23:28 ID:iWKjids1
http://123456789.jp

不倫疑惑

417 :朝まで名無しさん:03/12/31 01:01 ID:Fpboex+T
ほとんど死者が出て居ないのに、国民を哀れんで勝手に敵国に
降参してしまった昭和天皇、
515事件での恩赦もそうだけど、ただ優しいだけの君主が
名君であるのか、俺にはわからないな。


418 :朝まで名無しさん:03/12/31 01:14 ID:oysrVR81
>>417
> ほとんど死者が出て居ない
何の話だ?

419 :朝まで名無しさん:03/12/31 01:17 ID:YfzLPMYh
早く治安維持法を復活しなくてはならない

420 :朝まで名無しさん:03/12/31 01:20 ID:HIvZkC7g
>>419
まずはお前を死刑にしなくてはならない。


421 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)