5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文学】村上春樹の『海辺のカフカ』は傑作か?

1 :レコバφ ★:02/10/16 23:02 ID:???
「あれ読んだ?」。文芸書の感想を聞くのがあいさつがわりになるのは
久々のことだ。村上春樹の長編『海辺のカフカ』(新潮社)が話題を
さらっている。現在、上下巻合わせて58万部のベストセラーとなった。
期間限定で開かれたインターネットのサイトへは、ひと月で4000通
もの感想が寄せられている。

 村上作品には珍しく、主人公は少年。15歳の誕生日の前夜、二度と
戻らぬ決意で旅に出た少年の物語と、少年期に特異な体験をした風変わりな
初老の男性の旅が、交互に紡がれ進んでいく。この話題作を、文芸評論家の
加藤典洋さん、評論家の坪内祐三さん、社会学者の宮台真司さんは
どう読んだか。
◆世界文学水準で圧倒的―加藤典洋さん(中略)
◆あまりに文章巧すぎて―坪内祐三さん(中略)
◆説得力を欠く現実回帰―宮台真司さん(以下略)
※以上記事引用しました。全文はリンク先参照して下さい
http://www.asahi.com/culture/book/K2002101600894.html
関連スレ
村上春樹ぱーと6
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1033312225/
村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1032618193/
■ノーベル獲りへ 春樹新作「海辺のカフカ」
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1029734583/
海辺のカフカ ネタばれOK!で
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1031910315/

2 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:02 ID:wB2XGPI/
まあ2だな

3 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:03 ID:VEPzV0ce
シラネーヨ

4 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:03 ID:S9UVu60/
<丶`∀´>

5 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:03 ID:hEoDJr63
宮台真司ってだれ?

6 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:03 ID:mHd6QzIf
>宮台真司

笑うところ

7 : :02/10/16 23:03 ID:HuUPv4UV
まだ生きてたのか村上。
オウムに関係してから読まなくなったんだが。

8 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:03 ID:ngksiNZK
芸スポ向きだな。

9 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:Ea94EwqN
挿絵もない本なんか読めるか!

10 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:wjLZe6mb
受け狙い

11 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:yNwDBPsb
ノルウェーの小渕

12 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:XwrRO/s5
FF6にケフカっていたね。

13 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:gNHkz/IM
>>5

円光マンセー

14 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:04 ID:AaNzyBKF
村上春樹か…ここ久しく読んでないな。

15 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:05 ID:DwHJmqq0
>>5
都立大の準ハゲ

16 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:05 ID:VEPzV0ce
って1,600円の上巻と下巻は高いyo

17 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:05 ID:VEPzV0ce
>>9
エロ漫画でもオナニってろ

18 :ハードボイルダー:02/10/16 23:06 ID:59SQWkB5

っていうか、こいつの長編ってどれも結局似たようなモンなんだよな。
なんで人気あるかイマイチわからん。。。。


19 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:06 ID:2j0BKlaQ
村上春樹ってタルルート君ね

20 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:07 ID:hEoDJr63
ふーん、まあどうでもいい奴って事だけは分かったよ、ありがとう
しかし、文学作品に評論家や社会学者の意見なんかいらねえだろ

21 :窓際煙突男 ◆mL2ZRk1cK. :02/10/16 23:07 ID:7W2Q5vDn
(ノ*゜▽゜*)<結城細雨の作品は、傑作である事は間違いない。
       江美子萌え

22 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:07 ID:aFo5NNmK
『スプートニクの恋人』は面白かったわ。

現実と非現実が入り混じって。

23 :多分においおい:02/10/16 23:07 ID:vaxC4XyT

 海辺のフケか。


24 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:07 ID:ENQKi0tk
>>12
なつかしい・・ なんか登場の音楽とかあった気が

私は傑作でもなんでもないと思うけど
「スプートニク」よりはマシだけど、以前の作品の質には遠い
って、こんなのこの板で語らなくてもいいような・・・

25 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:07 ID:pGLLflP2
髭濃い

26 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:08 ID:Im5NJ5R0
村上春樹のすごさを数値化してくれ。

27 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:09 ID:aFo5NNmK
>>26
さぁ。でも感覚的な小説を書くよね。あけすけな表現なのにあんま下品な感じはしない。

今度時間があったら『ネジマキ鳥』を呼んでみるつもりや。

28 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:09 ID:vcMSdecR
>>26
すかうたーが壊れるくらい

29 : ◆fGI5xqa9kA :02/10/16 23:09 ID:Pl9v3o29
マーロウ気取りの勘違いとっつぁん坊や

30 :名無しさん:02/10/16 23:10 ID:n1mmwkDx
 
 自分は同じレベルの作品が書けないくせに
 知ったような口ぶりで批判ばかりする
 批評家ほど、恥かしい存在はない。

31 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:10 ID:zDC1iTmU
俺はダンス・ダンス・ダンス、国境の南太陽の西を読んで村上に激しく絶望した

32 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:11 ID:1jDapy+E
>>26
1年後、ブックオフの100円コーナーに山積みにされるくらい

33 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:11 ID:59SQWkB5
>>27

はっきりいってつまらんよ>ねじ巻き撮りクロニクル

最後奥さんは結局戻ってこないしね。
後味悪いよ

34 :毒雲:02/10/16 23:11 ID:543rb5bl
春樹名場面集

風の歌:ずれてしまったトレーシングぺー
ピンボール:振り返れば死は広大な敷地の
羊:十年て永遠みたいだと思わない?
ダンス:踊るんだよ
ノルウェイ:いずれ夕闇にの中に飲み込まれてしまうだろう

35 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:12 ID:aFo5NNmK
>>33
ネタばれすんなヽ(`Д´)ノ

読む気低下中。スプートニクは良かったナァ。エエ感じに終ったし。

36 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:12 ID:vcMSdecR
進路関係のAREABOOK(政治学がわかる、とか経済学がわかるとか)に、
「村上春樹がわかる」っていうのがあってひいた。

37 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:13 ID:VLRNlPUR
一晩で上下とも読んだので、詳しくはおぼえてないんだけど、
頭の中に覚えておきたい言葉がいっぱいあったのは確かだね。

そうなんだよ、そうなんだよな。ッテナカンジダナ。

38 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:13 ID:dgQSWb4m
この作家読んだことないんだけど、谷崎潤一郎や太宰と比べてどの程度?>>>

39 :ドリー:02/10/16 23:13 ID:L8rPkiZH
羊を巡る冒険の方が面白い。と思った

40 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆1P/gUGq3Wk :02/10/16 23:13 ID:cYXN0xRj
( ´D`)ノ<こいつの作品読むくらいなら浅田次郎の「民子」読んだ方が泣けるのれす。

41 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:14 ID:l0xsUkDf
正直、エッセイの方が面白い

42 :ドリー:02/10/16 23:14 ID:L8rPkiZH
しかし愛欲四輪駆動は笑った

43 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:14 ID:aFo5NNmK
>>40
浅田次郎は好きやないんよ…

44 :名無しさん:02/10/16 23:14 ID:yWM6C7Dd
村上、本気でノーベル賞を取りにきたな。

『アンダーグラウンド』からの積み重ねが(ノーベル賞は
文学性以外にも社会貢献などが必要)遂に実ってしまうのか?

45 :窓際公務員 ◆fikoUmIq72 :02/10/16 23:15 ID:/KCLfGiX
( ´D`)ノ<週刊朝日の書評でぼろくそ書かれてたのれす。

46 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:15 ID:l0xsUkDf
でも「世界の(中略)ランド」はマトリックスみたいで面白かった

47 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:15 ID:UJ3KHdOA
なんで、こんな板に立ってんの? 春樹スレ。

48 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:16 ID:s1DucEqB
このひと短編を長編に仕立て直したりするよね
「ねじまき鳥〜」の冒頭部も短編集で読んだ記憶が

49 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:16 ID:UxYA3+Ey
どこの板だったかわすれたが、
「春樹的に休日をすごす」という内容のスレッド、個人的に面白かったな。

50 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:16 ID:ENQKi0tk
>>35
え?私はスプートニクの終わり方、すごくイヤだったよ。
ゴーストライターにでも書かせてるのか?って思った。
悲痛な終わり方が多かったから、ちょいハッピーエンドに
してみようと思ったけど、いかにもとってつけました、って感じで。
まあ、解釈はひとそれぞれなんだろうけど。

やっぱり「世界の(中略)ランド」がベストなんじゃないかなあ。


51 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:16 ID:TYonDhA5
>>32
ワラタ

52 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:17 ID:G2+o68az
謹慎送還はよくないよ。
生理的にだめ。

53 :窓際公務員 ◆fikoUmIq72 :02/10/16 23:17 ID:/KCLfGiX
( ´D`)ノ<三部作はそれぞれ年に一回ずつ読むのれす。

54 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:17 ID:Dhjly432
>>38
海外では、その2人よりも有名です
ロシア人も知っていてちょっとびっくりした

55 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:18 ID:aFo5NNmK
>>50
そうなんか。あんま細かい事考えてなかったからナァ。

56 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:18 ID:59SQWkB5

こいつはただ読んでて気持ち文章が書けるってだけで、それ以上でもそれ以下でもない。
肝心の中身はほんとに幼稚で、女子供向けだと思う。

その点、村上龍には遠く及ばない(よく比較されるけど、それ自体失礼だよね。)

57 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:19 ID:ksgWe2bv
>>30
書くことと批評することは別もんだ。

58 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:19 ID:28nBBX0+
「世界の車窓からとハードSMディズニーランド」だっけ?

59 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:19 ID:idp8CGcb
そんなに売れてたんだ

60 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:20 ID:MHf32PBY
>>38
>谷崎潤一郎や太宰
この二人並べてるだけでも単なるアホ。

61 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:20 ID:59SQWkB5

たしかに天才という名は村上龍にこそふさわしいな。
サッカー云々はおいといて

62 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:21 ID:talGLSMr
村上春樹の小説って、こう、
空気を読むのが正しい読み方なんじゃないかと。


63 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆1P/gUGq3Wk :02/10/16 23:21 ID:cYXN0xRj
>>60
( ´D`)ノ<谷崎=単なるM
       太宰=単なる自殺嗜癖鬱病患者

64 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:21 ID:vcMSdecR
「世界の〜シリーズ(であごすてぃーに)の在庫ランド」

65 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:21 ID:aFo5NNmK
>>56
エ。村上春樹と村上龍じゃ全然イメージ違うやろ。
自分もどちらかというと村上龍の方が好きだが…

66 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:21 ID:ENQKi0tk
>>55
いや、だから感じ方は人それぞれだから。
未読だったら、いずれ海辺のカフカも読んでみて。
図書館でもなんでもいいから。


67 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:22 ID:l0xsUkDf
>56
う〜ん。それだけでもたいした才能だよ
オーラルセックスを描いても文学少女に抵抗無く受け入れられるってとこが

村上龍はマッチョすぎる感じがする


68 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:22 ID:idp8CGcb
>>65
村上龍はエロすぎるイメージがアル

69 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:23 ID:QNuoXr32
俺は逆に龍の『限りなく透明に近いブルー』を呼んで失望したクチ。
大学生の頃は春樹の三部作のほうが好きだった。
今読み返すとそれほど面白くないけど。

70 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:23 ID:dgQSWb4m
>>60
言ってる事が分からないYO。何が言いたいわけ?いまだに読者のいる作家を並べただけだけど。

71 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:24 ID:idp8CGcb
しかしエロ小説なら梶山季之が最高だ
「男を飼う」なんて凄まじすぎるよね

ハーフの美人のお姉さんが、男を奴隷にして飼っちゃうのよ

72 :名無しさん:02/10/16 23:24 ID:n1mmwkDx
>>57 書くことと批評することは別もんだ。

 批評家は、他人を批評してカネをもらっているくせに
 レベルが低くても殆ど批評されない。
 フェアではない。

73 : :02/10/16 23:25 ID:wQgHUeDt
すいませんあの「ノルウェーの森」ってどこが凄いんでしょうか?

単なるSEX狂の小説という印象しか残らなかったんですけど・・・

74 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:25 ID:QNuoXr32
評論家なんて評論する事象がなければ存在できない寄生虫。

75 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:25 ID:aFo5NNmK
>>68
村上龍の方が物事のリアル度(というかディティール)が高く感じられるよな。

76 :窓際公務員 ◆fikoUmIq72 :02/10/16 23:26 ID:/KCLfGiX
( ´D`)ノ<>>73 レズのピアノ少女が凄いれす。

77 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:0lQ3DDd6
さくら姉さん萌え

78 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆1P/gUGq3Wk :02/10/16 23:26 ID:cYXN0xRj
>>71
( ´D`)ノ<今、美人お姉さんに飼われてますが何か?

79 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:CFgDaiGu
海辺のカフカ?

フナムシのことか?

80 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:59SQWkB5
>>73
あれくらいでSEX狂なんて、キミは小学生か(w

81 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:c1WrFot4
>>62
はーげーどー。

村上龍は何が言いたかったのかよくわからん作品が多い。

82 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:2j0BKlaQ
キングオブ村上は村上ショージだけどな

83 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:9mUniA7u
この小説は少々説明しすぎた気がする。
もうちょっと簡潔にサッパリと書けただろう。
蛇足と思う部分がちらほらあった。

84 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:MHf32PBY
ノーベル文学賞は他の賞と違って、世界的な比較じゃなくて各地回り持ちでしょう。
5〜10年の間に日本とその周辺に順番が来れば間違いなく受賞するよ。

85 :毒雲:02/10/16 23:26 ID:543rb5bl
>>73
それで良いんじゃない?
他人と同じ感想持たなきゃならないなんて事はないだろう
人に良いところ教えてもらう必要もない
自分が読んだままを感じればいい
それができないなら批評文でも読んでなさい。

86 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:26 ID:28nBBX0+
>>72
まあ批評だけで食ってる奴なんてほとんどいないわけだし。
フェアでないというより相手にされないだけなんでないの。

87 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:27 ID:aFo5NNmK
>>71
西村寿行は?

88 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:27 ID:59SQWkB5
田口ランディ>>>>>村上龍

89 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:27 ID:tWtpdSyZ
びつくり。なんでニュー速+にでてるのかな。
中みないないといわれながらこの人の本は確実に売れる。
そして中味ないという人は何で売れるのか永久に正解に
達することはない。知りたくもないわけだから。

90 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:27 ID:WugtpAVB
>>75
ヒッキー題材にしてたやつのタイトル
なんだっけ

91 :名無しさん:02/10/16 23:28 ID:HA9YTIuK
 評論家=寄生虫  
 まさにそのとおりだね。

 評論家には創造性がない。
 宿主となる創作家がいてくれないと、存在できない。

92 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:28 ID:aFo5NNmK
最近の村上龍はアカシックの香具師と同じ匂いがする。

93 : :02/10/16 23:28 ID:wQgHUeDt
>>80

だってあのオバちゃんともやっちゃうんですよ?
そこ読んだ時「お前ら色情狂か!」と思っちゃいましたよ

94 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:28 ID:l0xsUkDf
言わずもがなだが、Criticは簡単だがCreativeは難しいってこと

田中真紀子は批評家としては有能だったが、大臣としては…
某映画評論家は、自分が映画を撮ったらシベリア特急などという(以下略)

95 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:29 ID:idp8CGcb
>>78
梶山だと、映画スターが美人のお姉さんに調教されて
石鹸水の浣腸されて逆さ釣りってシーンがあるんだけど

96 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:29 ID:idp8CGcb
>>87
読んだ事ねえ

97 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:30 ID:QNuoXr32
>>71
梶山は大分昔に死んじゃったからなあ。
現役なら勝目梓か?

98 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆1P/gUGq3Wk :02/10/16 23:30 ID:cYXN0xRj
>>95
( ´D`)ノ<元女王様の身の回りのお世話や調教などをして貰っておりますれす。

99 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:31 ID:aFo5NNmK
>>96
参考スレ
http://www.bookread.com/test/read.cgi?bbs=mystery&key=972885375

100 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:31 ID:l0xsUkDf
>73
あれが若い女性に受けたのはまさに「良質のポルノ」としてだと思う

101 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:31 ID:gNHkz/IM


102 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:31 ID:UxYA3+Ey
私は村上龍と岡村靖幸かかぶる。やってることは違うけど。
2人とも描いてる世界が似てると思う。
ポップでピュアでエロで変態。

103 :(´∀` )さん:02/10/16 23:31 ID:Y1sqsxsZ
100

104 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:31 ID:YsryuyzB
「ノルウェイの森」だの「カフカ」だの、黄色いサルマネ根性丸出しだね。
いくらなんでもコイツにノーベル賞はないね。
ノーベル文学賞には民族性がないとダメだと思う。

105 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:32 ID:KTQbjc2C
一回田中康夫さんの本読んでみろ
村上春樹の酷さがわかる

106 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:32 ID:WugtpAVB
>>93
世の中にはそういうSEXも







ある

107 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:32 ID:K0Jk4/yv
村上春樹をつまらないと思えるのは、多分かなり幸せだと思われ。
コミュニケーション不全の話だし。

108 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:32 ID:CFgDaiGu
15歳の誕生日の前夜、二度と外に出ぬ決意引きこもった少年のレスと、
少年期に2chで事件を起こした風変わりな初老の男性のレスが、
交互に紡がれ進んでいく、

どうしようもないスレ

109 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:32 ID:59SQWkB5
村上龍、こいつはホントに天才。

110 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:33 ID:idp8CGcb
>>99
しまった、結構好みかもしれないや


111 :(´∀` )さん:02/10/16 23:33 ID:Y1sqsxsZ
村上春樹なんて文学を装ったエロ本じゃないか。
春樹に傷なめてもらって喜んでろアフォども!


と、村上春樹全集を全部読んでから思った。

112 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:33 ID:dgQSWb4m
村上龍と言えば、最近キューバブームを盛り上げようとしてスベった椰子だな。

113 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:33 ID:ENQKi0tk
村上龍は、パクリの天才。

114 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:34 ID:HbizO9L3
まあこんなかではミヤダイのが一番核心ついた批評かと

115 :(´∀` )さん:02/10/16 23:34 ID:Y1sqsxsZ
村上ドラゴンの話はやめれ (´Д`;)

116 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆1P/gUGq3Wk :02/10/16 23:34 ID:cYXN0xRj
>>112
( ´D`)ノ<キューバを語らせたら戸井十月の右に出る物は居ないのれす。
       戸井さん自身はコテコテのサヨれすが。(w

117 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:34 ID:gm5i0JEJ
ねじまき鳥はおもろかったなー。
バットで殴りかかって奥さん取替えして、そういうのがアヒル人達の所とこ。

118 :窓際公務員 ◆fikoUmIq72 :02/10/16 23:34 ID:/KCLfGiX
( ´D`)ノ<ドラゴンは世間の流行に常に半歩遅れるか半歩先走って首を突っ込む印象があるのれす。

119 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:34 ID:02kcpaIp
だから日本文学は駄目だって言われるんだ

120 :毒雲:02/10/16 23:34 ID:543rb5bl
まあ、確かに批評は難しい

このスレをみてもよくわかる
春樹批判をしてる人もほとんど感情まるだしの好き嫌いレベル



わからんでもない。
私もツジヒトナリがなぜ嫌いかと言われれば、生理的にとしか言えないしね


121 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:35 ID:idp8CGcb
JINは面白いぞ。でもペニシリン作ったらほとんど無敵だろと

122 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:35 ID:WugtpAVB
>>111
エロ≒文学

123 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:35 ID:l0xsUkDf
村上龍と言えば「だいじょうぶマイフレンド」
消し去りたい汚点だろう(映画の方ね)

124 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:36 ID:aFo5NNmK
>>118
『幸福の国のエクソダス』やっけ。ガキに希望を持ちすぎや。

でもアレて2chだよナァ。

125 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:c1WrFot4
ちなみにこのスレに村上龍は関係ないと思われ・・・

126 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:Pa38ZvAB
村上龍といえばバブルを煽りまくってたなあ。

そんな人が「あのお金で何が買えたか」なんて本を
書いている。時代に乗るってこういうことだね!

127 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:JDv1wmFw
文庫出るまで待つつもりだったけど
友達に勧められて読んでいます。

感想はもうちょっとまっててね

128 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:59SQWkB5
>>123氏ね!

129 :(´∀` )さん:02/10/16 23:36 ID:Y1sqsxsZ
>>119
文学なんて死んでしまって、今はないでしょ。

130 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:36 ID:aFo5NNmK
>>119
宮部や高村クラスは文句なしに面白いと思いますが…

131 :   :02/10/16 23:36 ID:ZYvbmzvo
>>104
まあ、同意だ

132 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:WugtpAVB
>>118
2CHねらかもなドラゴン

133 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:36 ID:QNuoXr32
なんか春樹の小説って悩んだり自殺するキャラが多い。
その深刻ぶりにシンパシィを感じて、
「その悩みがわかる自分って高尚?」みたいに思える人が
熱心な読者になります。

134 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:37 ID:IskrR4Hy
正直期待して読んだ。

しかし、「異様に知識のある」「スポーツジムできちんと運動する」「妙に物分りの良い」
「冷静にセックスをする」15歳の厨房というのが、全然しっくりこなかった・・・

キャラ的には「ナカタさん」と「星野ちゃん」、「カーネルサンダース」が非常に惹かれたが…

個人的には短編でもいいので「星野ちゃん」にまた登場してもらいたいと思わせてくれただけが
収穫かと…。


135 :(´∀` )さん:02/10/16 23:37 ID:Y1sqsxsZ
>>128
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

136 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:37 ID:aq/bgdTD
ネタバレしてんじゃねーか
ふざけんな

137 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:37 ID:28nBBX0+
まあノーベル賞は遠慮してもらいたいものだが
あの大江健三郎でさえ取れちゃった程度の賞だから
角川春樹が受賞したとしても何ら不思議はないわけだ。

138 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:37 ID:59SQWkB5

はぁ?
村上龍はコインロッカベイビでサリン事件を見事に予知しましたが、なにか?

139 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:38 ID:vkzO97gg
みんな龍好きなんだな。

140 :毒雲:02/10/16 23:38 ID:543rb5bl
村上龍は天才だとは思う



あの才能の無駄使いっぷりが

141 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:39 ID:K0Jk4/yv
>>140
酒の銘柄で1ページつぶした時は、子供心に糞だと思ったよ。

142 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:39 ID:ENQKi0tk
>>134
同意。音楽の好みも違和感なかった?

>>138
してないっつーの。でもあれはマジでものすごく面白かった。

143 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:39 ID:WugtpAVB
>>138
鬼の首を取ったかのように喧伝してたが、
あれは違うだろとおもた

144 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:40 ID:rDfMVdb7
つかこうへいが同じ在日なのに、村上の本は30冊以上、本国で翻訳
されているのに、自分の本は1冊も翻訳されてないって愚痴っていた。

145 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:40 ID:MHf32PBY
>>70
たとえば、音楽の話してるときにギョーム・デュファイや武満徹と比べてと゜うよ、と言うくらい
ずれているということ。

146 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:40 ID:idp8CGcb
畜生村上もとかネタを振ったらみんなスルーしやがって、気に入らない。

147 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:40 ID:kCeB2P+D
今年読んだ小説の中で1番面白かったが。
冒頭から相当、とっつきにくかったけど、
猫と話すナカタさんが出てきてから、がぜん面白くなった。
大風呂敷を広げた物語に気持ちよくだまされたよ。
それにしても宮台。あんたの悪文、なんとかならんのか。
カギ括弧使いすぎで、読みにくいったらありゃしない。

148 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:41 ID:axnKSg39
やれやれ。

149 :やれやれ(´∀` )さん:02/10/16 23:41 ID:Y1sqsxsZ
やれやれ

150 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:41 ID:VS89vz+p
ビートルズと一緒で、取り巻く人とか色々なものがウザイね。
過負荷これから読んどきマッスル

151 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:41 ID:9mUniA7u
>>148-149
ケコーンおめでとう

152 :(´∀` )さん:02/10/16 23:41 ID:Y1sqsxsZ
(´-`).。oO(なんでいつもドラゴンの話になるのだろう?)

153 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:41 ID:K0Jk4/yv
>>146
俺は六三四の剣を読んで一期一会という言葉を知ったんだ!

154 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:42 ID:ENQKi0tk
>>147
「宮台」ってどうよ?
賢いのかアホなのか、まったく分からん。

155 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:42 ID:WugtpAVB
村上ドラゴンが次にネタにするものを予想汁↓

156 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:42 ID:McODCFXr
なんで文芸評論家→評論家ときて、いきなり宮台真司なんだよw
笑わせるな。

157 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:43 ID:9mUniA7u
ドラゴンはなぁ・・・。10代で読んでおくべきではあるよな。
小説入門にはちょうどいい。電車の中で中学生や高校生がよくよんでるし。

158 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:43 ID:UxYA3+Ey
朝日新○社から出てる、
「そうだ、村上さんに聞いてみよう・282の大疑問」て本、
けっこうおもしろいよ。
『村上さんは文芸評論家の批評をどう思いますか』とかの
質問に春樹がいちいちこたえてんの。

159 : :02/10/16 23:43 ID:RAgvYJ3d
ここ読んで、やっぱり2chとは相性良いなと思った。
俺も村上龍は本当に天才だと思う。

春樹は真面目によく書いているとは思うけど、
今ひとつ乗ってこないんだよなぁ。

160 : :02/10/16 23:43 ID:wQgHUeDt
ノンフィクションの方が面白く読めるようになってきたというのは
オサーン化の始まりですか?

161 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:43 ID:gm5i0JEJ
>>152
春樹より突っ込み所多いからかなぁ

162 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:43 ID:5C7/N66M
宮代には小説絶対かけない

163 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:44 ID:JDv1wmFw
>>133 私は村上春樹の作品の人間とハル・ハートリーの中の人間が
にてるなあと思う。

生きる事にちょっと不器用なんだけど本人なりにがんばって乗り越えようとしていたり
フッと力が抜けてしまうような無気力さと
だめな奴、と思いながらもだんだんと魅力的に思えてきます。
読んだ後、見た後はなんだか切ない気持ちになるんだなあ。
失恋してしばらくたった時期の、安堵感とものさびしさのような気持ちになる。

164 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:44 ID:aFo5NNmK
>>159
龍の小説には2ch的な部分があると思うよ。自分も。

春樹の小説はもっとこう『雰囲気』で読む面があるナァ。
全体的に霞みがかってる印象や。

165 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:44 ID:59SQWkB5
宮台シンジとか宮崎哲弥読んでるやつって、

キモイヤツ多い。

サブカルチャみたいな

166 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:44 ID:MHf32PBY
>>48
蛍−ノルウェーの森

167 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:45 ID:ENQKi0tk
>>158
持ってるよ、それ。トイレに置いてるけど・・・。
いろんな意味で面白いよね。嫌味がないし、楽しめる。

168 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:45 ID:K0Jk4/yv
>>154
たまに痛いけど、かなり重要な存在。
春樹も宮台も知ってる人には、ここに宮台の名前が出てくるのは必然。

169 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:45 ID:UxYA3+Ey
俺はコインロッカーベイビーズが龍作品の初めてだったから、
その他のがなんか違和感あってあんまり読んでない。
でもアネモネって好きだ。
いまでも。
昔、佐伯ヒナ子が、「映画化されたらアネモネやりたい」と
いっていたが、やめてくれ。

170 :名無しさん@テスト中。。。:02/10/16 23:45 ID:icAa/FuC
ねじまき鳥、国境の西、そして今回の海辺のカフカを読んで見て思ったことは、
な〜んか不完全燃焼っつーのが一番にあるわ。

171 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:45 ID:59SQWkB5
>>157氏ね

172 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:46 ID:MHf32PBY
>>49
みずほ銀行もなかなか。

173 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:46 ID:l0xsUkDf
「ノルウェイの森」のネタ元、ビートルズのNorway's wood
って、森って意味じゃなくて
北欧家具って意味だって聞いたのだが本当だろうか

174 :147:02/10/16 23:46 ID:kCeB2P+D
>>163
後から指摘されて気づいたんだが、
ポール・オースターとも似ている。
寓意性とか象徴とか、主人公の設定の仕方とか。
オースターの方が好きだけどね。

175 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:47 ID:IskrR4Hy
>>142 同意さんきゅっ!
当然っす  「普通の15歳の男子厨房は“モー娘”だろう」って読みながら思った。
この主人公が20歳ぐらいだったら、ここまで違和感は感じないと思ったが…

176 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:47 ID:UxYA3+Ey
春樹はマカーらしい。

177 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:47 ID:59SQWkB5
>>169

佐伯ヒナ子か。
イメージぴったりだな!
是非実写かを!>監督はモチ庵野秀明で!

178 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:48 ID:9mUniA7u
>>171
別に面白くないって言ってるわけじゃないが。中学時代はハマったし。

ただ、ドラゴン・春樹・ばなな・宮部とかは、読みやすいのが売りだからな、と。

179 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:48 ID:JDv1wmFw
>>174 おもしろそう。初めて聞く名前ですが
お勧めの作品あれば教えてください。

180 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:49 ID:pvrVruFi
◆説得力を欠く現実回帰―宮台真司

援交テレクラ研究家のくせに偉そうだな(藁

181 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:49 ID:KTQbjc2C
春樹ファンきもいから、リアルではもちろんネット上にも
存在しないでください。お願いします

182 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:49 ID:UxYA3+Ey
ちなみにハシは昔いた「ミヒロリュウ」っていう
性別不明(男性らしいが)のシンガー。
キクは思い付かない。

183 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:50 ID:JDv1wmFw
社会人になってから村上春樹読むと
大人の思春期みたいのは感じた。
なんかあるじゃないですか。青年期とは違ってるけど
なんとなく不安定な時期って。

184 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:50 ID:tzOGaxAz
朝起きたらリーマンが虫になってたって話?

185 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:50 ID:SHGURlvm
「ノルウェーの森」はシタールの音だけで持ってる曲だったな。

186 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:52 ID:ENQKi0tk
>>181
お前もいちいち春樹ファンに反応するな
嫌いならスルーしろよ、大人だろ
・・・・でもなんでニュー速板にこの話題?とは私も思うけど

187 : :02/10/16 23:52 ID:wQgHUeDt
悩む事に酔ってるという事はないか

188 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:52 ID:UxYA3+Ey
ノルウェイの森は、赤と緑のカバーでしたので、
クリスマスプレゼントにしてる人もいました。

189 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:52 ID:K0Jk4/yv
>>181
そう、ダメ人間の話なのに勘違いしてカッコつけてるから疎まれるんだよな・・

190 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:52 ID:vTIwSvdG
宮代は、岩井俊二のスワロウテイルはほめまくっててあのだが

191 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:53 ID:b0DTaSDH
中学のとき、ねじまき鳥読んで壁にぶん投げた女(現在20)ですが
大学に入ってから「ノルウェーの森」を読んでも胸くそ悪いだけでした。

こんな私が「海辺のカフカ」読んでも面白くないですよね…?
かしてくれるというので迷ってるんだけど

192 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:53 ID:59SQWkB5
でも希望の国のエクソダスは面白かったな。

193 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:53 ID:aFo5NNmK
>>192
えー。自分はダメやった。

何かと言うと『中学生が』『中学生が』

ガキはこんなに有能じゃねーよ。

194 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:54 ID:59SQWkB5

      ↓>>191(アホ
              「 ̄ ̄了
              l h「¬h
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   ./:::' / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./   /ー'' / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」

195 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:54 ID:dgQSWb4m
なんだ文学板があるじゃない。そっちでやってよ。オタクの人達。

196 :147:02/10/16 23:54 ID:kCeB2P+D
>>174
だんとつで「ムーンパレス」。
今まで読んだ小説で一番好きな本。
ことしの冬なんか、小説の舞台になった場所場所を
たずねにニューヨークの街中を歩いたくらい好き。
車椅子の盲目の老人とか、信じられないくらいの肥満中年とか、
美しい中国系の少女とか、登場人物が面白い。
あと、複雑に組み込まれた月のメタファーとか。
日本語訳も最高です。



197 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:55 ID:59SQWkB5
>>193

おれ中学生の時よんだけど、自分と重ね合わせて読んでたよ。


198 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:55 ID:gm5i0JEJ
>>181
文学板辺りだとそれ定型文句(w

199 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:55 ID:5C7/N66M
>>195
キモい

200 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:55 ID:JDv1wmFw
>>196 ありがと。さっそくアマゾンで頼んでみる!

201 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:56 ID:sQHhHsdy
春樹って、多分初めて読む時期によってだいぶ印象が変わるんだと思うよ
10代半ばのまだちんちんが剥けきってないときに読むと、それなりに胸に迫ってくるモンがある気がする
思春期のバイブル、とはよく言ったもんで

202 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:56 ID:QTmC3CIv
>>194

信者は史ね

203 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/16 23:56 ID:aFo5NNmK
>>197
そっか。自分読んだの最近やからナァ…

アレはだめぽ…あの中学生は2チャネラやとは思ったがな…

204 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:56 ID:59SQWkB5

10代半ばでまだちんちん剥けてないヤツって・・・・・


205 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:57 ID:wQgHUeDt
>>201
つまり大人が読むもんではないと?

206 :名無しさん:02/10/16 23:57 ID:HA9YTIuK
>>160 ノンフィクションの方が面白く読めるようになってきた
というのはオサーン化の始まりですか?

あ、それ良くわかる。。。自分も歳とるにつれてそうなってきた。
ノンフィクションとか、科学そのものにひかれるようになった。

フィクションは、やっぱ作家の自我とのおつきあいの面があるから
段々うるさくなってきた。 
科学やノンフィクションには、美辞麗句が無くても、
事実そのもので圧倒的な説得力がある。まあ、事実だから当然か。。。



207 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:57 ID:wkpASTNW
ノーベル文学賞はそのうちとるだろうね。
何回も声は挙がってるし。
海外でも春樹オタはマジで多い。

208 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:57 ID:tWtpdSyZ
文学板の連中が大挙してこっちにやってきて管巻いたら
うざくてしょうがない。必死に否定しても肯定しても
宣伝になって商売に協力してるだけなのに。そのうち
島田ものこのこやってきそうだな、おい。

209 :あに〜た:02/10/16 23:57 ID:HnPc6Gnh
>>204
日本人ほとんど

210 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:58 ID:MA3WyUKR
正直言ってチャンドラーの存在を教えてくれたことは感謝してます。

「理由は無い。ぼくはロマンティックな人間なんだ」


211 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:58 ID:ylAaeK81
>>191

何読んでるの?ホントは本なんて読まないんでしょ?

212 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:59 ID:MHf32PBY
龍は基地の街育ち。突っ込めば自衛隊と違ってすぐ撃ち殺してくれる所で
「卒業式フンサーイ」とか言って遊んでたマヌケ。

213 :名無しさん@3周年:02/10/16 23:59 ID:faAOZoyj
文章自体は嫌いじゃないんだけど、本人見てから萎えた…

作家はあんまりテレビとか出て欲しくない

214 :青森県民:02/10/16 23:59 ID:59SQWkB5
>>209
金かえせ!

215 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:AHoG6MqM
>>191
合う合わない、ってのは少なからずあるからね。やめた方が良いかも。

216 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:00 ID:9hVIzBhN
>>212
69?
中学の時は好きだったなぁ……。

217 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:231sTimn
>>211
191の反応は真っ当だと思うよ。
春樹作品に共感できるというのはどこか病んでる顕れ。


218 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:MkRdG7lP
>>205
大人になってから読むもんではない、かな
古くから継続して読んでる人は、ズル剥けても楽しく読んでるよ

>>210
禿同!

219 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:xfYhcPk/
たしかに出版されたのは結構前だったよね?
何で今更なのかね。

>>191 そういう人はハセ清秋とかおすすめです。
さらに胸くそ悪くなります。

220 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:JTSz46kL
>>213

まあ村上龍は想像以上にかっこよかったけどな
あのワイルドさが溜まらん( ;´Д`)ハァハァ

221 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:S/UmlKaI
つい最近、初めて読んだスプートニクが何となーく忘れられない。
たまに読み返してみたくなる。
友人はわりとねじまき鳥が、彼の作品にしては言いたいことが分かりやすかったと
言ったが、これはどうだろう。
冒頭だけは好きかなあ。長すぎるよ。

222 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:00 ID:GsWVk5sH
村上春樹?

伏見の寺の坊主の息子のくせに、神戸出身を騙っている香具師のことだな。

223 :あに〜た:02/10/17 00:01 ID:CqqIY49P
>>214
売春悪い事ないね!
だまされたのパカよ

224 :191:02/10/17 00:01 ID:wPlzeWBM
>>211
本は読む。だから春樹も読んだんでしょうが。

好きな作家を挙げると、村上オタは嬉々として「低俗」とか言って叩きそうだから言わんが。

225 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:01 ID:JTSz46kL
>>222氏ね!

226 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:02 ID:wTixSLzt
>213
村上春樹の書く人物ってワケもなくモテまくりなので
つい作家本人もイケメンのように感じてしまうの?

227 :191:02/10/17 00:04 ID:wPlzeWBM
>>217
どうも。

春樹さん、文章は下手ではないと感じてます。
でもどうも……好きになれないだけなんだよね。
あと、春樹マンセー野郎に嫌いな男が多いってのも大きいかも。

だから「カフカ」が他のと違う感じならば、読んでみようかと思ったのです。

228 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:04 ID:MmWTOlHb
>>224
そこをどうか!
まさか柳_ですか?

>>218
いまだに良く飲むお酒はギムレットですよ〜
まず何も食べずにギムレットを3杯飲む。

そうすると気持ち悪くなって余り飲まずにすむ。

229 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:04 ID:GJ0u7gk4
さすが変態M宮台真司だ

230 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:05 ID:6xe/zm3W
>10代半ばのまだちんちんが剥けきってないときに読むと、

なんって表現だ。下品だな。お前。

231 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:05 ID:6MOt5qap
>207
韓国の若年層で人気集中・・って
テレビで平積み映像見て微妙な気分に・・

232 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:06 ID:krq9OyjV
>>226
いや、話してる内容が何か好きになれなかった
作家の顔はどうでもいい

233 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:06 ID:Y1C5G19C
でも確かに合わない人には徹底的に合わないんでない
俺も主人公がやたらぐじぐじ悩んでたり
妙に小奇麗な言い回し使ってる小説とか見るともうそれだけであかん・・・

234 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:07 ID:JTSz46kL
あの顔はあるいみスゴいよな。。
奥さんは美人だけどさ。

235 :191:02/10/17 00:07 ID:uSPVqjE+
>>228
柳_は大嫌いです。なんでそう思ったの?

236 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:08 ID:e//4qfw5
ノンフェクションしか読まない漏れですが、
宮本輝の彗星物語はマターリいい作品でした。


237 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:08 ID:9hVIzBhN
「あのお金で何が買えたか」

村上龍が映画を撮影した金で何が買えたか……。

238 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:08 ID:AHoG6MqM
春樹の文体は、海外文学に非常に影響を受けてるよな。

日本語訳の文体に違和感を感じてどうも好きになれない自分としては、
春樹の文章もちょっとキツい。

239 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:08 ID:JTSz46kL
>>237氏ね”

240 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:09 ID:oX4rC9WW
>>224

言ってみなよ、その「低俗」と叩かれそうな作家の面白さを言えない
んなら、最初から思春期の思い出めいた発言はすんなよ。

241 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:AHoG6MqM
>>239
盲目的にドラゴン批判派を叩くのは、幼稚な態度だと思うんだけど。

242 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:JTSz46kL
ハードボイルドに出てくる太ったピンクの娘が(・∀・)イイ!!ね
あれ(・∀・)イイ!!

243 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:GVXquLMV
ドストエフスキー読めばあとは何も読まなくてよし

244 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:10 ID:9hVIzBhN
>>241
別に批判派じゃないです。
映画はダメだなってだけ。

245 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:PnE+4Zak
>>206
俺もSFファンだったけど、段々ノンフィクション嗜好に変わってきた気も
レムとかコードウェイナー・スミスとか、好きだけど。事実の前には敵わない気がする。

246 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:wTixSLzt
>238
まあその翻訳調の文体が、日本の文壇に登場したとき
「とんでもなくクールな作家」と言われたわけで

247 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:10 ID:xBPvL2VU
>>191は、ちゃんと読書家の可能性がある。
ただし、全然読んでない可能性もあるが。
ブン投げたのは、正しい反応でもある。

248 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:11 ID:pshralE7
>>240
もうやめなって。別に211の好きな作家を知りたいわけじゃないだろ

249 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:11 ID:5ZIXFIxb
>>174
オースターは良いよなぁ。
ただ村上春樹との接点はオレはあんま感じないんだよなぁ。

250 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:11 ID:XOpYYiAq
>>245
そういうあなたにはカポーティの冷血がお薦め。

251 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:11 ID:69v54x3u
>>176
公式サイトだったかに、マックやめてバイオにしたっていってたよ。

春樹、おもしろいと思う。ねじまき鳥がお気に入り

252 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:12 ID:SEmQXwa9
>>191 好みといってもいろいろあるもんね。
文体が嫌い
出て来る人間が嫌い
作家が嫌い

>>191さんは読まずず嫌いよりもまず読んでみた感想なんだから
わかるよ。相性みたいのもあるしね。

253 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 00:12 ID:iP8cD/Vc
なんかエエ小説ないかナァ。
今年のメフィスト賞とかどうよ。

254 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:13 ID:MkRdG7lP
ここ最近より、昔の作品の方が好きだなぁ


255 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:13 ID:9ZMs6a4V
私は春樹なら「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が一番よかった。
龍なら「五分後の世界」シリーズかな。

もしかしてSF趣味なのかな?
SF殆ど読んだ事ないのだけど。

256 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:13 ID:SEmQXwa9
このスレに友人が二人ばかりいるような気がするんだけど…

きのせいかな…

257 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:13 ID:9hVIzBhN
万人に拒否反応無く受け入れられるようなモノは純文学にあらず。

といってみるテスト。

258 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:14 ID:MmWTOlHb
>>242
結局世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが一番好きだな

259 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:14 ID:3nJhU33E
おまえら大江健三郎だとか馬鹿にしてけんど、だったらそれを越える
小説でも書いてみろよ。わらわせんなよ。

260 :優しい名無しさんが好き:02/10/17 00:14 ID:w0yCruBM
メフィスト賞といえば、「ハサミ男」のラストがいまいち理解できん。

261 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:14 ID:JTSz46kL
宗田理のぼくらシリーズにはかなわないだろ

262 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:15 ID:+KZ4ZWRF
純文学の定義って何?

漏れも春樹あまり好みじゃないんだが、カフカちょっと気になる。
今までとあまり変わらない作風?

263 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:16 ID:Y1C5G19C
でも結構「誰が書いたか」で本の面白さが決まることってあったりしたり・・・


264 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:16 ID:MmWTOlHb
>>255
SFならとにかくA・C・クラーク「幼年期の終わり」を猛プッシュします。


265 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:16 ID:wTixSLzt
万延元年のフットボール
数ページで挫折しましたが、何か?

266 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:16 ID:MkRdG7lP
>>261
禿同

ズッコケ3人組シリーズもすげぇけどな

267 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:16 ID:tFpYy1P/
>>259
少なくとも彼の北朝鮮観には非常に笑わせてもらってます。

268 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:16 ID:9hVIzBhN
>>261
小学生の時に,当時出ていたであろう全作品を読んだ。
当時は楽しめたけど,今読むと多分「サヨク」的なアクが強すぎでキツイ。

269 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:17 ID:69v54x3u
>>254
俺はむしろ最近のほうが好きだな。

>>255
5分後の1作目はおもしろかった。龍の最高傑作だと思う。
でも、そのあとは残りカスって感じがする。
龍の最近の作品は雑すぎると思う。

270 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:17 ID:9ZMs6a4V
255ですが、
>>264
どんな内容なんですか?

271 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:17 ID:tFpYy1P/
>>255
「地球連邦の興亡」はいかがか

272 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:17 ID:ZNoMHG6a
「1973年のピンボール」を読んで自分には合わないサカと思いました。
 好きな人は好きなだけ読むよろし。

あ、『またたび浴びたタマ』は唯一感動しますたw。

273 :優しい名無しさんが好き:02/10/17 00:17 ID:w0yCruBM
>>259
彼の知恵遅れの息子の賞賛の仕方もキモイ。

274 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:18 ID:231sTimn
>>268
もう、すごいよね。
七日間戦争、映画→原作で読んだら何が何だかサッパリだったもんw

275 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:18 ID:gXvS1oA1
◆世界文学水準で圧倒的―加藤典洋さん(中略)
◆あまりに文章巧すぎて―坪内祐三さん(中略)
◆説得力を欠く現実回帰―宮台真司さん(以下略)

ナイスオチ

276 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:18 ID:IQisHY7l
羊をめぐる冒険が一番好きだなぁ。
学生時代三部作のネズミに真剣に憧れてた。アホですわ。

277 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:19 ID:xtlWX65q
>>269
龍の唯一にして最高傑作は「コインロッカーベイビーズ」だと思うが。
あれ以後はちょっと、まずい、だろ。

278 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:19 ID:Y1C5G19C
>>259
別に馬鹿にしてるわけじゃないんよ
ただ合わないってだけで
だからそういう人達に「お前らは文学が分かってない」
みたいな態度は辞めて欲しいのよねん


279 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:19 ID:ij/KgLHU
おれも羊が一番いい。

280 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:19 ID:ZiAf2IIm
龍なら「五分後の世界」の地下の日本が好きだな。
リアルならデイジーカッターであぼーんだろうけど。

281 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:19 ID:69v54x3u
>>275
それでも、宮台以外は知らない

282 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:20 ID:GsWVk5sH
おそらく、育った環境は宮崎学と一緒。
村上春樹なんぞ、所詮は伏見のガキだ。

283 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:20 ID:GVXquLMV
>>277
完全に同意

284 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:20 ID:MmWTOlHb
>>270
世界の終末と人類の進化の話です。
ザンボット3とガッチャマンのラスボスと多少重なるところがありますね。

285 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:21 ID:oX4rC9WW
>>252 わからんな〜

壁にぶん投げた女とか、(現在20)とか、胸くそ悪いだけでしたとかの

発言が気持ち悪い、まだ(現在20)だから思春期を表現したい年齢なんだ

ろうけど。


286 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:9ZMs6a4V
>>269
五分後、僕も最高傑作だと思います。
エクソダスは挫折してしまったのですが。。

春樹さんに関しては羊までが好きですねえ。
スプートニクスは読んでません。
今回のカフカは世界の終わりの続編の様に広告されてたので買ったのですが
まだ数十ページしか読んでません。

287 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:AHoG6MqM
で、お前らが一番好きな小説って何よ?作者時代関係なく。

漏れは「砂の女」

288 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:djm3nNEx
坪内氏ってあんまり知らないんだけど
福田氏と仲のいい人だっけ。
俺は坪内氏と同意見というわけではないが
有名作家といえども容赦せず、という態度がけっこう気に入る。

289 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:1FNe9GoC
宮台は社会学やってんのに、フィールドワークで女子高生食ってたってのがなー。
観察対象に深入りしないのは最低限の原則になのに。
よってあいつの評は信用できない。

春樹は、過去の自己作品の模倣がひどすぎて、スプートニクは読んでられなかった。

290 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:xtlWX65q
私はハルキストじゃないので、(だけど一応全部読破)
春樹の最高作はあえて「ノルウェイの森」をあげたい。
「風の歌を聴け」もカナーリ捨てがたいが。

291 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:22 ID:+KZ4ZWRF
>>285
粘着だなお前も

春樹の魅力がわかる大人な人(ワラなんだろうけど、ウザイぞ

292 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:23 ID:69v54x3u
>>277
コインロッカーもいいけど、無駄に長すぎる。
5分後の1作目は簡潔でいい感じ。

もっとも、この2作以外はどうでもいい作品だと思う。

>>280
地下深いところにあるから、大丈夫じゃないの?
原爆とか落とされても大丈夫なんだから。

293 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:23 ID:tFpYy1P/
>>268
準主人公級の両親が学生運動→学習塾という
今おもえば王道パターンの香具師がいたような・・・・・

294 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:23 ID:wTixSLzt
龍の最低傑作は「だいじょうぶマイフレンド」
これは衆目の一致するところ

そういえば、KYOKOも撮ってたな

295 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:23 ID:VAsXJXEx
辻仁成よりはいいだろ?おまいら。

296 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 00:24 ID:iP8cD/Vc
>>287
高村薫『マークスの山』

村上春樹とは全然違う感じやね。コレは。

297 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:24 ID:MkRdG7lP
>>287
「こころ」・・・・

298 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:25 ID:MmWTOlHb
>>292
自分は多少軍オタ入っているので
五分後はちょっとダメですね。

299 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:25 ID:231sTimn
>>287
もう小説は読まなくなりましたな。観念的だから。
代わりにビジネス本よく読んでる。

一応、「銀河鉄道の夜」かな。

300 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:26 ID:tFpYy1P/
>>287
う〜ん
「高い城の男」
がなぜか一番スキでつ

301 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:26 ID:xtlWX65q
>>295
ああ、辻よりはいい。

っつーか、
く ら べ ん な よ ! ! !

302 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:26 ID:w0yCruBM
宮部みゆき『理由』

303 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:26 ID:SEmQXwa9
太宰が好き。

304 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:26 ID:LTbddRcG
なんか、最近の村上春樹の奴は面白くない、
よんでて、どっか無理してるのが感じられて息苦しい。
それに、今まで主人公が作者とほぼ同年齢で設定されていたが
今回は少年という設定もあって、「あんた、作ってるだろ〜〜」
ってのを感じてしまって、読んでいてしらけてくる。

305 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:27 ID:wTixSLzt
え〜 宮部みゆきは「火車」でしょ…

306 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:27 ID:PnE+4Zak
安倍だと、R62号の復讐とか

307 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:27 ID:9hVIzBhN
>>287
京極夏彦
純文学じゃなくてスマソ

308 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:27 ID:AHoG6MqM
模倣犯のグダグダ感には萎えたな<宮部

309 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 00:28 ID:iP8cD/Vc
>>308
宮部てスゴーク面白い時と別に普通の時があるな。

310 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:28 ID:VAsXJXEx
村上春樹はエッセイの方が好きかも知れない…。

とりあえず3年くらい前にBRUTUSに寄せた「走ること」について書いたエッセイを
単行本にしる!!!

311 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:28 ID:MkRdG7lP
>>302
理由いいよね〜
かなり少数派みたいなんだけど

ホントは、恥ずかしながら「キッチン」が不動の1位だったりします・・・嗚呼

312 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:28 ID:xtlWX65q
>>308
はげ同。

だが、あれだけ頑張って書いたこと(一応神の視点で)は評価する。

313 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:29 ID:IQisHY7l
>>303
恥ずかしながら同意。太宰まんせー

314 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:29 ID:P7MA/SJK
宮部みゆき「魔術はささやく」
個人的思い出があるからなんだけどね

315 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:29 ID:xtlWX65q
漏れは江戸川乱歩マンセーっす。
ごめん・・・。

316 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:29 ID:VAsXJXEx
首吊る前に太宰でも読んでみるかな…あえて避けてきたのだが…節目としていいかも。。。

317 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:30 ID:69v54x3u
>>282
春樹は西宮だろ?
まあ、伏見出身でもかまわないけど。

>>286
エクソダス、今読むとちょっとな。
取材したのをあまり消化せずに書いた感じがする。

>>294
おれはシボネイ遙かなるキューバかな?

>>296
マークスの山、映画版がひどかった。
萩原聖人が、犯人役。最低。

318 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:30 ID:LTbddRcG
太宰まんせーって、もう古すぎて、時代の感性にあわないよ。
あんたら、何歳なのさ!!


319 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:30 ID:oy4Qn6Rj
『それから』がいい。高等遊民になりたい。

320 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:30 ID:MkRdG7lP
三島が受け付けない

321 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:31 ID:AHoG6MqM
漏れは坂口安吾・阿部公房マンセー。。。

三島由紀夫が何故か読めない。文体が合わないのかも。

322 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:31 ID:xBPvL2VU
>>298 よく言った!
実は龍は、5分後を書く時に参考にした本のひとつに
「柘植=脳内妄想傭兵」の本を上げてたよ。
所詮、虚構なので構わないとは言え、も少し考えろよ。村上デブ。

323 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:31 ID:AHoG6MqM
>>320
あ、被った。

324 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 00:31 ID:iP8cD/Vc
太宰や三島は『萌え』の精神で読んでしまうナァ…

325 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:32 ID:xtlWX65q
ナンバーかなんかで、
龍と春樹がオリンピックについて書いたエッセイは面白かった。

凡人と凡人じゃない人の視点の違いが良く分かって。

326 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:32 ID:oy4Qn6Rj
>>323
IDがアホ

327 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:33 ID:69v54x3u
>>298
軍オタからしたら、どういう所が気に入らないの?

328 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:33 ID:Y1C5G19C
面白い小説かぁ・・・
ダメだ・・・ノンフィクションしか思い浮かばない・・・



329 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:33 ID:MkRdG7lP
>>323
挙式・・・

節目節目で三島にトライして、そのたびに「まだ早い・・・」
と感じてしまう。
文体、なんだとうなぁ

330 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:33 ID:wgpL5UCz
モームの『人間の絆』です。
わかりやすすぎで、こういうのっていいな、
と思っていた。

村上春樹もほとんど読んでいますが、かつてのような
とりつかれた感じはないです。はいはい、って
わきまえた感じ。慣れたのかな。

331 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:34 ID:SEmQXwa9
>>318 20代なかばですが・・・。太宰は年齢・時代に関係ない。

古臭くたって、ダメ人間といわれたって、文学板で迫害されたって
すきなんだーーー!
実生活ではさすがに言いにくいけど…。

332 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:34 ID:3nJhU33E
石原慎太郎の小説も正直読む気しない。文体があわん

333 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:34 ID:69v54x3u
>>325
龍も春樹もどっちも凡人ではないと思うけど

334 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:35 ID:oy4Qn6Rj
工房のころ好きだったのはヘッセの『デミアン』
そのころの自分にとっていいフレーズがたくさんあった。

335 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:35 ID:wgpL5UCz
>>334
すんげーなつかしー!!

336 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:36 ID:b4G6AcvN
>>333
いや、龍は天才の皮を被ってる凡人だよ。
本人はまったく気づいてないだろうけど。

337 :PEG:02/10/17 00:37 ID:HVuHvt6c
ドラゴンは権威に迎合しすぎだね。
石原慎太郎でも目指してるのかしらん。

338 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:37 ID:SEmQXwa9
三島由紀夫も好きだよ…ああ好きさ!
はじめて読んだとき日本人で良かったと思ったよ。

あと「レター教室」もなかなかいいです。



339 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:38 ID:wTixSLzt
村上龍と坂本龍一の鼎談を読むと
坂本龍一の方が頭が良く見えます

340 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:38 ID:SEmQXwa9
>>334 便後!もといビンゴ!

341 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:38 ID:MkRdG7lP
>>338
おれ、夏目漱石をいい歳こいて読み直したときに同じことを感じた

342 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:38 ID:AHoG6MqM
>>338
確かに文章が純和風で、優雅だよね。
本当に芸術と言っていいほど。
それ故に俺は疲れてしまう。。。

343 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:38 ID:9hVIzBhN
>>339
どうしてもアホアホマンが頭に浮かんでしまいます。<教授

344 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:39 ID:oy4Qn6Rj
>>335
「鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。卵を世界だ・・・云々」とかね。

そのころエヴァンゲリオンが流行っててデミアンがカヲル君に思えた。
関係ない話ばかりでスマソ

345 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:39 ID:udpx5ADn
>>333
二人とも単なる世渡り上手にしか見えん

346 :名無しさん:02/10/17 00:39 ID:sL5d5biW

 太宰最悪。。。あれは作家の自己中な自己愛を
 表現しただけの、私小説=駄作作家の代表。

347 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:40 ID:AHoG6MqM
太宰と言えば、安吾が太宰の死について語っている文章があったなぁ。
それはなかなか面白かった。

348 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:40 ID:oy4Qn6Rj
>>344
「卵を」→「卵は」でした。スマソ

349 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:40 ID:MmWTOlHb
アシモフの雑学コレクション(星新一訳)が一番すきだな。
アルテミス宮殿の放火の話なんて読んでると元気になる。


350 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:40 ID:MkRdG7lP
安吾では何がお勧めですか?

351 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:41 ID:69v54x3u
>>336
いや、俺は凡人ではないけど天才だとは言ってないよ。
「天才の皮をかぶってる」ってのは同意だね。
なんかハッタリで小説書いてきてうまく当たったって感じ(それがすごいんだけど)

>>337
単に強いものに弱いって事じゃないの?
W杯の韓国も誉めてたし

352 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:41 ID:b4G6AcvN
>>346
>私小説=駄作作家の代表
とは限らないだろ。少なくとも過去は。
現在は知らんが。そして田山花袋も知らんが。w

353 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:42 ID:2FoVP4L9
夏目漱石以来の最重要作家と言っている批評家も少なくないですし、
『海辺のカフカ』を最高傑作に推す声もちらほら。
長生きすればノーベル賞はとれるでしょう。

354 :村上春樹:02/10/17 00:42 ID:6wxIyBci
そんなもの、ただの批評じゃないか。

355 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:42 ID:AHoG6MqM
>>350
『桜の森の満開の下』とかはどうだろう。
雰囲気が非常に怖くて、ゾクゾクする。

『堕落論』は小説じゃ無いけどお勧め。

356 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:42 ID:SEmQXwa9
ブルータスで村上春樹の裸見て(;´Д`) ハアハアしました。
体が30歳ぐらいだったねえ。若ェ!

357 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:43 ID:69v54x3u
>>339
で、Dr.中松エンジンに騙されてたわけだが、、、

>>345
俺は村上春樹は世渡り下手って感じがする。

358 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:43 ID:aBzaChmC
ダンスダンスダンスが何故ロシアでヒットしてるのか理解できない。

359 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:44 ID:MkRdG7lP
>>355
ありがとう!
早速。

「堕落論」は、大学の授業でチラッと触れていたので、タイトルだけは知ってました。


360 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:45 ID:b4G6AcvN
>>355
胴衣。綺麗にまとまってるよね。
>>350
あと漏れは「不連続殺人事件」お勧めします。

361 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:45 ID:69v54x3u
>>356
春樹 マラソン好き
龍 マラソン嫌い

この違いが晩節にあられてると思う。

362 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:45 ID:udpx5ADn
村上龍の今本屋で平積みにされてるやつ、W杯韓国礼賛してたよ

誰かがこいつのこと「流行をつかむ才能は非凡」っていってなかったっけ?

363 :aa:02/10/17 00:46 ID:AVfdeMuJ
初めて春樹を見たとき鶴太郎かとおもた。

364 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:46 ID:rtX/WLUs
カフカは好きだけど春樹は嫌い。

365 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:46 ID:xBPvL2VU
>>356 いつのブルータス?

366 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:46 ID:JTSz46kL

まあ村上龍は天才だね。
春樹は秀才。っていうと言い過ぎかな(w


367 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:47 ID:b4G6AcvN
>>362
流行に乗っかる才能だと思うが。w

とかいってこんな漏れは卒論龍だったけどなww

368 :高粘性うんこ:02/10/17 00:47 ID:n2u+FDVs
おそらく既出ですが。
村上春樹的みずほ銀行
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/prog/1019137149/

海辺のカフカは読んでないのですが、
これまでの作品を読む限り
傑作か?と問われれば、私は否と答えるでしょう。

369 :ドラゴン:02/10/17 00:47 ID:Y1C5G19C
>>362
「流行は何も一つではない」

370 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:47 ID:IQisHY7l
>>346
色々書きたいこともあるがそこが良いんだよ。
未だに信者とアンチが存在するなんて凄いだろ。ワハハ

371 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:47 ID:udpx5ADn
>>357
めっさ上手じゃん・・・


372 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:47 ID:MkRdG7lP
>>360
ありがとう!


実社会で、周りに本読む奴が全く居なくてさ。
たまには小難しいこととか言いたくなるんだよな

373 :PEG:02/10/17 00:48 ID:HVuHvt6c
>351
うーん、僕のいいたいこととちょっと違う。
評論家が自分の文章について書いたことは全部チェックしていそう。
権威のある人の文章は鵜呑みにする。
悪い意味で勉強熱心。

昔は才能があったのにね。
才能は枯れるものだと村上龍は教えてくれた。

374 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:48 ID:xBPvL2VU
それより、
春樹は一時期、総理大臣をやってたぞ。
地味なんで余り気づく者もいなかったが。

375 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 00:51 ID:9hVIzBhN
村上龍が天才かどうかはわからないけど,新刊の「恋愛の格差」ってヤツ。
オビしか読んでないんだけど(w,目の付け所が面白いなぁ……。
と,ちょっと感心してしまいますた。

376 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:53 ID:MkRdG7lP
最近の春樹の、ちょっとサスペンス風味の展開がちょっと
個人的には、もっと情景とかで読ませて欲しいんだけど

377 :名無しさん@3周年:02/10/17 00:53 ID:69v54x3u
>>373
そういや、柄谷行人とかやたらと取り上げてたな。

昔に才能あったのかな?限りなく透明に、、、とか、なんで芥川賞取ったのかわからない
単にめずらしかったからじゃないかと思う。

378 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:00 ID:oLj48+DP
>>347
不良少年となんとかってやつですね
序盤歯が痛くてたまらんよーて内容の
アンゴも太宰も好きだったから図書館で読んでて
一人でちょっと泣いた思い出が・・。

379 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:01 ID:69v54x3u
それにしても58万部か、1冊売れて100円はいってくるとして
5800万か、いいな。

380 :378:02/10/17 01:02 ID:oLj48+DP
思い出した、 不良少年とキリスト


381 :PEG:02/10/17 01:04 ID:HVuHvt6c
>377
コインロッカー・ベイビーズとかはすごいんでない。
何の根拠と確信があってあんなものを書いたのか理解できない。
あれ以降はへんに知恵をつけてしまった。
最近は時代遅れのインテリといっしょになって、
一生懸命はやり物に擦り寄っている。

あと、小説に小説以上のものを求めている。
小説と時代がリンクして、とか。
だから、自分の過去の作品がちょっとでも時代的な事件と接点がありそうだと
すごい喜ぶよね。
ちょっと見てらんない。
小説家よりも評論家にでもなったほうがいいのではないかと思う。
村上龍について語ってみてもしょうがないけど。

382 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 01:05 ID:iP8cD/Vc
>>375
そうかな。
世の中に昔からある事に
あたかも今定義付けして喜んでるような印象受けるがナァ。

383 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:05 ID:AHoG6MqM
>>380
そうそうそれ。

文庫の『堕落論』をなくしてしまった・・・
もう1回買うか。

384 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 01:09 ID:9hVIzBhN
>>382
優勝劣敗の世界なんてのは耳タコだけど,
「競争社会の脱落者に恋愛は可能か?」っていう問題提起が,
身も蓋もなくて惹かれた。


でも,これはどっちかっていうと評論家としての仕事だよね。

385 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:20 ID:69v54x3u
>>381
コインロッカーは実際の事件をモチーフにして、関連分野を勉強して
その上で想像を付け加えて書く。といった龍お得意のパターンのはしりだ。
龍自身も書いてたと思うけど、そういった事件は最近急速に増えつつあって
しかも事件に物語性が無く突発的で、実はたいした意味はないってことが
明らかになりつつある。

初期の龍は「悪=かっこいい」みたいな感じで売ってたけど、いざ社会が
悪に染まってくると存在意義をなくしちまったってとこかな。

>自分の過去の作品がちょっとでも時代的な事件と接点がありそうだと
すごい喜ぶよね。
オウムの時の「愛と幻想のファシズム」とか、酒鬼薔薇のときのミソスープ
とかだな。喜ぶのは別にかまわないんだけど、そういったことをいちいち
エッセーに書くのは食傷気味だな。

ちょっとねむいのでまとまり無くてゴメン

386 :とりあえず:02/10/17 01:22 ID:vLsq51+n
ハルキのは全部読んでるけど、ハードボイルドか羊かなぁ好きなの。
ネジマキ、ノルウエーとかは不完全燃焼って感じ。
カフカは昔の作風が戻ってきたようだな。

ノーベル賞はちと、春樹がとるタイプと違うんじゃないかな?
大江健三郎の個人的な体験は春樹っぽいが…

387 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:25 ID:69v54x3u
>>386
春樹、ノーベル賞辞退したらかっこいいんだけどなあ
してくれ!頼む!!

388 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:27 ID:cawCeWd3
案の定村上龍の話題が飛び出してるな

389 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:29 ID:u3bqODpd
こいつの本の愛読者って
なんかキモイ奴が多い。
俺の周りではね

390 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:30 ID:69v54x3u
>>389
愛読してマース♥

391 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:30 ID:3jl7y96e
村上春樹の本は日曜の午後にビールを飲みながら楽しむのに最高です。

392 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:31 ID:WNzjeEBE
『羊をめぐる冒険』よりもエエか、エエのか、サイコーか?

393 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:31 ID:udpx5ADn
村上龍は、タイプ的に秋元康に似ていると思ったことがある。

394 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:33 ID:1FNe9GoC
>>325
激しく同意。あれは、誰が企画したのかわからないが、龍と春樹にオリンピックに
ついて文章を書かせるって時点で、ほとんど龍へのいやがらせ企画のようだった(笑)

アレ読むと、物事のとらえかたのレベルに圧倒的な差があることがよくわかる。

395 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:33 ID:69v54x3u
>>393
体型とか、SM好きなところもにてるな

396 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:33 ID:udpx5ADn
>>386
村上春樹の文体って、大江健三郎に似てないか?

>>387
しねえよ。欲しくて必死だってのに。

397 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 01:33 ID:9hVIzBhN
村上龍プロデュースのアイドルグループ……。
嫌だな(w

398 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:35 ID:+cm8ikJL
この人の文章読むくらいでしたら、
漏れはタバコ呑みながらブランキージェットシティを聞きます。



399 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:38 ID:69v54x3u
>>396
欲しくて必死のソースは?

>>398
ご自由に

400 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:39 ID:TwN6pPxs
世界の終わり→カフカ→ノルウェイと読んできたんだが
次第につまらなくなってきた。
今はダンス読みかけで止まってしまっている。
さて、読むべきか読まざるべきか。。。

401 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:40 ID:69v54x3u
>>400
そのくらい、自分で決めようぜ?

402 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:41 ID:H1fI07Dg
>>374
羽田かよ。オレも最初に春樹の写真見た時そうオモタ

403 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:42 ID:XTFd9rYt
村上春樹読んでるやつってかなりアホっぽいな

404 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:43 ID:OpJZctV2
>>389
君の周りにキモイ奴が多いだけでは(類は友を呼ぶ)

405 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:45 ID:yza0FpMQ
もう古本屋には並んでますか?
明日あたり見に行ってみるかな。

>>400
ダンスの前に羊読まなきゃ。

406 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:45 ID:udpx5ADn
>>399
欲しがってるって、どっかの雑誌かなんかで以前読んだよ。
それに上の方にも書いてあったけど、もし何か狙ってるんでなければ
アンダーグラウンドって一体どういう位置付けで書いたわけ?


407 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:45 ID:69v54x3u
>>403
読んでマース♥

408 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:46 ID:69v54x3u
欲しがってるって、どっかの雑誌かなんかで以前読んだよ。
欲しがってるって、どっかの雑誌かなんかで以前読んだよ。
欲しがってるって、どっかの雑誌かなんかで以前読んだよ。

ここ1年でもっとも笑った

409 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:47 ID:yza0FpMQ
>>406
変な雑誌に書いてあることいちいち信じてたら
世の中大変ですよ。

410 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:48 ID:udpx5ADn
>>404
俺の周りで読んでた奴は、何読んでいいかわからんし
売れてるからとりあえず読むってのがほとんどだったな。


411 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:48 ID:KnlN1aKV
ノルウェイが全然だめねじまき鳥 ダンスダンスダンス系が何故かよい
風も好きだけど…
わけわからんもん書かせたら右に出るヤツいないね
金欠で読んでないけどカフカはどっち系かね?
とんがり烏さん達も絶賛か…
にしても龍ってなんなんでしょうか?
読めないよ…あれ

412 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:49 ID:bJgQj5GA
>>405 BOOK OFFで平積みされています。

413 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:49 ID:yza0FpMQ
春樹は賞を辞退したことはないんじゃない?
全集入りを辞退したことはあるらしいけど。

414 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:49 ID:u3bqODpd
>>404
友達じゃないよ、そいつらは

俺の知り合い⊃春樹愛読者⊃キモイ奴
愛読者全部がキモイ奴といってるわけじゃないの
だが、割合として多いというのは事実

415 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:49 ID:udpx5ADn
>>408
おまえ・・必死だな。悪かったよ。
じゃあアンダーグラウンドについて説明してくれよ。

416 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:50 ID:yza0FpMQ
>>412
さんきゅ。明日買ってきます。

417 :.:02/10/17 01:51 ID:T5QZlayM
>>405
おれ、読んだからあげるよ。明日八時の新幹線で東京-名古屋間の鉄橋
にさしかかったら、窓から投げ捨てるからキャッチしてくれ。

418 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:52 ID:XTFd9rYt
アンダーグラウンドってパクリでしょ。

419 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 01:52 ID:9hVIzBhN
>>417
新幹線,窓開かないよ(w

420 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:52 ID:Juzq/Z6S
龍は、日経朝刊に「イン・ザ・ミソスープ」を連載してる時にびびった。
とくに最後のばっさばっさ殺す場面ね。
こんなの朝っぱらから読ませんなや!とか思った覚えが。
日経と言えば同じく朝っぱらから「失楽園」やってて、それもどっきどきした。

ハルキは羊がいい。やっぱり話として面白いのがわかりやすい。
ノルウェイは、疲れる。ねじまき鳥は、もっと疲れる。
でもカフカも一応読む。早く文庫になんないかな。

421 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:53 ID:iDl0QZ0m
世界の終わりと羊が好き。
高校の時読んで面白かった。

ただ、今になって思うと、その位の年代向けの小説であって、
ハタチ過ぎた年齢の大人が読んでどうこうといった話では無いとも思う。

422 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:54 ID:69v54x3u
>>415
アンダーグラウンドは春樹がどっかの雑誌かなんかで
サリン被害者の夫を持つ婦人の投稿を読んで疑問に思って書いたんだよ。

423 :混沌スープ:02/10/17 01:55 ID:ulcmOgsf
賛否両論あっても、作家のスレで
こんなにレスが付くのはやっぱりすごいなぁと思う。

424 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:55 ID:yza0FpMQ
>>417
中国地方在住なもので。

>>418
なんの?

425 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:55 ID:69v54x3u
>>420
できとう言ってるな
ミソスープは読売夕刊だったよ。

426 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:56 ID:69v54x3u
>>423
だよな。龍がひっついてるのもすごい

427 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:57 ID:upIUvo1u
じゃーオマエラのお勧めの本かいてみれ!
批判しかできねーんだろ?オメーら!

428 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:57 ID:/XS2Dry0
>421
禿堂
読んだヤツに聞く事っつったらおもしろいかおもしろくないかだけだしね


429 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:58 ID:mPTExTsa
>>423
禿同。

好きにしろキライにしろ、「気になる」「話題に参加したくなる」 だけでも、十二分に凄い。
ある意味、下手な賞を貰うよりも、知名度が高い方が作家としてステータスになる。

430 :名無しさん@永劫怪奇 ◆RYJnY4VaGM :02/10/17 01:58 ID:9hVIzBhN
>>427
概ね好評みたいだけど……。

431 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:58 ID:aLYDEbOu
なんであんなに文章うまいの?

432 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:59 ID:3Qm7mZTN
龍の「昭和歌謡大全」ドラマになるそうやね。
楽しみだ。この前の家族ものよりは遙かにいいはず。
春樹作品もワンダーランドとかねじ巻き鳥なんかドラマ化したら
おもしろいものができそうなんだが。映像化拒否だって。しくしく。

433 :名無しさん@3周年:02/10/17 01:59 ID:yza0FpMQ
>>415
うろ覚えだけど、

明確な複数の視座を作り出すのに必要な材料を提供するため、

とかいってたような。




434 :名無しさん@3周年 :02/10/17 01:59 ID:rYaaEq1K
1に載ってる朝日新聞の記事を今読んだけど、そこのリンク先にあった
7年ぶりの新作「本格小説」水村美苗 の方が刺激的なニュースだと思う。

435 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:00 ID:ynpYOSN+
>◆世界文学水準で圧倒的―加藤典洋さん(中略)
>◆あまりに文章巧すぎて―坪内祐三さん(中略)

へ〜

>◆説得力を欠く現実回帰―宮台真司さん(以下略)

こいつはほら、半吉だから。


結論・買う前に一般人的にはにそれなりに楽しめることはわかる。
    ナナメに読みたい奴は呼んだあとで難癖をつけて悦に浸れる。
    買い。



436 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:00 ID:69v54x3u
200X年
龍、都知事選出場
春樹、ノーベル賞辞退

437 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:01 ID:Juzq/Z6S
>>425
すんません、適当言いました。
夕刊だった・・・。
でも、じゃあ何故、漏れは朝読んでた記憶が・・・?

438 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:01 ID:D4hwrdqh
こんなの記事にしてる朝日はセコい

439 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:01 ID:2jGX7UWH
村上春樹ってノルウェイの森とかいうポルノ小説まがい書いてたやつだろ

440 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:01 ID:BpDzG/K9
春樹は好きだねえ。まだあれは読んでいないけれど。俺にとってあの人は精神的に病んでいると思うんだよね。だからこそ面白いという感じかな。
あの人の本はできればドラッグをやりながら読みたい。それができないから、泥酔しながら読んでいるよ。それがとても気持ちいい。


441 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:02 ID:69v54x3u
>>432
ねじまき鳥は映画化して、笠原メイが脱ぐところを見たい

442 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:03 ID:yza0FpMQ
燃料係の人が読んでない人ばかりみたいで盛り上がらないですね。

443 :名無しさん@3周年 :02/10/17 02:04 ID:XTFd9rYt
>424
なんかのホロコースト物の映画監督が言ってた言葉
と同じような事言ってた。村上春樹って発想が陳腐だよ。

444 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:05 ID:iDl0QZ0m
>>428
そうだね。
ミニシアター系の映画をありがたがったりできる年代の人は楽しめると思う。
あと、>>440みたくドラッグがどうこうとか、臆面もなく言えちゃうようなお子様とか。

445 :名無し野郎:02/10/17 02:05 ID:8fS7M5bp
この人のファンを広言する奴は嫌な奴である可能性が高い。


446 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:05 ID:sk5Xw7L5
新堂冬樹もおもろいぞ。
三人称だけど。

447 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:11 ID:yza0FpMQ
>>443
アンダーグラウンドはインタビュー集なんだけど。。
インタビューの中でってことかな。

448 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:11 ID:vNaGV0Iq
>>440
カッコイイネ ぷぷぷ・・・。

449 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:14 ID:C8A5pzlx
1973年のピンボールが好きかな

450 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:16 ID:VXID2kQX
こんなつまらんもん書いてノーベル賞狙ってんのかよ。
わらわせるぜ。

451 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:18 ID:69v54x3u
>>450
だから狙ってねえって

とぶちぎれてみる

452 ::02/10/17 02:19 ID:wOf2F2hT
>>440
たまにいるよな、こういう感じの人。
言うなれば「言葉のマスターベーション」何てどうだろう?

453 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:21 ID:C8A5pzlx
途中まで読んだが、ジョニー・ウォーカーが出てきたところで
「いつもと同じじゃん」と思ってしまった
一応最後まで読むつもりだが

454 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:23 ID:43lUqnjb
女子供の為の文章だな・・・

455 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:26 ID:69v54x3u
>>454
たしかひらがなで日記つけだしたのも女だったな

456 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:26 ID:JpHhst8N
>454
ドストエフスキーの原文を一生かけて読んで悦に浸ってなさい。


457 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:26 ID:UfwBVbyc
>>453
いつもといっしょだったよ。
あっちとこっちの世界があって、それを繋ぐ人がいて、
主人公があっちにも行くっていう意味で。

あと、紙の質いいな、この本。
普通の本より材料費高そう。

458 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:28 ID:UfwBVbyc
龍は「噂の真相」に書いてあることを信じると読む気がなくなるな。
出版社、甘えさせすぎ!

459 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:29 ID:PvfLpE5r
>>454
文学界は男社会という罠

460 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:35 ID:udpx5ADn
>>422
どうしていきなりノンフィクションなんか書いたの?
今度はノンフィクションの方にも手を広げるのかと思ったけど
あれ一本きりみたいだし。

>>456
翻訳でもドストエフスキーのが全然分かりやすくて面白いんだけど

461 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:40 ID:43lUqnjb
まぁ、こいつの文章はオスカー・ワイルドのぱくりだって事に
ドリアングレイの肖像でも読んで気付く事だ・・・

462 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:40 ID:69v54x3u
>>460
別に疑問に思ったから書く、でいいんじゃないかな?
紀行文とかも小説に比べたらそんなに書いてない。

463 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:42 ID:ZhdPlbHt
春樹ってオモシレーの?
読んだことねーんだけど。

464 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:46 ID:0yvstFBU
>>264
幼年期の終わりはいいねぇ。友人に薦められ読んだ始めてのSFだった。
五年位前の話しだけどね。

ラシャベラクっていう宇宙人の名前だけ妙に覚えてる。。。
今、読む本がない奴はコレ読んでみて!


465 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:47 ID:69v54x3u
>>463
チョーオモシレー

466 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:51 ID:udpx5ADn
>>461
翻訳口調だよね。

>>462
あれ読んだ?一体どーいうつもり?って思わなかった?


467 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:53 ID:ueVaw3Xb
>>461
三島由紀夫は好き?

468 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:55 ID:u8HdVmth
おまえらさ、こいつの文章が旨い旨いってホメてるやつ
、まあ、どんな翻訳ものでもいいからよんでみ。
こいつより、もう一段、弐段うまいやつばっかだよ。
ハルキも英語が堪能っつから、もっと旨い文章かくかと
おもったけど、やっぱ、もうひとつでしたね。


469 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:57 ID:u8HdVmth
ポール・セローの足下くらいにはおよんでるかな。ま、邦人の中では
一番うまいほうだろうね。やっぱ英語できるやつの文章ってのは、
比較的うまいとは思うね。

470 :名無しさん@3周年:02/10/17 02:58 ID:oUEa7J0t
羊男は出る?

471 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:03 ID:69v54x3u
>>466
別に不快には思わなかったよ。
河合雅雄に会いに行く(名前あってる?)で伏線引いてたし

472 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:03 ID:u8HdVmth
マキャモンの足下にもおよんでいない。文章も、構成も、キャラクタも描写も
テンポも。
ま、おれが邦人の活字(邦活という)を読むなんてこたあ、ねんだけどもね。


473 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:04 ID:cKTtJMOu
少年(;´Д`)ハァハァ

474 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:07 ID:69v54x3u
>>469 >>472
海外マンセーってわけね

475 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:07 ID:F+vrdPpw
「ノルウェイの森」


みんな自殺しました。
おしまい。

476 :れっさーぱんだらすかる ◆/Oz21JaoVI :02/10/17 03:10 ID:TYfZWDt0
無口な主人公。
美人ではないけど感じのイイ女性
サンドイッチの作るのがウマイ相談相手
特定の音楽とある種の本

やれやれとオーケー



477 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:18 ID:HmQI48bj
>>469
>やっぱ英語できるやつの文章ってのは、
>比較的うまいとは思うね。

ギャグ?




478 :名無しさん@3周年:02/10/17 03:41 ID:0FAfBEkd
龍好きな奴こんなにいんのか・・・

479 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:03 ID:ueVaw3Xb
>>478
龍嫌いな人はもっともっといるから大丈夫よ



480 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:14 ID:vqrsLxQa
>>446
新堂冬樹おもしろい。
書きすぎて、ギャグになってない?
「無間地獄」アタマからオチまで
すべり知らずで、読めた。ブス描写最高!

481 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:18 ID:TwN6pPxs
おまいらの中での春樹のベスト作品は?

482 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:22 ID:5KF0NXtd
戦国自衛隊

483 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:24 ID:0FAfBEkd
>>481
納屋を焼く

484 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:25 ID:ukDMSgGD
>>441
あらゆる面であの作品の映像化は不可能。


485 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:25 ID:43lUqnjb
半村良

486 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:27 ID:8eLDhhx6
>>481
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 

487 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:39 ID:FqrozNPe
精神が病んでいる人の話が好きなんでノルウェイの森好きだったんだけど
この作品も逝けてるの?


488 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:43 ID:w/hJiKqw
隊長殿!!どっちを叩けばよろしいですか?春樹ですか、龍ですか、明確なご指示を!!

489 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:45 ID:1RT0hoHS
>>9
(・∀・)ニヤニヤ

490 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:45 ID:IKjLC9lQ
ノルウェイの森とか海辺のカフカとか
アホを釣るのにええタイトル考えつくなあ。
リビアの砂漠とか岸壁のゾラとかではアカンのやろなあ。

491 :名無しさん@3周年:02/10/17 04:47 ID:0FAfBEkd
岸壁のゾラ...

492 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:07 ID:udpx5ADn
>>471
え、それ知らない。分からん。
「河合雅雄に会いに行く」ってどういうことの伏線なの?

493 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:17 ID:vjSQgJxW
ドラゴソなんて、ただのデブヲタじゃんw おまけにスケベでキモすぎ

494 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:28 ID:Gm200m9P
村上春樹って底が浅いよね。
まあフィッツジェラルドとかで育っているから仕方ないと言えば仕方ないけど、
もう少しその目の前の悲しみを自分に引き受け、掘り下げ、そしてどんな
形であれ悩める他の人々への道しるべを作って欲しいのだが。
いつもあの文章のテクニックでどんどんと悲しみの心象を凝縮しておきながら、
最後の最後はいつも「だってそれは仕方の無いことなんだ」で終わり。

平べったすぎる。
数日の読書のための本にはいいが、墓場まで持っていけるものは無い。

495 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:30 ID:TBJfxq+h
龍好きな香具師って若いんだろうな。
龍の方が「リアル」とか言ってるんだから。
そりゃディティールは龍のほうが調べてるからねえ。。。
ただ文学っていうのは(略

496 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:41 ID:6kBWXzTr
>>495
極めて文学的なレスですな。

497 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:50 ID:W5bWd6IM
>>494
それはあなたが極めて底の浅い読み方しかできないからでしょう。

498 :名無しさん@3周年:02/10/17 05:53 ID:TMuy0N1O
羊をめぐる冒険が一番かな

499 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:04 ID:PZhXP6Jy
>494
深ければいいというわけでも無じかろうに。
浅いほうが若い世代にはリアリテイィィィがあるのですよ。

500 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:08 ID:wPxuEJyP
浅くておもしろい文章をかくことは
深くてつまんない文章を書くよりはるかに難しい。

501 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:10 ID:X9G+hncR
ケフカ?

502 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:10 ID:wPxuEJyP
まあ小説なんて20歳くらいまでだろ。
それ以上で読んでるやつはアホか暇人だな(w

503 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:11 ID:Gm200m9P
>>497
文学的味わいというなら確かにすばらしいですよ。
でも、言葉に重みがないのです。
言葉の選択と配列には長けているが、彼の中にある表現されるものが
強い意志を持っていないのです。

>>499
まあでも私はそうではないというだけのことなんですよね。
好みの問題ですか。
とは言っても読む方も書く方も全人的な存在を傾けてある本に向かっているなら、
たんに「好み」の問題で他人と自分を仕切ることは許されないのですが。

504 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:37 ID:bJgQj5GA
>>503

「好み」という言葉の意味を理解していないようですね、それは個人の趣向
というものとして捉えているからくる発言なんでしょうけど、あなたこそ
思考の底が浅すぎます。

505 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:42 ID:wPxuEJyP
それはどういうことですか?

506 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:42 ID:xKgQ//3h
加藤は「普通の人がはじめてでてきた」
坪内は「まともな大人が一人も登場しない」

どっちやねん
評論なんてあてになんねーな

507 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:43 ID:wPxuEJyP
まともな大人なんていない どこにも

508 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:50 ID:Gm200m9P
>>504
わざわざ「」をつけて「好み」と書いたのですが。
もちろんここでは「一人の人間がよって立つひとつの人生の倫理」というような
意味です。

そのような多様な倫理を持ち合って語るには、春樹の作品は役不足だと
いうのです。彼ももう充分年を重ねているのだから、彼なりの「新しい人」を
提案して見てもよいのではないのでしょうか?

509 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:51 ID:bJgQj5GA
「好み」というのは個人の趣味判断では無いということです。

あなたの言う「全人的な存在を傾け・・」という言葉と「好み」と
いうのは殆ど同義なんですよ。


そもそも「好み」ということで「他人と自分を仕切る・・」なんて現象は
起きない。

510 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:54 ID:OgwhD5dx
過負荷

511 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:56 ID:rDorHlO/
全人的て なーに?

512 :名無しさん@3周年:02/10/17 06:57 ID:rDorHlO/
可不可

513 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:03 ID:y4sMbMso
この板での本音は
>>9 が全てを語ってる。

龍のことを書いたら龍を叩き
春樹のことを書いたら春樹を叩く。

世情の反対、批判をすることにアイデンティティを感じ
それを個性と歌う。それが2ちゃんねる。













と書いてみるテスト

514 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:04 ID:H2JWa+nc
  ∩ ∩
 ( ・ω・) y=━
 し   つ 彡 サッ
  ( ○ ○


515 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:05 ID:Tp5NSzsJ
家父か?

516 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:07 ID:PZhXP6Jy
唯物論者のオレにとって 本など不要!
本読んでるひまあったら 精神科言って
リタリンくれ!!くれなきゃ死ぬーーー!!
て 言ったほうがいいよ

517 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:16 ID:Gm200m9P
>>509
それではわざわざ好みという言葉を使ってあなたの言う「好み」を表現しなくても
いいじゃないですか?もっと適切な言葉があるでしょう。

>「好み」というのは個人の趣味判断では無いということです。

これでは辞書的な意味の好みという言葉から乖離していますよ。
言葉の転用は原義と重なる部分を持たなければ意味のないことだと思いますが、
それではあなたの言う「好み」とはどういう定義なのですか?



518 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:22 ID:PZhXP6Jy
517が押しています この勝負 どちらが勝つのか?
あははははははははははっははははhhh

519 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:26 ID:LP1obEEN
>>517

・・・あなたの言う「全人的な存在を傾け・・」という言葉と「好み」と
いうのは殆ど同義とさっき言いましたけど。

そこから後は自分で考えて下さい。

520 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:27 ID:vAP74hyX
朝っぱらから暇だな

521 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:29 ID:gI/gEJGs
読んでみよっかなー・・・

522 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:32 ID:Q7Fs6g6m
「浜辺のアインシュタイン」に<インスパイヤ>されたって事かな?
相変わらずタイトルがあざといな(w

523 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:38 ID:FGgABxzU
加藤典洋は村上春樹信者だろ。こいつの評価なんかあてにならない。

524 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:41 ID:ajhNwXRW
>>1のタイトルのつけ方がうまいんだな。
「傑作」だなんて誰も言ってないのに。

漏れも「傑作」だとは思わない。まあ村上らしいなとおもうだけ。

でも「村上春樹の新作」といえばそれだけで話題性があるし、
「お」と思って手に取る人も多いだろうから、其れはそれで喜ばしいこと。

525 : :02/10/17 07:45 ID:7L3RcO8C
村上の小説って、読んでても退屈だし何ものこんない。
ズッコケ三人組のほうがいいよ!!

526 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:47 ID:LP1obEEN
>>524

何で其れはそれで喜ばしいことなの?

527 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:49 ID:2v5Bv48i
( ゚Д゚)y―┛~~。oO(春樹・龍談義は終了したのかな
まぁ、層が違いそうだから比較する事自体どうかと思うけど

528 :名無しさん@3周年:02/10/17 07:51 ID:Ubmn+Azz
村上龍は途中で何かキメタんじゃないの?と思わせるくらいに変わるのが凄い!

529 :冥土で逝く:02/10/17 07:53 ID:f/sVGtLP
何と、春樹スレが速報板に。。
買おうか迷い中。。やれやれ

530 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:17 ID:avbIjadX
フイリップ・グラスage

つかここ20年、斬新さで田中康夫の「なんクリ」
を越える本ってあるのか?

531 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:18 ID:RacwXktT
フィリップ・グラス。

532 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:20 ID:XyCVvFYe
ま、一生読むことはない

533 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:46 ID:727rospY
アメリカで一番読まれてる日本人作家。
早く翻訳だしてくれ。

534 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:47 ID:ri+XPoV6
春樹はカフカを読んだことない。売名行為のためにカフカの名前を使っただけ。
カフカはユダヤ人なので、米国でカフカをタイトルに入れたら出版確実で、
売れるし、信頼されると思ったのだろう。

535 :冥土で逝く:02/10/17 08:54 ID:f/sVGtLP
>>481
ベターに長篇は「世界の終わり〜」。短編は「パン屋再襲撃」

536 :名無しさん@3周年:02/10/17 08:58 ID:ADZiqdao
俺様的ランク
1:世界の終わりとハードボイルドワンダーランド
2:ねじまき鳥クロニクル
3:羊をめぐる冒険
4:ダンスダンスダンス
5:風の歌を聞け


オウム関連アンダーグラウンド、約束の場所で、
もう春樹は終わった、てのが2ちゃんの定説だった。

537 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:16 ID:eP/EYWdF
本って読む人は読むけど読まない人はほんっっっとに読まないよね。


538 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:38 ID:+aehOiuF
>>494
文学は人生相談か?

539 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:40 ID:+aehOiuF
>>534
根拠は?

540 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:42 ID:4/rDFpEI
村上春樹は1冊も読んだことがないが、夢枕獏の方が面白いと思う。

541 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:46 ID:8l1ZBIjC
1:羊をめぐる冒険
2:ねじまき鳥クロニクル
3以下:とくになし

542 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:47 ID:8l1ZBIjC
訂正
1:羊をめぐる冒険
2:ノルウェイの森
3:ねじまき鳥クロニクル
4以下:とくになし


543 :  :02/10/17 09:48 ID:Tya6CuJz
過負荷、アメリカで人気なし。(w

544 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:48 ID:E3Vugmbv
1:蛍←最強
2:世界の終わり〜
3:羊をめぐる冒険

545 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:51 ID:0tAAJhHf
>>539
釣られるなよ

546 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:52 ID:VO09C7VJ
>>524
良い悪いは別として村上春樹らしいってことなら買っても良いかな。
但し、次の土日馬券の収支がプラスで終わったらに限るが。

>537
うん、読まないな。俺なんか今年読んだ小説、「歩兵の本領」「天切り松闇カ語り」くらいの
もんだ。1年以上全く小説読んだことない人だってゴロゴロいるし。


547 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:53 ID:p/o/qveL
山川直人が自主制作した映画、100%の女の子はイイ。
万人には勧めないが、自主映画に抵抗ない人はぜひみてくれ。
書店でDVD売ってる。

548 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:53 ID:m8iE1gMl
俺は村上春樹に似ている。

549 :名無しさん@3周年:02/10/17 09:54 ID:kjdp4lM3
村上さんは双子フェチってほんとうですか?

550 :冥土で逝く:02/10/17 09:56 ID:f/sVGtLP
>>547
ああ、今だに観る機会を失ってる。室井滋出てるんだっけか。
山川直人は「ビリーザキッドの新しい夜明け」でシビレたが、映画は一発屋で終わっちったな。

551 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:03 ID:SKH6Oqgs
1. The wind-up bird chronicle

2. A wild sheep chase

3. Hard boiled wonderland and the end of the world

552 : :02/10/17 10:03 ID:fqmykrmc
本なんてフィクションでもノンフィクションでも面白ければいいんだよ。



553 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:11 ID:u8mqP80q
うーむ、役不足、役不足・・・

554 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:13 ID:3Qm7mZTN
>>551 It's very nice selection! 


555 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:14 ID:jxk97vpH
ひょんな事から、村上春樹「風の歌を聴け」を読んだ。
俺は元来、ちっちゃい字、いわゆる小説を読むのが大嫌い。
読んでるとなんか目がしょぼしょぼして眠くなる。て言うか、なんかおなか痛くなる。
あお向けになって両手両足をばたばたさせて買って買ってって言いたくなる。
たしか最後にちっちゃい字方面を読んだのが中学の時のズッコケ3人組。
そんな俺がいきなり村上春樹である。どうだ、かっこいいだろ。
まあ感想を言うと、何これ、こんなのあったんだって感じ。
こんなの初めて、みたいな。もっと早くに読むべきだった。せめて10代の内に。
訴えてくるものはなんにもない。大ドンデン返しのおちもなんにもない。
でも、いい。かなり好き。雰囲気が好き。
女の子が主人公にビーフシチュー作りすぎたから食べに来ないかって誘ってから
テーブルで向き合って喋って、明日から旅行に行くって告げるあたりがかなり好き。
これぞ文学。
お前らもこういうの読まなきゃ駄目だよ。馬鹿なんだから。
バトルロワナントカなんか読んできゃぴきゃぴ言ってる場合じゃない。
俺から言わせてもらえれば、バトルロワナントカなんかよりもずっと残酷でずっと優しい。
いやー、参りました。これは売れるよ。春樹はたぶん今年くるね。
これからお前ら、俺の事を春樹を発掘した男と呼べ。分かったか、馬鹿野郎。

556 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:17 ID:p/o/qveL
>>550
いや、一発も打ち上がってないと思うが…
ただ、俺は山川直人の100%の女の子を見て、村上春樹を読むようになり、
ビリーザキッドの新しい夜明けをみて高橋源一郎を読むようになった。
(おまけに「来たことのある初めての道」を見るためにwowowに入った)
山川直人は俺にとっては最高の映画監督。
ただ素人にはお勧めできない。

557 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:19 ID:b6dM5C0X
>>555
NOT FOUNDからのコピペうざ

558 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:20 ID:4/rDFpEI
おまいら、とりあえず猫弾きのオルオラネを読んでからにしろ。

559 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:24 ID:UnMqYyDT
さようならギャングたちはマジで面白いぞ。
たった一作だけで芥川賞の選考委員にのし上がらせたことをうなずける傑作だす。

560 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:25 ID:UnMqYyDT
>>559
高橋源一郎ね

ちなみに自分は日本人なら小説よりも漫画のほうが
相対的な内容・才能は上だとおもってます。

561 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:26 ID:SKH6Oqgs
村上春樹の紀行もの面白かったな。立ち読みで、タイトル
忘れちゃったけど。讃岐うどんの話が出てくるやつ。


562 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:29 ID:f/sVGtLP
>>561
ヨーロッパ紀行ものなら「遠い太鼓」があるけど

563 : :02/10/17 10:36 ID:b+PLjlLW
なんでニュー速+に春樹スレが・・・。
こいつの小説は、あんみつに練乳をぶっ掛けたようなくどくどしい甘さなんだよなあ。

564 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:37 ID:AdpLnn3+
>>555
俺はそれの映画版を見てしまったせいで、村上春樹の小説の
主人公すべてが小林薫に思えてくる。

565 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:40 ID:LAoVwP6F
ていうか


「カフカ」


のほうがおもしろいのでは?

566 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:44 ID:ri+XPoV6
>>565
映画?目玉ぐりぐりの?

567 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:48 ID:8dra79Lq
買ったけど、仕事が忙しくてまだ最初のところ
(少年がドライブインで美容師のねぇちゃんにジャムサンドを貰うところ)
までしか読んでない。
今週末はもうちょっと読み進めそう。

568 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:52 ID:0irjOO2L
漏れも趣味で小説書いたりするけど、本当に感想って
十人十色だよね。
傑作かどうかを客観的に判断するってのは、どうなんだろう。

569 :なんか周りが勝手に騒ぎ過ぎてねぇ?:02/10/17 10:56 ID:NWhDEJYL
ま、伊丹のタンポポをスタッフロールまで見てもなお「ラーメン屋の映画」と
言うヤツはすっこんでろ!、とそう言うことなので御座います。

>>513 保母堂

570 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:56 ID:8dra79Lq
>561
それは「近境・辺境」だっけか?
青い表紙で写真のやつ。

571 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:58 ID:ki/FdzCO
自分の作品を100%客観的にっていうと無理


572 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:58 ID:SKH6Oqgs
>>570
それだ!

573 :名無しさん@3周年:02/10/17 10:59 ID:yGFt3Mc+
宮台は昔から村上春樹嫌いだったな。
「まったり」≠「諦念」=「やれやれ」

574 :名無しさん@3周年:02/10/17 11:00 ID:yGFt3Mc+
今、龍の愛と幻想のファシズム読んでる。
面白い?これ

575 :名無しさん@3周年:02/10/17 11:02 ID:tSUxxGiE
>>564
坂田明のジェイに萎えた

576 :名無しさん@3周年:02/10/17 11:02 ID:ad04N1lU
>>574
中田英寿が絶賛してた。

577 :真昼魔王 ◆2lCecDUYt2 :02/10/17 11:03 ID:4aOXtgHp
>>568
傑作なんてのは、自分だけのものだよ
万人が感動する、なんてのは無理なんだから

自分のお気に入りを大切にするといい

578 :名無しさん@3周年:02/10/17 12:09 ID:3Qm7mZTN
>>574
愛と幻想のファシズムは失敗作と聞いているので
読む気しないな。龍は本質的には短編作家だよ。
お料理小説とかワイン小説読んでみるとよくわかるっさ。

579 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

580 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:12 ID:z81U6bZC
それでは次のニュース。

581 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:34 ID:xbYW8yqe
それにしても世界中であれだけ読まれているのはすごいね。

582 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:36 ID:z/jZiJQ/
石原慎太郎は漢字が多くて文体も好きじゃない。それにくらべて
春樹先生は文体もなめらかで、非常に気持ち良くよめるから好きです。

583 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:42 ID:BEo27+Fg
海辺のカフカ読んだけどいまいちでした。
春樹なんかよりこっちを読め!っていう現代作家がいたら
教えてください。


584 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:43 ID:TocIo2KA
加藤典洋、坪内祐三ときて、なんで宮台真司なんだ?
オチをつけてどうするんだ(w

585 :名無しさん@3周年:02/10/17 14:52 ID:bM6wBYD3
この人の本気持ち悪い。
回り(特に女のこ)に村上春樹を勧める人、春樹に自己投影してる
人、もしくは「俺って春樹の本の主人公に似てる」と言ってる人。
やめたほうがいいと思う。禿げしくそう思う。早く気付いた方がいいよ

内容はスカスカだけど読んでる自分に酔える本だとは思う。自分はだめ
だったが。ぶっちゃけ春樹好きな人ってかっこいいっぽいからそう思
ってるだけでしょ?!

ところで海辺のカフカ、春樹の本ってストーリーはいつもらぶひな系
B級少年漫画に作者が自己投影しちゃったみたいな感じだけど、これ
はちょっと違うみたいだね。


586 : :02/10/17 15:09 ID:b+PLjlLW
>>585
禿げしく胴衣。
村上春樹の熱心な読者と尾崎豊の信者に共通点を感じる。

587 :ああああ:02/10/17 15:11 ID:5CVwoXdI
とりあえず池波正太郎「剣客商売」の方が面白かった。
じーちゃんの形見を最近読み始めてハマっている。

588 :名無しさん@3周年:02/10/17 15:13 ID:vKnWF3zZ
でも、なんのかんの言っても現代作家の中では春樹以外に
読むに耐えるものがないな。

589 :  :02/10/17 15:19 ID:2SV2gTL3
小説はよく読むほうだが、
村上春樹の小説は一冊も読んだことない。
面白いのだろうか。

ちなみに、オウムのドキュメント本と、
和田誠がイラストを書いてるジャズの本は買った。
オウムの本は一回読んで、古本屋に売ってしまった。
ジャズの本は奇麗なのでまだとってある。

590 :名無しさん@3周年:02/10/17 15:22 ID:zdhKS/XD
これどこがニュースなの?
「海辺のカフカ」はさっき新幹線車内で上巻を読み終えたところだよ。
いまんところ並という印象だぁ。でも下巻も読むさ。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
が一番好きだ。「世界の終わり」編の空気がね。
「羊をめぐる冒険」「ノルウェイの森」は印象に残ってる。残りは正直、並な印象。
短編だと…マクドナルドに立てこもる奴。なんだっけ。
病的なものに惹かれる性質だね。ダメ人間だし。

好き嫌いじゃなくて、「アンダーグラウンド」は読み物としていいと思う。
読後しばらく精神的におかしくなるけど。

ノーベル賞?なんでそんな話があるのかよく知らないんだけど、
あまり取れると思わないけどなぁ。20年くらい先なら何か起こってるかも知れないけど。

591 : :02/10/17 15:23 ID:tlKea/lJ
>>583
根本敬「ディープコリア」

592 :シーシュポス:02/10/17 15:33 ID:mq8/yCXr
羊の皮をかぶった筒井

593 :名無しさん@3周年:02/10/17 15:44 ID:rynl3L/E
「風の歌を聴け」映画版では室井滋のオッパイが見れます。

594 :(´∀` )さん:02/10/17 15:47 ID:MGGOcfK1
>>593
映画になっているのか。。。

595 :585:02/10/17 15:54 ID:bM6wBYD3
自分は貴志○介とかエンターテイメントに徹している本がどっちかというと
好きだから合わないだけかもしれない。

村上春樹の本何冊か読んだけど、大人のファソタジー路線(?)なのは
かまわないんだけど、あのねばりつくようなしつこい自己投影がち
らついて我慢できない。例えばさ、らぶひなとかI`sみたいな漫画って
読者が自分をだぶらせる余地があるような主人公にするのがセオリー
じゃん。まさに春樹の小説は自分をだぶらせられるような物語を自分自
身でつくってるって感じ。何度も主人公、ストーリーが同じような特徴
の本が沢山。それって小説家としてどうよ。

流行ってるのに本当にいいんかなー???と思って5、6冊も読んでしま
ったから余計嫌い…。カフカについてじゃないね、スマソ。


596 :名無しさん@3周年:02/10/17 15:57 ID:rDorHlO/
どうも激しい人生を送ってるめぐまれない人達は春樹が嫌いで
私みたいに優雅に薄っぺらい人生を送ってる人は結構好きみたいだな。
>>585なんかは子供の頃、親に性的虐待受けてそうだな。ははは。

597 :名無しさん@3周年:02/10/17 15:59 ID:b82zBme6
文庫待ちだわ。
そんな急いで読むこともなさそうだし。

598 :名無しさん@3周年:02/10/17 16:00 ID:PXfz+LWK
>>596
確かに薄っぺらさがにじみ出ている文章だ。

599 :名無しさん@3周年:02/10/17 16:02 ID:6y1axqf0
村上の小説でよく出る 「失われた」ってのが嫌い。
どうせなら2ch風に「激しく喪失」されたらいいのに。

600 : ◆nzw1KhalKI :02/10/17 16:04 ID:H9lMFIKy
>590
>短編だと…マクドナルドに立てこもる奴。なんだっけ。
「パン屋再襲撃」。
ちなみに「パン屋襲撃」という、マックに立てこもる以前に
パンが欲しくてパン屋に強盗しに行って失敗したという短編もある。

601 :名無しさん@3周年:02/10/17 16:39 ID:Eil3Eaic
>>587
そりゃ、剣客商売の方が面白いよ。

ついでに言うと剣客商売とか鬼平の世界に浸りきって感化されてもはた目には
アホで済む。
村上春樹の小説に浸りきって感化されるとアホでは済まない。ガイキチの一歩
手前って感じで痛すぎる。

602 :名無しさん@3周年:02/10/17 16:47 ID:cqJ9Q0At
結局、春樹の本がベストセラーなのが気に食わないのね。

603 :名無しさん@3周年:02/10/17 17:38 ID:nieLC/WA
文学というより、ノベライズした少女マンガ。

604 :名無しさん@3周年:02/10/17 17:40 ID:2LFNSOC4
売れればそれでイイ

605 :名無しさん@3周年:02/10/17 17:44 ID:g1DXuCyw
やっぱり羊をめぐる冒険が一番!

606 :名無しさん@3周年:02/10/17 17:49 ID:qZd37/Cl
村上春樹の本は、読む度にどこか憂鬱になり、
何となく嫌な感じで読み終わる。
しかし、気付けばまた、読んでない彼の本に
手を伸ばしている・・・・。
結局私もはまっているのか。藁

でも、「村上朝日堂」は面白いと思ふ。

607 :海辺のケフカ:02/10/17 17:54 ID:6MOt5qap
妖星乱舞

608 :名無しさん@3周年:02/10/17 17:56 ID:kNSSzO1w
>>583
夢枕獏

609 :名無しさん@3周年:02/10/17 18:01 ID:wx+W2/h6
 宮台ハゲがなんか否定っぽいコメント出してるので、きっと面白い
作品なんではないだろうか。
 あのバカ、なんか流行しているものとかを否定すんのがカッコイイ
って勘違いしてるし。

 と、個人攻撃に走った厨房発言なのでsage


610 :601:02/10/17 19:17 ID:nsMeSXsO
昔、元神戸市民だというタクシーの運ちゃんが「風の歌を聴け」を誉めてたなあ。
街の描写が凄くいいんだそうな。タクシー乗って小説の話したんで印象に残ってる。



611 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:06 ID:UfwBVbyc
1位 羊男のクリスマス
2位 羊をめぐる冒険
3位 ダンス・ダンス・ダンス

612 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:11 ID:m6UzKNmH
春樹の小説タイトルって毎度々大袈裟だよね

613 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:15 ID:K/9jksNn
正直、余り面白くない・・・・・・・

614 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:22 ID:abAtJLHn
希望の国の〜はPC関連モノって話だけど
谷甲州のヴァレリアファイルと比べてどう?

615 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:48 ID:VAsXJXEx
やっぱり辻仁成だろ!

616 :名無しさん@3周年:02/10/17 20:51 ID:XNUs85KQ
希望の国のエクソダスは2ちゃねらーなら読んどけ

617 :泪橋二世 ◆62EAJV1BKw :02/10/17 20:59 ID:tRXmq5y8
>>616
不思議の国のアヌスとエクソダスゴールドなら知ってます。
見てませんが…

618 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:03 ID:2FoVP4L9
33章まで読んだんだけどおもしれぇ〜
ここまで一気に読みますた
それにしても、これ読みこなすにはある程度の教養が必要だよね


619 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:05 ID:2TYZchIy
12国期とどっちが面白いかで私の基準なのですが、どっちでしょう。

620 :泪橋二世 ◆62EAJV1BKw :02/10/17 21:07 ID:tRXmq5y8
>>619
たぶん十二国記、読んではないけどアニメ見た。

621 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:08 ID:2TYZchIy
12国期→12国記でしたね。失礼。
>>620 ありがとう。

622 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:09 ID:fZgOPdx7
「はねまくら」と「かき氷」

623 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:10 ID:F8hPjjvj
読んでないけどエディプスだって?
河合効果?

624 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :02/10/17 21:10 ID:o33HHdeW
>>619
『面白さ』でいったら12国記の方が絶対面白い。
『ロードオブザリング』と『ダンサーインザダーク』を比べるようなモン。

625 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:11 ID:ULgIx2Zn
風の歌を聴けは最高だと思う。
作者本人気に入らないらしいけどあの文体にはまった。

626 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/17 21:16 ID:pb4XxUoR
某keyの元ネタ作家を語るスレはここですか?

627 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:17 ID:QuMlUjuQ
>>626
え、KanonもAirも村上春樹が元ネタなの?

628 :似非スモーカー:02/10/17 21:18 ID:v+rM3j3N
( ´D`)y─┛~~カフカといえばFF6のラスボスれすね。

629 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:19 ID:ULgIx2Zn
>>628
海辺のカフカ関係のスレ見るたびにそのネタ出てきてうざい。

630 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:20 ID:2FoVP4L9
叶姉妹は「ねじまき鳥」の
加納マルタ加納クレタがモデルなんだろ。

631 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:22 ID:MSqGjxhn
都合よくいい女があらわれて。
都合よくセクースできて。
都合よく射精して。
都合よくオンナは居なくなる。

まあ、お前らには無縁の世界だよ。

632 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:22 ID:fZgOPdx7
よーし、パパ水の音聞いちゃうぞー

633 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:27 ID:GY/QQ63y
>>628
カフカと言えば『異邦人』だろうが。
無教養のDQNは引っ込んでろ。

634 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:27 ID:ULgIx2Zn
>>633
ネ(略

635 :龍は嫌いだが「69」はよい:02/10/17 21:30 ID:nhedRJFe
>>633
すごく喰いつきの良さそうな餌でつね。

636 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:31 ID:sKhsuHpc
>>633

ああ、釣られたい・・・w

637 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:31 ID:QuMlUjuQ
>>631
ま、現実にはありえんこっちゃな。

638 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:32 ID:ULgIx2Zn
俺は釣られたのか・・・ガーン

639 :泪橋二世 ◆62EAJV1BKw :02/10/17 21:32 ID:tRXmq5y8
>>633
同じく釣られたい。

640 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/17 21:32 ID:pb4XxUoR
>>633
カフカと言えば、ここだろ!
http://www.thida.net/s/kafka/

あと、これも忘れずに
http://homepage1.nifty.com/kafuka/

641 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:34 ID:ydb7lode
>>633
カフカと言えば『カラマーゾフの兄弟』だよ。 ヴォケ!
無教養のDQNは引っ込んでろ。



642 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:35 ID:tC5iSRzE
龍に関する批評としては、
山田詠美が中沢進一との対談で言っていることが言いえて妙。
「村上龍のことをめちゃくちゃに批評してしまって反省してる。
小さいとき、ママがバカな子はいじめちゃいけないって言ってたもん」

江クソ出すを読んで、初めて読書に費やした時間を後悔した。


643 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:35 ID:ri+XPoV6
春樹は中短編がイイね。長編は羊3部作、ハードボイルド、ノルウェイはイイね。
ねじ巻き鳥は長い実験作だから、それ以降に期待していたけど、堂々巡りだね。
結論を急ぐことはないという気分で、春樹は海外での読者をまったり増やす魂胆のようだ。


644 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:35 ID:T7TsD7ZM
「風の歌を聴け」映画版はTVでやったけど
セリフが異常に不自然で堪えられずに見るのやめた。

645 :地方愚民@長崎県民:02/10/17 21:37 ID:KFJRb7bu
>>641
カフカってオーバーロードの事じゃないの?

646 :泪橋二世 ◆62EAJV1BKw :02/10/17 21:39 ID:tRXmq5y8
カフカと言えば『ジュスティーヌ物語』だろうが。
無教養のDQNは引っ込んでろ。

647 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:40 ID:vzdR9SDO
カラマーゾフの兄弟がカフカとは一体どういう訳なのか小一時間、、

648 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:41 ID:YJufiI5O
>>647
あ〜あ、釣られちゃった。

649 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:41 ID:vzdR9SDO
あっはは

650 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:44 ID:XV6AibQD
卒論で「ノルウェイの森」を使ったら
皆に奇異の目で見られた。
そんなにおかしかったか?

651 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:44 ID:KFJRb7bu
>>vzdR9SDO氏
ナイス!

652 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:51 ID:uHx7rxxW
カフカって生きた化石といわれるサメの仲間だろ。
無教養のDQNは引っ込んでろ。

653 :名無しさん:02/10/17 21:51 ID:FU3mvG57
ある夏の日、若い頃から評判のいい香具師が、路地に風呂敷包みを広げはじめる。
長屋の人々は大勢集まる。若い頃の勢いの良さを知っているからだ。
香具師は大きな風呂敷包みを広げる。何枚も何枚も。見物人は何が始まるのかと大いに期待する。
路地一杯に大風呂敷を広げた香具師は、
突然見物人たちに「これをどうするかは、あなた方の好きに」
香具師は去り、風呂敷は放置されたまま。
見物人たちは口々に、おもしろいやり方だと褒めそやす。それでこそ評判の香具師だと。
しかし、一人の若者がいう。
「あの人はこれが新しい商売の仕方だと言う。
人々は裸の王様の話のように、彼をほめそやす。
しかし、一人の若者が言う。
「彼は風呂敷を閉じる力を失ってしまったのだ。
誰も若いままではいられないし、力は落ちていく。
それを、喩えと象徴で誤魔化しているだけだ。
あの香具師はもう終わりだ…」と。
そのまともすぎる意見は勿論無視黙殺された。





654 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:54 ID:ipJsGGRN
全うぷキボン

655 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:54 ID:58Is4QJ4
なにこれ宣伝スレ?そんなに読まれてるか?上下巻合わせて58万は半分の29万部で、図書館が買う分と
出版社の駄法螺を差し引くとせいぜい10万部といった所。

656 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:56 ID:ULgIx2Zn
>>644
あの台詞は文章で読むからいいものだよなー
映画見たことないけど。

657 :名無しさん:02/10/17 21:57 ID:FU3mvG57
ある夏の日、若い頃から評判のいい香具師が、路地に風呂敷包みを広げはじめる。
長屋の人々は大勢集まる。若い頃の勢いの良さを知っているからだ。
香具師は大きな風呂敷包みを広げる。何枚も何枚も。見物人は何が始まるのかと大いに期待する。
路地一杯に大風呂敷を広げた香具師は、
突然見物人たちに「これをどうするかは、あなた方の好きに」
香具師は去り、風呂敷は放置されたまま。
見物人たちは口々に、おもしろいやり方だと褒めそやす。それでこそ評判の香具師だと。
しかし、一人の若者がいう。
「あの人はこれが新しい商売の仕方だと言う。
人々は裸の王様の話のように、彼をほめそやす。
しかし、実は彼は風呂敷を閉じる力を失ってしまったのだ。
誰も若いままではいられないし、力は落ちていく。
それを、喩えと象徴で誤魔化しているだけだ。
あの香具師はもう終わりだ…」と。
そして思う。
「面倒くさがらずに、ひろげた風呂敷をきちんと畳めばいいのに」


658 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/17 21:57 ID:pb4XxUoR
>>655
実売10万でも、文芸書としては大ヒット。





情けない話だが。

659 :名無しさん@3周年:02/10/17 21:59 ID:ipJsGGRN
MXで落とせますか?

660 :小柴:02/10/17 22:13 ID:Hx7X8fkB
ニュートリノで読めますか?

661 :名無しさん@3周年:02/10/17 22:14 ID:iCBAa3nj
>>642
龍×詠美の対談のことだな。見事な、龍の幼児プレイだった。
ある意味、彼の最高傑作。

662 :名無しさん@3周年:02/10/17 22:22 ID:0LKrIH7i
こういうスレを立ててしまう記者の選択眼を疑うよ。
>>1が釣られてどうする・・・。

663 :名無しさん@3周年:02/10/17 22:23 ID:cKTtJMOu
春樹は読者を選ぶタイプの作家で、今の十分の一ぐらいの
売れ行きだったらきちんと評価されると思う。
渡辺淳一程度のライトエロを量産すればもっと楽に稼げるのに
あえて手間のかかった仕事を続ける姿勢は賞賛に値する。
オデ自身はけして好きな作家じゃないけどね。

664 :名無しさん@3周年:02/10/17 22:34 ID:dYTUHjMQ
短編だかエッセイだか忘れてたけど、
海岸が失われてしまった故郷で立ちつくす男の描写が好きです。
ある意味サカキバラ事件を予見していたかのような。

そして海辺のカフカか。
明日本屋に行くかな。

665 :名無しさん@3周年:02/10/17 23:49 ID:ULgIx2Zn
何だかんだで村上春樹って純文学系だったら70年代以降で
一番偉大な作家だよね。内容とかじゃなくてデータ的に客観的に。

666 :名無しさん@3周年:02/10/17 23:59 ID:EYQK89PZ
「ねじまき鳥・・」は第一部の皮剥ぎ描写が凄惨すぎて挫折しますた。。
こんどのは、あんなの無いよね??

667 :名無しさん@3周年:02/10/18 00:04 ID:/N+cxUB1
>>666
そんなんじゃ
映画も本も限られたモノしか鑑賞できないな。
カワイソウ

668 :名無しさん@3周年:02/10/18 01:00 ID:70WJDfme
>665
純、文、 学、 系
って、一文字ずつ、どれが、どのひとか、説明してくれんかのぉ

なら 八犬伝の
仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌の八人の中では、
だれが70年代以降、一番れすか???
データ的に。


669 :名無しさん@3周年:02/10/18 01:07 ID:BVi8VlY8


まだ続いてたんですか

このスレ

670 :名無しさん@3周年:02/10/18 01:18 ID:qFoLtesh
カフカで思い出したけど
「変身」で言いたいことはなんとなくわかるが
ストーリーはさっぱり意味がわからん。

カフカ違いですが。

671 :名無しさん@3周年:02/10/18 01:22 ID:W0XH81r/
カフカといったらミスター・タイガースだろ。

672 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:08 ID:D0flsMAR
村上春樹の小説に感化されたとしても、せいぜいスパゲティーの茹で加減に
うるさくなる事とビールの消費量が増えるぐらいだ。

673 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:09 ID:l1wYvZqQ
スライを聞いて「お歌が上手。」とほざいたのは村上さんでしたっけ?

674 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:26 ID:0N4JLRwq
上から読んでもカフカ、下から読んでもカフカ。

675 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:28 ID:j6oUHbn6
この前、「ねじまき鳥クロニクル」を読んだけど、イマイチですた
あの本のどこが面白いのか分からない
 
どうよ?

676 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:31 ID:eIpyn7T1
あれだろ?消波ブロックの耐久試験のドキュメンタリーだろ。
「海辺の過負荷」


677 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:32 ID:IHemInHf
>>675
色々悩むけど最後はバットで殴って問題解決する所

678 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:32 ID:5d9Qwe3K
>>670
    す         で
           の
                       な

理条不不条理理条不不条理理条不不条理理条理理条不不条理理条不


ら             か                 だ





679 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:33 ID:/peqwyEX
>>673
桑田けいすけだろ。

680 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:35 ID:G0Qgu71i
カフカゆえ
可もなく不可もなく

681 :釣り大好き三平 ◆A7KittyMOE :02/10/18 11:43 ID:mobPjMll
村上春樹 ・・・ 作品の品質はコンスタント
村上龍 ・・・ 作品の優劣に落差ありすぎ(いいのはすごくいい、だめなのは話にならない)
宮台真司 ・・・ 絞りかす

682 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:44 ID:DI5X9aWU
おまいら知ってる?
韓国では村上春樹が凄い売れているという事実を・・・
翻訳された日本の作家の小説が、怒涛の如く売れているって驚きだよな
 
韓国では村上春樹研究会らしきモノまであるらしい
やれやれ・・・


683 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:45 ID:BhirAJrO
>>674
違う。
「右から読んでもカフカ、左から読んでもカフカ」だ。

684 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:46 ID:L1ayl3VE
ノルウェーの森ってまだ覚えている?
あの系統の作品は好きじゃない。
面白いのはエッセイかな。

685 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:46 ID:9XwPDNRr
カフカフカフカフカフカフカ

686 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:47 ID:JNmDorEN
ちかくの数件の書店ではいまでも何故か
スプートニク一押しの売り方してる。なんで?
しかも書籍板の春樹スレ在住春樹ヲタたちにに大絶賛と大罵倒の
両方をもらっていた。興味深い。

世界の終わりは先が見えた時点で読むの止めた。
わかりやすすぎて高校の頃から考えてたわ。そんな虚構のシステム。

687 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:47 ID:/peqwyEX
そんなに面白いなら読んでみようかな。
個人的には馳星周みたいな小汚いヤツが好きなのだが。

688 :名無しさん@3周年 :02/10/18 11:48 ID:M1qwuDHp
今作品にエロ表現はあるの?

689 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:50 ID:wtHO7UVr
>>688
近親相姦まであるよ。

690 :名無しさん@3周年:02/10/18 11:54 ID:50+0YdQz
好きかどうかは別にして、新刊出たら読んでみようと思わせる作家なことは確かだなぁ。
他にもこういう作家が日本に居るといいのだけど、生憎・・・。

691 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:01 ID:MFH64PiM
意外なことにロシアでも大人気なんだよ。


692 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:02 ID:T37jkRJA
図書館で借りてくるかな

693 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:09 ID:MFH64PiM
世界中で売れてんのに、日本国内で必死に批判してるヤツって惨めだな。

694 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:14 ID:nKO0i36f
>>650
おまえすごい奴だ!!
あの作品を卒論?


695 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:16 ID:LXTgVlkN
>>694
全く同感。
内容見てみたいな。

696 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:20 ID:/zbZh6oX
マタタビかいだカフカ

697 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:27 ID:ufl7qnri
>>696
ワラタ

698 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:36 ID:+hbHPiSs
正直小説って(映画もだけど)つまらなくて全部読む気がしない。
途中から読んで途中でやめる。あとは脳内で勝手にでっちあげる。
これが一番おもしろい。


699 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:42 ID:/peqwyEX
>>689
それはちょっと引くな・・・

700 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:43 ID:jOVTf0PS
村上ドラゴンの愛と幻想のファシズムこそが名作である。w

701 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:43 ID:e1y/q3lI
>>698
それは貴様の勝手

702 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:49 ID:gg4HSSJS
ねじまき鳥読んだけど 読んだ後( ´_ゝ`) ふーん
けっきょく 主人公の日記を書いてあるだけで
なんか小説を読んでいるカンジはしなかった

日記ではなく創作小説を読みたかったのになぁ

この感想で刷り込みが行われ 今後春樹を読むことはないかな

703 :名無しさん@3周年:02/10/18 12:58 ID:7al8255d
>>676
土木ネタw…お前は下級公務員ですか?

704 :名無しさん@3周年:02/10/18 13:05 ID:D0flsMAR

人はなぜ千葉県に住むのか

705 :名無しさん@3周年:02/10/18 13:30 ID:xfGJ3kQ8
>>673
芥川龍之介

706 :名無しさん@3周年:02/10/18 14:27 ID:/peqwyEX
カッコいいアクションシーンはあるのかな。

707 :650:02/10/18 15:09 ID:2NINzljQ
亀レスだが
>694
凄いか?
しかしゼミの先生がやる気ないやつで
「原稿用紙30枚まで」にされたので思いっきりはしょりにはしょって
尻切れとんぼな卒論になったが・・・
本当は他ゼミのように100枚以上で書くつもりだったから
卒業した今でもとっても悔やんでる。

個人的には「ミドリ」が父親に言われたことと全く同じことを
言われた経験があったので妙にツボにはまった作品だったよ。

708 :名無しさん@3周年:02/10/18 15:09 ID:NlfV8h58
a

709 :ていうか ◆DT16H8/cmo :02/10/18 15:11 ID:3I7z3QvV
村上春樹とモト冬樹は兄弟ですか?

710 :名無しさん@3周年:02/10/18 15:22 ID:X7eMKBhs
>>709
岡本夏樹のにいさんだよ。

711 :秘蔵:02/10/18 23:47 ID:bJBskJqN
fじおfさふぁ


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Yurinoki/9377/t_nichi.html

712 :oo:02/10/18 23:57 ID:ZLTUPnX/
第2弾!芸能スーパーリンク集がオープンしました♪
芸能情報が好きな人は来てね〜。

http://www.wai2.jp/~keitai/index4.html


uyteryee

713 :ナカタ:02/10/19 00:00 ID:ipj3oW/7

こんなスレがあって感動したであります。

しかし、ナカタは頭が悪いので読んだということも
すっかり忘れていたのであります。

2chに感謝しているのであります。


714 :ナカタ:02/10/19 00:17 ID:ipj3oW/7

そういえば、ナカタは今回の本では
いつもは底流に流れると感じられる「何かに対する反感」というものが
なかったと感じておりました。

それが偉い先生の言う「普通の人」を書いていたということに
つながっているのではないかと思われるのです。

こんなたいそうなことを書いてしまい、知事さんからのホジョが
なくなってしまうのでないかと、ナカタは心配になってきました。

少し眠ろうと思いますので、あとのことはおねがいいたします。


715 :ナカタ:02/10/19 00:17 ID:ipj3oW/7

ナカタは、書いていて微妙に「ノルウェイ」のトッコウタイを思い出したであります。


716 :名無しさん@3周年:02/10/19 00:19 ID:ZD4MffvY
http://osaka.yomiuri.co.jp/new_feature/kokoro/jyuku06.htm

社会福祉法人「いのちの電話」の斎藤友紀雄事務局長は、「『いじめ』は
世界中で起きていますが、日本の場合、その一番大きな原因は、異質なも
のを認めないという精神文化に根ざしていると思います。偏差値教育や核
家族化によって孤独を強いられた子どもたちは、必死に自分の居場所を求
めるのです
が、性格や能力が集団と調和しない子は、集団から排除されてしまう。つ
まり、村意識が働いて、村八分にされてしまうのです」と語る。

<差別いじめをなくそう>
日本国憲法(国のあり方を定めた法)は、個人主義を定めています。
それは、戦前、全体主義だったわが国が、悲惨な戦争に突入し敗戦したと
いう苦い経験の反省に基づきます。

別にみながまったく一緒じゃなくてもいいでしょ?
みなが一緒じゃないと安心できない集団がいて、その集団が
異質分子を排斥しようとする。



717 :ドラチョ ◆wdDORACHOg :02/10/19 00:29 ID:e4nv+Nm2
村上春樹は嫌いじゃない。むしろ、どっちかというと好きなほうだ。
だが、「村上春樹を好きだ」と言っている奴は大抵嫌いだ。やれやれ。

718 :名無しさん@3周年:02/10/19 00:31 ID:GiMD4R7b
フェラしてもらった翌日に自殺されちゃ、たまったもんじゃねーな。

719 :名無しさん@3周年:02/10/19 00:39 ID:bFoVhaLP
村上春樹、ノルウェイの森ぐらいしか読んだことが無い。

720 :名無しさん@3周年:02/10/19 00:40 ID:6IMMcZH0
これが傑作だったら今までの春樹の仕事は何だったの?
なんだか非常に薄っぺらいように感じたけど。
15歳が主人公というのは少年犯罪絡みだし
知能障害の老人を出してきたのも日本の国のシステムを批判してるように思える
時代とリンクした小説なんて別に春樹に求めてないよ。
掘り下げたイドの部分を切々と書いて欲しいなぁ
そのために「ねじまき鳥」では井戸に潜って戦争ひっぱりだして帰還してきたのに。
なんだか宇宙に行った飛行士が地上に帰ってきた程度に見える。
ナカタさん同様春樹はいま「からっぽ」なんじゃないか?

721 :405:02/10/19 03:12 ID:Uq2PkBk0
>>412
売ってなかったぞおらぁ。

722 :名無しさん@3周年:02/10/19 03:14 ID:cjg+V/c3
>>717
悔しいけれどおまえに同意。

723 :名無しさん@3周年:02/10/19 06:54 ID:cvJuXMlR
春樹は視覚的チューインガム

724 :名無しさん@3周年:02/10/19 06:57 ID:2P5peilW
ん?ここのスレのお題は文學界のパクリか?

725 :名無しさん@3周年:02/10/19 06:58 ID:63iML33q
●李東逸 →韓国人の強姦魔 日本人女優Nを強姦未遂で逮捕
●金允植 →韓国人の強姦魔 大阪、主婦を連続強姦 。 被害者100人以上
●金 大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人の強姦魔 東京、テレビ局関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週 一 →韓国人の強姦魔 鳥取、ベランダから女性の部屋へ侵入し9人レイプ
●鄭明析 →韓国人の強姦魔 韓国キリスト教の宣教師。 100人以上をレイプ
●張今朝 →韓国人の強姦魔 長野、「一緒に猫を探して」と小学校の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人の強姦魔 横浜、 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●金聖鐘 →韓国人の強姦魔 神奈川、レイプ現場をビデオで撮影、バラバラ殺人

●宋治悦 →韓国人の強姦魔 東京、ナイフで脅し主婦19人をレイプ
●崔智栄 →韓国人の強姦魔 新潟、木刀で傷を負わせ、18歳少女を車の中でレイプ
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖 父親が朝鮮籍。 サリンを撒き無差別殺人
●宅間守 →大阪、池田小学校の児童殺傷 8人殺害。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。 神戸の首切り小僧。 生首を校門に飾る。元在日
●林真須美 →和歌山、毒入りカレー事件。 4人毒殺。帰化人



726 :名無しさん@3周年:02/10/19 07:05 ID:tlH3TS+V
>>90
>>75ではないが、、、「共生虫」だと思う。

727 :名無しさん@3周年:02/10/19 07:08 ID:LNmi4QvX
もうあざとい題名止めてよ、でも確信犯か


728 :名無しさん@3周年:02/10/19 07:12 ID:Qa+E7wKK
過負荷って『変身』のカフカ?

729 :名無しさん@3周年:02/10/19 07:49 ID:yu8+58ma
村上春樹といったら
「神の子供たちは皆踊る」が最高だと思うのだが。
表題作と、あと海辺で焚き火する奴。

あと宮台をけなしてる皆さん、村上春樹は宮台の批評をかなり信頼しているようです。
あの禿げ、貶してるようで作者に好かれる批評するんすよ。

730 :名無しさん@3周年:02/10/19 07:51 ID:jmxfS3sR
>>729

すまん宮台がスプートニックの恋人についてなにか的確な評をしていたのを
失念してしまったのだが、なんだったかおぼえてない?

731 :名無しさん@3周年:02/10/19 08:16 ID:2geEC4oj
ノルウェイの森しか読んだことないけど、これだけ読んで、
春樹嫌いになった。なんか自意識過剰でうじうじした感じ。
あの小説に出てくるような男は嫌いだって想った。
女性の描写は極端で共感できないし。
よく「好きな作家は村上春樹」とか言う人いるけど、
それ聞くとちょっとげんなりする。

732 :名無しさん@3周年:02/10/19 08:29 ID:yu8+58ma
>>730
読んだけど忘れた。ごめん。


733 :名無しさん@3周年:02/10/19 08:37 ID:rodTLczG
80年代の作家は春樹に限らず人間の内面性を書いたものがおおいよ。
自分探しの旅とか、ここではない何処かとか。
60年代の焼きまわしみたいのがあるんだけど
あれはもっとスピチュアルんなものだったけどね。
ポストピッピームーブメントなんていえるんじゃないかな。

宮代なんかは脱自分、脱ACみたいのがいいみたいなことってるけどね。
あいつの言うこともだんだんウサン臭くなってきたからな。


734 :名無しさん@3周年:02/10/19 09:04 ID:SssXECB/
>>715
ナカタさん、あれは確かトッコウタイじゃなくてトツゲキタイだよ

735 :名無しさん@3周年:02/10/19 09:17 ID:yu8+58ma
>>733
長靴下のピッピー

736 :名無しさん@3周年:02/10/19 09:38 ID:5k6Pu3r8
「カフカ」を知ってるか知らないかで、かなり印象が異なってくるかと。
まず、ソダーバーグのカフカ・迷宮の悪夢を思い出した。
ザムザの変身でもいいだろうけど…。

巧いプロットを持ってきた感じ。



737 :名無しさん@3周年:02/10/19 09:42 ID:f7fK8efm
>>731
男ってのはうじうじしてるもんなんですよ。
あなたの知ってる男は、あなたの前ではいいところしか見せてません。

738 :名無しさん@3周年:02/10/19 11:48 ID:flTLj10o
うじうじしてない男がいるってのは女のうじうじよ


739 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:09 ID:nBBfD3Qe
スプートニクの恋人は激しく糞だった

740 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:12 ID:ZU8EzTru
フランキー・カフカの「駅前旅館繁盛記」

741 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:16 ID:ZDGmWdYi
読まない。
つーか読めない。差別化をはかる作品。
有知識人好みのリーマン風的作品。

742 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:18 ID:myGmTFvD
>>741
読んでみた感想か?(w

743 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:20 ID:NdXZeBWa
うじうじがうじうじにきてうじのこしうじうじかえるうじうじのうじ

744 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:21 ID:KVm9yxua
>>743
ワロタ

745 : :02/10/19 12:35 ID:NdXZeBWa
フランキー堺の「河内風土記 おいろけ繁盛記 」
又は
フランキー堺の「喜劇 駅前旅館」


746 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:41 ID:P/qAkRrb
厨房、工房をセクース描写と音楽の話題で引き付け、
それでいて全体としては知識人層を唸らせる内容
になっているのには感心する。
圧倒的筆力、特にクライマックスの第47章の描写力、
躍動感には脱帽せざるを得ない。

747 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:49 ID:zLZHcb2t
「海辺のカフカ」読む前にカフカの全集でも読んどけ

748 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:51 ID:l6yA5rp6
>>743
うじきつよしを悪く言うな!

749 :名無しさん@3周年:02/10/19 12:56 ID:e1v4fjEl
>>731
あれは村上作品の中ではかなり毛並みが違う
ノルウェイだけが村上じゃないことは有名です

750 :名無しさん@3周年:02/10/19 16:27 ID:MpQSEWUA
>>746
やれやれ、そこまで書くと宣伝だと思われるよ。
度が過ぎた批判がライバル出版会社の工作活動だと思われるようにね。

751 :名無しさん@3周年:02/10/19 17:00 ID:UKeKWl8P
>>729
俺はあの短編集だと「蜂蜜パイ」が好きだ。
中編では評判悪いみたいだけど「国境の西、…」、
長編はやっぱり「世界の終わりと…」だなぁ。

752 :名無しさん@3周年:02/10/19 17:06 ID:cwnGBn/0
33章まで読み終わりました。
最初は取っ掛かりが悪かったのですが、
途中からは没頭して読んでます。

けど、もう一度読み直すかどうかは?
世界の終わりは何回も読み直したけど。

753 :名無しさん@3周年:02/10/19 17:06 ID:RGGDKkRb
クフカ

754 :名無しさん@3周年:02/10/19 17:27 ID:KIde1wwi
>>731 おれはノルウェイは嫌いじゃないけどな。むしろ村上の
   妄想系小説のほうが嫌い。「世界の終わりと〜」などつまらなくて
   一冊も読まなかった。

755 :名無しさん@3周年:02/10/19 18:02 ID:20e7DOm7
ノルウェイの森と風の歌を聴けを読んで
全く面白さが分からなかった高校生ですが、やばいですか?

756 :名無しさん@3周年:02/10/19 18:14 ID:4YU+9YpH
>>754
人によるもんだなー。俺にとっては、世界の終りとハードボイルドワンダーランドが
一番面白かったんだが。
>>755
面白さなんて人によるもんだからしかたないよ。俺も、
「風の歌を聴け」の面白さはわからなかった。

757 :名無しさん@3周年:02/10/19 18:18 ID:OPBbrOrL
>>755
おれも当時わからんかったけど、歳がたつにつれ
わかってくるよ。

758 :731:02/10/19 18:50 ID:V2xJyib4
人の物の考え方なんて、みんな違うから
私の考え方と村上春樹の考え方が違うって、それだけなんだろね。
例によって比べてもしょうがないけど、
龍のコインロッカー・ベイビーズだっけ?
あれは大好きだったよ。なんか自分に対して誠実な感じした。

759 :名無しさん@3周年:02/10/19 18:55 ID:F65Uk23Y
村上龍と村上春樹

どちらか姓を変えてくれることキボンヌ





760 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 18:56 ID:rh8Eit0L
村上春樹と角川春樹、どちらかが改名することを(略)

761 :名無しさん@3周年:02/10/19 19:01 ID:tTs5bv4f
>>751
どーでもいいかもしれんが、「国境の南」です。

読み終わった後、ナット・キング・コールが歌ってる「国境の南」を
さんざんレコード屋で探し回ったなぁ。
実際には無いらしいんだけどね。レコードに収録されているものは。


762 :名無しさん@3周年:02/10/19 19:06 ID:JLOc0lk9
この人よくあきらめて寝るよねw

763 :751:02/10/19 19:44 ID:PCtK1e04
>>761
間違えたなぁと思ってスレに戻ってくれば指摘されてたか(ワラ

764 :名無しさん@3周年:02/10/19 19:53 ID:pYBC4Udm
早稲田からは初のノーベル賞だよな、
受賞すれば。

765 :名無しさん@3周年:02/10/19 19:55 ID:gUMBOWIp
「瀬戸際のカブカ」ってのは概出ですか?

766 :名無しさん@3周年:02/10/19 19:58 ID:qFR7wg7W
>>760
村上春樹、角川春樹って一字一字の画数が全く同じなんだよね。
占いの姓名判断の胡散臭さがわかる。


767 :名無しさん@3周年:02/10/19 20:02 ID:qFR7wg7W
ちなみに
 角川 春樹 
 村上 春樹
 ○○ ○●
  7 3  916
 総運35○ おだやかで円満な人生。目立ちすぎは×。学芸運あり。結婚運◎。
 人運12△ 感性鋭く学芸才能に恵まれる。犯罪災難傾向あり。地道に努力すること。
 外運23◎ 人より抜きん出る活力を持ち、地位財産を1から築きあげる。
 伏運37◎ 良い運数です。
 地運25□ 才能、個性、偏屈運。
 天運10△ 負の影響を受け継ぎやすい家柄。
 陰陽 □ 悪くはない配列です。


768 :名無しさん@3周年:02/10/19 20:02 ID:uvwLUsQL
ケフカ

769 :名無しさん@3周年:02/10/19 20:14 ID:PnEB3dU4
サリンジャーのほうがいいよ

770 :亀レス:02/10/19 21:23 ID:5H5zmBxZ
>10代半ばのまだちんちんが剥けきってないときに読むと、

30才・妻子持ちでまだ剥けきってませんが

何か?

771 :名無しさん@3周年:02/10/19 21:26 ID:hF4ktWqD
棒高跳びのブブカ

772 :名無しさん@3周年:02/10/19 21:41 ID:hluZAlkc
ブースカってあったよな

773 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:19 ID:xZAZWUy+
くああああっっっーーーっ ( ゚Д゚)、ペッペッペッ!!

774 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 22:21 ID:9tUv0WIt
本屋でカフカを買おうと思いましたが、
地雷かもしれないと直感が働き、





「ノルウェイの森」(文庫版)を買いました。

775 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:21 ID:lRs42UiB
>>766
角川春樹の作る歌は決して悪くないと思うけどね

776 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:22 ID:Qa+E7wKK
つうかよく小説なんて読む気するな。あんな退屈なもん。

777 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:22 ID:OPBbrOrL
春樹氏はネット中毒者。
絶対にこのスレをマックで見ている。
なんかコメントしる。

778 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:23 ID:sutPRol8
茶碗の底の茶渋か

779 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:23 ID:Qa+E7wKK
確かに「おれっち」は無いだろと思った

780 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 22:24 ID:9tUv0WIt
>>777
よし、機種依存文字で書きまくれ。


781 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:24 ID:CyiIGOXZ


「傑作」

ほめ言葉にも、けなし言葉にも使われるね。 例:こりゃ傑作だ(w




782 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:25 ID:nE9SIatW
こんなヴォネガットのパクリ野郎がノーベル賞?

やれやれ(プ

783 :名無し野郎:02/10/19 22:25 ID:q8l4Tb+3
村上春樹と言えば、あの「東京大学物語」の主人公のモデル。

784 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:26 ID:xZAZWUy+
もう村上春樹は読む気がしないが、カフカってフランツ・カフカを意識してるんだろうな。
しょうもない。

785 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:28 ID:Qa+E7wKK
小説なんか読むやつはマゾとしか思えん。
よくちまちま活字追ってられるよ。
しかも大抵クソ面白くも無いストーリー。

786 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:28 ID:sutPRol8
村上朝日堂は好きだそれ以外は読んだ事ない。

787 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:32 ID:R1RusQvS
小説の中に出てくるカフカの意味は違う。

788 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:34 ID:Qa+E7wKK
上から読んでもカフカ。下から読んでもカフカ。

789 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 22:35 ID:9tUv0WIt
>>785
半分以上クソだとわかっていて新刊を買い続ける
ライトノベル愛好家もいますが。

790 :名無しさん@ど-でもいいことだが。:02/10/19 22:38 ID:qkUTv9XM
ケフカじゃなかったのかー

791 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:41 ID:sutPRol8
>>783
本人?

792 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:46 ID:wkVgvzLi
なんかオタク臭いよ。
小説なんかはやんねーんだよ。
文字だけの本なんて意味あんのか?
漫画やアニメが現代文明なら小説は縄文土器だね。
ヤンマガのほうが数万倍おもしろいよ。

793 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:49 ID:MfQzMLa5
>>790
それはFF6

794 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:58 ID:sZMuOw/4
ヤンマガですか、高尚な物をお読みですね

795 :名無しさん@3周年:02/10/19 22:59 ID:t58FXg5t
>>792
全ての小説を原作の持ち味を殺さずに漫画化できるなら
私は別に小説でなくても良いが。

796 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:00 ID:xFBU2TGr
オイラもサリンジャーの方が好きだな〜。

797 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:00 ID:FmemQY18
邦画はクソというのとおなじで、邦活字もクソのはきだめ。
ろくな代物なし。ろくにストーリテリングもでいんへたくそがしょうもない
素材とideaとネタを水増ししまくった文章でよまされておまえらマゾとしかいいようがない。

よむなら翻訳ものしなねえだろ。ハルキたんもてめえは翻訳ものしかよまないくせ
読者にはてめえの書いた活字をよめってのな。
よまねーっつーの。洋画でもみてるっつーの。


798 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:01 ID:djhYAyxF
川端康成みたいに弟子に書かせて自分の名前で出してるんじゃないのか。
こいつ川端かぶれで文章もそっくりだしな・・・

799 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:02 ID:lRs42UiB
>>792
正直、モーニングの方が面白いと思うのだが。

800 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 23:03 ID:9tUv0WIt
>>797
君にフィネガンズ・ウェイクをお勧めする。もちろん原文で。

801 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:05 ID:xFBU2TGr
>>797
邦画では「ビルマの竪琴」、活字では「しろばんば」なんていいと
思うけど、どうよ?

802 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:05 ID:t58FXg5t
>>799
俺はビッグコミックを推しときます。

803 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:07 ID:K4JtBUo2
このスレなんでここまで伸びているの?
なんだかんだ言ってもみんな春樹を読んでいるってことか?

804 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 23:08 ID:9tUv0WIt
たしかつい最近芥川賞選考委員もやっている文壇の大御所が死んだはずだが、
そのスレはどうした?

805 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:10 ID:qvcD2XDm
大槻ケンヂの「新興宗教オモイデ教」の方が面白い。

806 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:10 ID:pYBC4Udm
活字コンプレックス君が急にわきだしたね。
新聞もテレビ欄、スポーツ欄しか読まない(読めない)
タイプだろうね。

807 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:11 ID:2+A/wx4s
ま、小説はバカには読めないからね。

808 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:14 ID:nk3Om8d4
浪人のころに3部作〜ダンスを読み漁ったのを思い出した

809 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:21 ID:4t6JPNUE
なんか小説が偉いといまだに、
思ってる人も結構多いようですな。

810 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:22 ID:lRs42UiB
>>806-807
個人的な経験から語るのは恐縮だが、小説なんか駄目だ漫画でも読めって奴の
部屋の本棚には漫画とともに専門書がごろごろしてることが多いぞ。
たまに小説があったと思うと、それが露伴の運命あたりでビクーリする。


811 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:22 ID:Lc+0YMHy
あーきょうかってくればよかったー

812 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/19 23:24 ID:9tUv0WIt
>>811
アマゾンでどうぞ。

813 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:26 ID:UA1J7yna
ノーベル文学賞、平和賞、経済学賞は中止すべき。

814 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:31 ID:t58FXg5t
>>807
内容によるでしょ。純文学みたいなもんだけが小説ってわけでもない。

815 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:31 ID:u9r+JY4g
レイモンド・カーヴァー>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ハルキ

816 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:35 ID:djhYAyxF
宮部ミユキ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ハルキ

817 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:42 ID:pYBC4Udm
>>809
いや、例えばスポニチや東スポの読者が日経新聞の読者に
「そんなおもんないもんよく読めるな。マゾ?エロ記事もないのに。」
と悪態をつくようなものでしょ。

818 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:44 ID:ugHZKExw
宮部嫌い

819 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:51 ID:lRs42UiB
>>817
いや、スポニチや東スポの読者が他にオランダあたりのすっげえ気合の入った経済誌とか
メジャーどころだとThe Wall Street Journalとか読んでて日経の読者に
「そんなおもんないもんよく読めるな。マゾ?エロ記事もないのに。」なんて揶揄してる
場合も多々あると思うんだけどなあ。

820 :ナカタ:02/10/19 23:53 ID:bE2E66Bd
>>779

それが、「おれっち」に代表される言葉を話す人は現実にいるので
あります。

もしかして、あなたは知識人階層なのではないかとナカタは思うのです。

とぼけた市井の人も書こうとしている春樹に期待しているのであります。
ブブカさんのごとく、小出しに更新し成長を見せる力量はすばらしいものだと思うのです。


821 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:53 ID:kfBdfEbN
漏れは村上春樹の作品は羊男が出てこないと感情移入出来ないのでつ

822 :ナカタ:02/10/19 23:56 ID:bE2E66Bd

ふと思ったのですが、ねじまき鳥の井戸は
イドのことなのでありましょうか。

ナカタは頭が悪いので、文学批評を読まないのであります。


823 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:56 ID:maCfiEXS
おれっちって静岡弁?

824 :名無しさん@3周年:02/10/19 23:57 ID:kfBdfEbN







          やれやれ

825 : :02/10/19 23:58 ID:W7WGk4tj
ケツ裂く?

826 :ナカタ:02/10/20 00:08 ID:1PBxl2E+

ナカタは、既に春樹が名無しで書き込んでいると
少しだけ思うのであります。


827 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:15 ID:r6tCTCGg
なんだかんだいって結構読まれているもんだな。
これだけみんなが読んでると逆に悔しい気もする。

で、春樹より上を行くと思うおすすめは?
ぜひおまいらのおすすめを教えてください。

828 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:17 ID:ceU49Abc
ない

829 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:21 ID:7iHwvJlh
桐野夏生のほうが面白い

830 :ナカタ:02/10/20 00:30 ID:1PBxl2E+
>>827

あえて現代ニッポンであげてみると
「ローマ人の物語」がよいと思うのであります。


831 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:34 ID:HfyE6Enl
>>829
あんなの歴史作家としては最低レベルだよ・・・

832 :ナカタ:02/10/20 00:36 ID:1PBxl2E+
>>831

ナカタは頭が悪いので良い本をしりません。

そこで、831さんに「ローマ人の物語」よりも読むべき価値のある本を
紹介していただきたいのであります。


833 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:36 ID:ovpPR3u0
↑その人の文章なんかやけに硬くってさー
読後疲労感があって OUTを読んで以来読まないよー

834 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:39 ID:HfyE6Enl
広瀬隆の赤い盾だ!

835 :ナカタ:02/10/20 00:41 ID:1PBxl2E+

釣られてしまったことに少しだけ後悔しているのであります。

ナカタはとても眠くなってまいりました。


836 :名無しさん@3周年:02/10/20 00:43 ID:iZ2v3lW4
たった今読了しました。
この虚無感は「世界の終わり・・」と近いものがありますが、
んー、もっと続きが読みたい。
と思わせる感じです。

他の小説でもこんな感じになるのはあまりないので結構気に入りました。

でも、明日から仕事するのがヘビーな気がするな。



837 :名無しさん@3周年:02/10/20 01:00 ID:/N7sQljx
宮台って文芸評論家だったんだ・・・。

838 :名無しさん@3周年:02/10/20 01:34 ID:3FDjB8UM
読んでてあるところで思わず泣いてしまった。本読んで泣いたの
久しぶり。

839 :名無しさん@3周年:02/10/20 02:28 ID:BgEdXyw9
海辺のカフカ以上の作品紹介期待age
Einstein on the beachとKafka on the shoreってみごとにかぶるな。。。

840 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:16 ID:camgG4up
「ノルゥエイの森」が不当に売れちゃったですからね。
十何年か後に2ちゃんなんつう場所が出来て、
このスレがあるのもそれがモトです。


841 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:37 ID:iOcXIbro
記事にある三人の批評家の感想じゃ、坪内氏の感想が一番しっくり来るね。
村上春樹は単にレトリックが異常にうまいだけなんだよ。語り方は抜群だけど、
語っている内容はといえば、屁みたいなもの。

いまどき「僕らは悪くないんだ、大人が悪いんだ」っていう全共闘世代の
典型的甘え妄想を振りまかれても当惑する。お前らが世の中狂わせたんだろ、
俺らはそのゆがみを背負ってんだよっていいたくなる。

842 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:46 ID:cf+I5zA1
「俺らは悪くないんだ、全共闘世代が悪いんだ」

843 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:49 ID:cf+I5zA1
「誰が悪い」って次元で悪が描かれてるのですか?
まだ読んでないんだけど。

844 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:50 ID:BgEdXyw9
悪がテーマでは無いと思うぞ。
一読しただけなのでなんともいえんが。

845 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:51 ID:1v8O0tkA
また、主人公がモテモテハメハメの人生なんですか?

846 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:52 ID:BgEdXyw9
>>845
過去最大の歳の差セックスでつ。。。。

847 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:52 ID:cBhBWldw
読んだけどつまんなかったな。
青春物ならノルウェイの森の方がよっぽど面白かったよ。

848 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:52 ID:iOcXIbro
>>842
そういう突っ込みは予想ずみなんだよ。だから「背負う」と書いたわけ。
責任放棄してすねてるわけにはいかないってことは自覚してるよ。

849 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:53 ID:mAIDzSat
またみんな自殺?

850 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:54 ID:cBhBWldw
なぜか母親死んだの思い出して泣けたけど
小説が感動的だったからじゃないね。


851 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:57 ID:flkvYfCV
┐(゚〜゚)┌

852 :名無しさん@3周年:02/10/20 03:59 ID:ceuHVije
海辺のフカ

853 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:00 ID:6ztKjFI0
海辺の過負荷
沈みます

854 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:02 ID:ceuHVije
ベッドのフカフカ



もう寝る

855 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:03 ID:cf+I5zA1
>>850
そういう記憶とか感情をひき出す小説を目指してんじゃないかな。

>>848
別にすねることを批判したレスじゃないんですが。

856 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:04 ID:iOcXIbro
>>855
スネちゃま、メロン切ったざます

857 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:06 ID:yEZG4SPO
ます


858 :名無しさん@3周年:02/10/20 04:24 ID:cf+I5zA1
>>729
ってどこからの情報ですか?

859 :名無しさん@3周年:02/10/20 12:43 ID:hpams4ql
>いまどき「僕らは悪くないんだ、大人が悪いんだ」っていう全共闘世代の
>典型的甘え妄想を振りまかれても当惑する。

>お前らが世の中狂わせたんだろ、
>俺らはそのゆがみを背負ってんだよっていいたくなる。


>>841って救いがたいバカだね。

お前が言ってることって「僕らは悪くないんだ、大人が悪いんだ」そのものだろう。
このドアホ。

860 :名無しさん@3周年:02/10/20 12:53 ID:2a2+5fTO
>>859
そうか?859は「オマエモナー」って言ってるだけじゃないの?

あと「ナカタ」ってハンドルで本の話するのはなんだか可笑しいね。

いま、41章読んでます。

861 :名無しさん@3周年:02/10/20 12:53 ID:2a2+5fTO
>>859は、じゃなくて>>841は。

862 :名無しさん@3周年:02/10/20 13:07 ID:hpams4ql
>>860

>>841ちゃんが最後の一行に「あ、でもオレモナー」と付け加えていれば
許してやったのに。



863 :名無しさん@3周年:02/10/20 13:16 ID:ZcmTMEQD
コムロテツヤの音楽みたいなもんか。

864 :名無しさん@3周年:02/10/20 13:20 ID:06jGHgJ4
いや、つんくの音楽みたいなもん。

865 :名無しさん@3周年:02/10/20 18:41 ID:3MU2UybU
イスラエルのペレス外相が
演説で春樹のノルウェーの森を引用したんだと。

866 :名無しさん@3周年:02/10/20 18:42 ID:A0fYT65S


                やれやれ



867 :名無しさん@3周年:02/10/20 18:43 ID:lYOlO320
>>865
ビートルズの曲の方だろ。

868 :名無しさん@3周年:02/10/20 18:48 ID:3MU2UybU
>>867
違うよ。海辺のカフカのホームページ見てみ。

869 :KT:02/10/20 23:10 ID:bvaSW0vA
「深海のカブカ」の方が傑作だと思うが。

870 :名無しさん@3周年:02/10/21 01:05 ID:eNHSQhtM
>>782
あ、やっぱそういう読み方でええのかな。と、言う事は「ねじまき鳥クロニクル」は
そういう意味でどえらくストレートな小説であり、浅田章が「もう村上さんはこの先
何も書けないのでは」と言ったのもそういう意味だと言うことなのかのぅ。漏れも
ビクーリしたよ。

まぁつまり恥ずかしいけどボカさず言うと、即ち中上が文学の根底に見出した
「差別と怒り」の後者、不条理への怒りを主題の一とした作品であったと言う
事で>ねじまき鳥。
因みに前者の差別、については漏れは朧気にしかわからん。教えて四方田さん!

そうそう、宮台はアシモフ>ディックという黄金コースを歩んでるので春樹ネタには
食いつかざるを得まい(w。同じくファウンデーションのセルダンに一つの夢を見た
クルーグマンと小一時間対談させてみたい、そんな気がする今日日曜日。

871 :名無しさん@3周年:02/10/21 01:11 ID:9qhTNql9
ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』
のようなものが書きたいらしいね。

872 :名無しさん@3周年:02/10/21 01:12 ID:AKtNcAdl
↓こいつは無意味に熱い!

873 :名無しさん@3周年:02/10/21 01:13 ID:hKDgjuin
タバスコと素のスパゲティって辛いね。

874 :名無しさん@3周年:02/10/21 01:15 ID:kW48PQoh
ヒィィィィト エンドォオーーーーーーー

875 : :02/10/21 05:50 ID:7FxKvjz9
>>868

見たけど見つからなかったです。
のでどのページか教えてくらはい。


876 :名無しさん@3周年:02/10/21 05:53 ID:iBOSTRCo
ワシは「カラマンボウの兄弟」書きたい。

877 :875:02/10/21 06:01 ID:7FxKvjz9
http://www.kafkaontheshore.com/author/voice04.html

セルフ発見しますた。

878 :からまーぞふ:02/10/21 06:47 ID:4vE8XW8J
ばんざ〜い

879 :名無しさん@3周年:02/10/21 07:19 ID:uE0su4H8
春樹ってやっぱ国際的な作家なんだな〜
外国の外相が引用するなんて

880 :名無しさん@3周年:02/10/21 07:23 ID:4ak6aye8
>>877
ただ「好意的」じゃ、どういう引用されたか全然わからないな

881 :878:02/10/21 07:38 ID:4vE8XW8J
>>879
知らなかったの?
「村上春樹」この名を
知ってる人は知ってるけど知らない人は知らないよ。

882 : :02/10/21 07:55 ID:JpcKmAXv
>>870

宮代ってSF評論も書いてるの?
クルーグマンというとディックけなし屋の山形を
思い出さざるを得ないけどそういう感じなのかな。
その辺詳しくないので知ってたら教えて。

883 :名無しさん@3周年:02/10/21 07:56 ID:SJEDYyOE
アメリカで凄い知名度なんでびっくりしたよ。
イチローと春樹がアメリカで有名な日本人なんだよね。実は。

884 :名無しさん@3周年:02/10/21 08:19 ID:9qhTNql9
>>875
そうそう、このあいだイスラエルのジャーナリストがインタビューに来たのですが、
彼の話によりますと、イスラエルのペレス外相がスピーチの中で『ノルウェイの森』
の一節を引用したということでした。・・・中略・・・好意的な文脈での引用だったよう
で安心しました。イスラエルと日本との修好何周年かの記念行事でのスピーチで
あったようですが、「イスラエルでも『ノルウェイの森』はよく読まれているんだよ」
ということでありました。

http://www.kafkaontheshore.com/author/voice04.html

 


885 :名無しさん@3周年:02/10/21 08:21 ID:9qhTNql9
>>877
ごめん。発見してたんだ。
884は無視してください。

886 :名無しさん@3周年:02/10/21 08:35 ID:zA+qZDj4
>>883-884

春樹は半分以上海外の読者を想定して書いているんだろ。
日本人が読むといまいちズレてみえることがあったらそれが
原因なのかもしれない

887 :名無しさん@3周年:02/10/21 08:59 ID:aDG0dSOL
海外での具体的な販売数キボーン

888 :名無しさん@3周年:02/10/21 09:12 ID:Mi4lQC/k
>>886

というよりも、英語への翻訳に適した文体だということなんじゃないの?

889 :名無しさん@3周年:02/10/21 09:23 ID:2TNfza6R
>>882
いやいや、単に彼の読書暦がそうであるだけで、書いてないよ。
>ディックけなし屋の山形
「死の迷路」の後書き以外、寡聞にして同系統の文を知らないんだけど、
他にもなんかあるのかな?あの後書きは御大への愛溢れまくり、
と思ったけど(w。

しかしマイノリティ・レポートの出来、どーなのかな。。。

890 :名無しさん@3周年:02/10/21 09:44 ID:0Z5cNDg8
俺、春樹も龍も好きだけど、龍の方が2ちゃんねら向きだよね。
希望の国のエクソダスとかまさにってかんじです。
春樹はリア厨どもには早すぎる。大人になってから読め。

891 :名無しさん@3周年:02/10/21 10:17 ID:e6Ue5Shk
龍は最初出版社の人にアイデアを文章にしてもらってたんだよ

892 :名無しさん@3周年:02/10/21 10:26 ID:c47r+v1U
http://www.kafkaontheshore.com/author/voice04.html

ここのメールボックスざっと通し目で読んだけど、
やはり感動したという人は「わたし心に傷を負ってます」みたいな感じの人が多いね。

となると、対して心に傷を負っていない自分がおもしろいと思わなかったのも当然と言えば当然か。
まあ、小説なんてそんなもんなんだろうな。

したり顔で批評する奴よりは、シンプルに感動した奴のほうが正しい本の読み方をしてるんだろう、きっと。

893 :名無しさん@3周年:02/10/21 12:35 ID:Nv/T4HKs
文学というものの認識が違ってきているのだろうね。

894 :名無しさん@3周年:02/10/21 14:41 ID:Mymxu7wr
>>893
あくまで日本語の範囲内での話だし、価値判断を加えるつもりなど
さらさら無いことを断った上で言うが、「文学」は「読み物」に再び
近づいていると思う。

895 :名無しさん@3周年:02/10/21 18:40 ID:Nv/T4HKs
こういうある程度好きで知らなければ判らないスレを読むと2ちゃんのレベルが判るね。
知ったかぶりが多く、いいかげんで、嘘でももっともらしい意見に同調していくのな。
改めて政治スレの右傾化や経済スレのインフレ政策マンセーの危なさに気付かされるね。

ちなみに、春樹の文体は元々、英語の翻訳文体なの。
デビュー作、風の歌を聴けを書き始めたとき、最初、日本語で書き始めたけどうまく書けず、
英語で書き始めて、いい調子だと思い、その調子を維持しつつ改めて日本語で書き上げたのです。

896 :名無しさん@3周年:02/10/21 18:47 ID:4ak6aye8
>>895
いろんな意味でワラタ

897 :名無しさん@3周年:02/10/21 19:13 ID:fxp/SjT0
高校のとき、アメリカに一年留学してたけど誰も知らなかったよ。
黒沢しってた政治の教師が一人、
坂本龍一しってた自称アーティストのにいちゃんが一人、
そんなもん。
イチローと春樹じゃ、知名度全然っていうか、比べ物にならないくらい違うでしょ。
アメリカで日本文学に興味のある人の数と野球好きな人の数の差考えれば・・・


898 :名無しさん@3周年:02/10/21 20:30 ID:nXMiBPZu
>>895
物知りなんだね

899 :名無しさん@3周年:02/10/21 21:34 ID:kVJ5BeUq
>>895
>こういうある程度好きで知らなければ判らないスレを読むと2ちゃんのレベルが判るね。

禿同

>ちなみに、春樹の文体は元々、英語の翻訳文体なの。

もちろんそれは文体だけでなく、

>>892のいうような

>となると、対して心に傷を負っていない自分がおもしろいと思わなかったのも当然と言えば当然か。
まあ、小説なんてそんなもんなんだろうな。

自分には傷がないという確信がじつはとても危うくて、
だからこそ「あちら」ではゴスペルみたいなものに感動がある
というのも翻案されてそうだ。





900 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/21 21:41 ID:FLNEQ+vO
>>894
そろそろ詩の復興希望。

901 :名無しさん@3周年:02/10/21 21:44 ID:bgqYkikF
>>895 そんな誰もが知らないふりして遠慮して言わないでいることを、堂々と・・・・。

902 :名無しさん@3周年:02/10/21 21:51 ID:CGpuCQpG
羊(´_`)男

903 :名無しさん@3周年:02/10/21 21:55 ID:xb6ke9+h
まあどいつもそんなに専門家ぶるなよってこった
どこでどんなヤシが見てるかわからんからな
知ったかぶった発言する奴が多いと2ちゃんねる全体が見下げられるぜ

904 :名無しさん@3周年:02/10/22 00:08 ID:jmdG3EE+
あげ あげ…

905 :名無しさん@3周年:02/10/22 00:12 ID:8NO8RNcw
スノッブ臭とナル臭がキツくてかなわん
あんなツラでよくもまあ・・・

906 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:35 ID:lSu4Z2wB
エキサイトのBOOKSコーナーで、『海辺のカフカ』の記事おもしろい。
宣伝などに春樹がどうかかわったとか。
http://media.excite.co.jp/book/news/topics/001/


907 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:42 ID:JETZah7u
AERAに「偉大なるマンネリ」って記事載ってるらしいね
田中耕一がきもい顔で表紙飾ってるやつだが。。

908 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:44 ID:mk/k1uif
「可」か「不可」か、それが問題だ。

909 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:47 ID:YpKTzaIO
大人に成りきれない人たちが主な購買層・自らのメディアでのイメージを非常に気にする
海外でもある程度評価されている・商売っ気たっぷり

ミュージシャンでいうと小山田圭吾みたいなもんか?

910 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:51 ID:uqFYeX5Q
>>909
わかりやすくサブカルですな。

911 :名無しさん@3周年:02/10/22 01:53 ID:Gy3gOU66
>>909
佐野元春

912 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:02 ID:Tx8OIjm0
>>887
ダビンチによると、『羊をめぐる冒険』が
ロシアで10万部を突破したらしい。

913 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:21 ID:XjwBD/kO
>>895
知ったかぶりはおまえじゃ!!

>>902
ワラタ!!

>>905
ツラのことはいうな!!

>>909
小山田圭吾って、だれやねん!!

>>910
なんでも横文字にして、わかったような気になってんな!!

>>912
どこで何部売れようが関係ない!!
たかが小説一冊の善し悪しくらい、テメーの価値観で判断せい!!

以上です。

914 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:25 ID:YxwIW8Hd
>>903 知ったかとかいうが、そもそも知る知らないの問題なんかどーでもいい罠

>>909 大人になるとなれないとか気にしてるうちは・・・

915 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:25 ID:D/gRYDSF
>>913
一番最後だけ同意。

あと、外見で叩いてるヤツは論外。

916 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:34 ID:uqFYeX5Q
>>913
レス過多だとスレが廃れますよ


917 :wildcat ◆TanyancoBs :02/10/22 02:41 ID:8DnkEMsb
>1

 久々に村上節を堪能させてもらった。
「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」風の作りを
もっと複雑にした感じ。
 どこがいいのかって言う人もいるけど、掛値なしに
読んでて楽しめる小説。そういう作家はとても珍しい。

 ただ、最後のほうはちょっと息切れした感じがした。
ナカタさんを死なせるのがちょっとだけ早かったのでは
ないかって、思った。

 でも、面白かった。象徴的な意味ではなく、あくまで
具体的に(w


918 :909:02/10/22 02:54 ID:XOfR1Fwk
>>917
散々語ってネタばれかよ。
本読む前に常識勉強しろ

919 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:55 ID:Tph8iQAn
>>917
>「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

これは好きだったな
意味がよくわからない小説だったけど

920 :名無しさん@3周年:02/10/22 02:56 ID:6NRCaWc3
最近の日経新聞で、「ノーベル賞に近い人々」で
文学賞部門では村上春樹が挙げられていたよ。
理由は、海外で最も広く作品が出版されているかららしい。

921 :名無しさん@3周年:02/10/22 03:02 ID:wgmJ0Y0k
村上春樹は嫌いじゃないが、村上春樹が大好きって人は苦手だ。
村上春樹は嫌いじゃないが、村上マンセーのかたがたのレスは嫌いだ。


922 :名無しさん@3周年:02/10/22 03:03 ID:Tx8OIjm0
>>913
どこで何部売れようが関係ない!!
たかが小説一冊の善し悪しくらい、テメーの価値観で判断せい!!

そりゃそうだと思うけど、俺は>>887
レスしただけだから。


923 :名無しさん@3周年:02/10/22 03:06 ID:JETZah7u
>>921
漏れも好きな作家や作品がメジャーになると
批判やこれいい!って連呼する香具師が現れてなんとなく嫌になるべ。

924 :882:02/10/22 07:38 ID:Z1RFrj20
>>889

>「死の迷路」の後書き以外、寡聞にして同系統の文を知らないんだけど、
他にもなんかあるのかな?あの後書きは御大への愛溢れまくり、
と思ったけど(w。

私もあれしか知らないけど基本的なスタンスとして「虚構と現実」
系のは嫌いなんだなと。
ディック自体よりディック盲目ファンが嫌いなんでしょう。
春樹より春樹ファンがうざいのと一緒で。
前に別のトコで書いたんだけど春樹のねじまきは
あのあとがき読んでたら読めないだろうなと思う。

925 :名無しさん@3周年:02/10/22 09:29 ID:kKWOoWBA
ディックだと、 『 戦争が終り、世界の終りが始まった』が個人的には好きだな。
絶版になってるんだけどね。


926 :名無しさん@3周年:02/10/22 09:31 ID:ZusG3RgI
15歳の少年の話なんて読みたいか?ハリポタ狙いか?たるいよ。

927 :名無しさん@3周年:02/10/22 09:49 ID:FrOfYY7Q
高田祟史の方が面白いな
水増ししたような文章でだらだらしてしまり無く感じた

928 :名無しさん@3周年:02/10/22 15:28 ID:ZoMCU1Ot
15才の少年の話→ハリポタ狙い

( ゚д゚) ポカーン

929 :名無しさん@3周年:02/10/22 16:22 ID:FrE347a5
小学生で「僕、村上春樹が好きなんです。」なんて奴がいたら、そいつをぶん殴りたくなるだろうな。

930 :名無しさん@3周年:02/10/22 16:28 ID:KImGRxus
結局何が言いたいのかわからん小説にしか思えないのは
僕の読解力が足りないんでしょうか、それとも故意に
そう書いているのでしょうか。村上春樹の小説は好きですが、
最近というか、ハードボイルド以降、なにか技巧的に感じて
ならないんですが。

一度読み終えて、3年くらい漬け物石代わりに使って、それから
もう一度鼻をつまんで読むと一層楽しめるようなそんな作品。

カフカの感想です。


931 :名無しさん@3周年:02/10/22 16:40 ID:jUS+g+fW
春樹の作品は十代の多感な時期に出会わないとだめだよな。

932 :名無しさん@3周年:02/10/22 17:14 ID:KmuYMOqc
>>931
同意。小説は出会いのタイミングで印象が異なると思う。映画もだけど。
ただ言えるのは、そのときダメだと思っても、ふっと思い出す作品がある。
読み返すと印象が違っていたりする。いい小説や映画は、そんな経験をする。
幼い頃の失敗や恥ずかしい思い出が大人になればいい思い出になるような感じかな。

933 :名無しさん@3周年:02/10/22 17:19 ID:wLOMfhYJ
かつてない駄作だった。
それよりおまいら、貴志祐介は天才

934 :名無しさん@3周年:02/10/22 17:26 ID:HfzXAGu2
それ誰?

935 :名無しさん@3周年:02/10/22 17:42 ID:IiPaIFcs
ノルウェーの森があまりにもゴミだったので、こいつの本は
2度と読まんな。
時間が勿体無い。

936 :名無しさん@3周年:02/10/22 18:09 ID:JscGhLrW
結局伊原の話は出てこなかったか・・・

937 :名無しさん@3周年:02/10/22 19:04 ID:Fg4UecpQ
>>933
「黒い家」しか読んだ事ないが、女のセリフの書き方がヘッタクソ。
主人公の彼女のセリフなんかベッタベタだったのを覚えている。
こいつは女とつきあった事ないんちゃうか?と思った。
最近の作品は知らないが、な。

異性の描き方(特にセリフ)が下手クソな作家は多いな。

938 :名無しさん@3周年:02/10/22 20:57 ID:sgahLQWN
海辺のナボナ

939 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/22 21:04 ID:PlykR0Dt
>>934
「青の炎」という罪と罰のライトノベル化作品を発表した人

940 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:08 ID:Ur8arJYo
読む気はまったくなかったが、ここまでスレが伸びるということは
なんだかんだ言って大多数の人が読んでいるということか!!
俺も図書館行って借りてこよう!!(買う気はあくまでない)

941 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:13 ID:lDPbO9MK
>>940
俺は一年後の古本屋にする。
半年くらいまでは古本屋も回転いい商品と見て高値を付けるだろうが、
そのあとは肥やしにもならない『五体不満足』の平積み状態になるだろう。

942 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:41 ID:EiOGFIol
>>935
ノルウェーの森と、その前後に発売された上下本群は禿しく駄作なんで気にしなくて宜しい。
初期の作風を続けてくれれば良かったんだが。

長編でそれなりなのは「世界の終わりとハード......」くらいか?

943 :czar ◆H6MPnX7dHA :02/10/22 21:43 ID:PlykR0Dt
>>941
関係ないが、少女小説文庫本は買い取り拒否しているぞ。

944 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:46 ID:MWFMaZ/4
ケフカage

945 :ドラチョ ◆wdDORACHOg :02/10/22 21:49 ID:deJpMf6q
おまいら、「やれやれ」は英語でどういうのか教えてください。

...sigh とかだったらその翻訳家は逝ってよしです

946 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:50 ID:0wznedOA
>>945 「Do it! Do it!」

947 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:54 ID:89CEl4AV
>>945
SNOOPYの谷川訳では、「Good Grief」です

948 :名無しさん@3周年:02/10/22 21:58 ID:ohFNO9oB
>>929
小学校時代からファンですがなにか?
ハルキに憧れて早稲田入りましたが何か?

949 :名無しさん@3周年 :02/10/22 21:59 ID:WDWrAAMF
ソースはテロ朝日か、、、、

950 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:13 ID:EFirSFQr
>>948
おまえのは角川春樹じゃねーのか
本当はマーチ以下のくせに

951 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:20 ID:w5+lkurG
マジレスすると、文章書くの上手すぎ。

952 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:21 ID:ohFNO9oB
>>950
なんかみっともない煽りだなぁ…
別に学歴を自慢したかったわけじゃなくそれぐらいヲタです、って
言いたかっただけなのに
950はマーチ以下なの?

953 :名無し@11周年:02/10/22 22:23 ID:CYQUb0sD
現実逃避した設定が残念。


954 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:24 ID:0wznedOA
>>951 ワラタ

955 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:26 ID:xXkBn4Eb
すでにここは また〜り乂1000取り合戦場乂 となります。
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オハヤウゴゼゥマスッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )


956 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:27 ID:PlykR0Dt
>>955
まさかここが1000取り合戦場になるとは。

957 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:27 ID:vtdzDe8l
すごいね、ろくに理由も示さずこき下ろす人たち

958 :889:02/10/22 22:29 ID:q7YWBZmz
>>924
山形氏はPKDにシンパシーや興味を感じこそすれ、嫌ってはいないのでは?
でなきゃわざわざ在学中に翻訳なんてしないと思うよ。虚構系、といってもディック
とそれを切り離して考えるのは難しいみたいだし。因みに春樹とディックの
虚構&現実なんたらは別物だと個人的には思う。

ディック作品の少なくとも30%は優しさいやさやさぐれから出来ていて(wあ、優しさも
忘れちゃ逝かん)、これは春樹も認める所。んでそのスタンスは「なんでぇふざけやがって、
もう21世紀かよくだんねぇ……」と吐き捨てつつクソッタレな現実に喝を飛ばす山形氏の
それと決して相容れない物ではないわけで。

正直言ってディック信者というのが自分以外(w思い浮かばないので良く解らんのだけど、
あの解説は文学に対する潔い紙爆弾であり、ある意味サルトルのパン云々をより解り易く
翻案したものだとも言えるのは確か(サルトルは嘔吐以外読んだ事ないがなw)。漏れも拍手喝采。
スノビズムを除外した「わかりやすさ」ってのは氏にとってとても重要みたいね。

>前に別のトコで書いたんだけど春樹のねじまきは
>あのあとがき読んでたら読めないだろうなと思う。
これは誰が読めないのか良くわかんないけど、そうは思ってもついつい読みたくなっちゃう
のが「文学」好きな男というものなのだと思いまつ。長文スマソ。

959 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:30 ID:ohFNO9oB
千取りで思い出したけど今週のAERAに
カフカに関する記事が載ってた。
マンネリで普段本を読まない人にもわかりやすーく書いてるしょーもない本だと。
でも結局ハルキマンセーなんだよな。それが皮肉

960 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:30 ID:WDWrAAMF
雑誌
 ・週刊朝日
 ・AERA
 ・月刊アサヒグラフ
  person
 ・論座
 ・ASAHIパソコン
 ・朝日ビジネスPASO
 ・アサヒカメラ
 ・俳句朝日
 ・短歌朝日
 ・小説TRIPPER
 ・一冊の本
 ・日本の歴史
 ・続日本百名山
 ・日本百名山
 ・世界100都市
 ・世界の文学
 ・皇室の名宝
 ・日本の国宝
 ・週刊20世紀
 ・BAZAAR
 ・国華KOKKA
 ・別冊・増刊・ムック
 ・雑誌発売日一覧

961 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:30 ID:KmuYMOqc
>>946
ワロタ
>>945
ニュアンスはチト違うけど、”damn”だろうね。


962 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:30 ID:0wznedOA
>>957 文章がペラッペラ。昔書いた主題の安易な繰り返し(藁
誉めるんだったら理由書けば?(失笑

963 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:31 ID:ohFNO9oB
説明が足りナカータ
千と千尋の神隠しとの関連を指摘してたので「千」つながりで思い出したってことね

964 :名無しさん@3周年:02/10/22 22:58 ID:HBy1dVjp
彼女と別れて5回の終戦記念日を迎え、5回の除夜の鐘を聞き
家の軒先に巣を構えていた燕が5回の長い旅に出てまた帰ってきた。
5年と言う歳月が一般的に長いのか短いのか僕には解らない。
でも少なくとも僕にとって、5年の月日はたとえば
口臭を気にするオフィス・レディーの昼食後の歯磨きのように
非常に重みをもった代物だった。そして同様に非常に空虚だった。

別れの日から丁度1900日が経った日、僕は別れてから初めて違う女の子とデートをした。
映画を見て昔彼女とよく行ったショットバーでアレキサンダーを飲み、
お決まりの行事のように僕の家で女の子と寝た。
口元の綺麗な女の子だった。
女の子とキスした瞬間に僕は彼女のことを思いだした。
匂い、体温、しぐさ、すべて違う女の子に戸惑った。
その後のシャワーを浴びてる時に不意に涙が出た。まるで5年間の空白を埋めるかのような、
とてつもなく激しくそして静かな涙だった。




965 :名無しさん@3周年:02/10/22 23:33 ID:FBDzlhAG
すまん、質問だが
俺の中での最高傑作は「世界の終わり」で初期から「ダンス」までは結構気に入ってる。
「ねじまき」はいまいち。
で、「カフカ」は結構面白く読めた。
「スプートニクス」と「神の子」は未読なんだが読んだ方が良いかな?
「ノルウェー」はそんなに好きじゃないのですが・・・・・・

966 :名無しさん@3周年:02/10/22 23:38 ID:pWHNo4OO
>>965

カフカよんでから、挫折したスプートニックひっぱりだしてきて読んだんだけど
スプートニック前半はだれてるのだが、後半はむしろカフカよりすっきりしてる
ようにおもえた。意外とぐいぐいひっぱってくれたね(ちょっと荒削りなんだけど
もっとも、カフカも最後は息切れに思えるから、いつものことか)。

ねじまきまであった井戸もないし、
意外とスプートニックの恋人がいい作品なのを再発見したYO
ちょっとスノッブな舞台設定が鼻につくけど。。


967 :名無しさん@3周年:02/10/23 00:31 ID:n7ZzhNNF
カフカ分かりやすすぎたね
もう少し説明を端折るっていうか
想像力をかきたてるっていうか
そんな感じに書いてくれれば
すっきりまとまってたんじゃないかと思われ
話の展開自体は悪くないと思ったから余計もったいなかった

全体的にダレてる感じ
他のも大概そうだが

968 :上巻読了:02/10/23 01:16 ID:JGTRnofx
>>965
そうですか?
文学史的な説明がちょっと多いかなと思ったけど、
15歳くらいの若い人も読むことを考えればまあ妥当かなと思いましたが。

969 :名無しさん@3周年:02/10/23 01:22 ID:FzvjQhg+
「ひつじ」のラストで、唐突に出てこいと羊男を呼ぶシーン。
「世界の」で死ぬと知っててシェービングクリームを買うシーン。
「ねじまき」で女の子がまんちょに月の光を照らすシーン。
「スプートニク」のヘルナンデスのペニスが大きいのを見たシーン。

これ以外はあんまし面白くなかった。

970 :名無しさん@3周年:02/10/23 01:40 ID:2u2riSLM
カフカの直前にスプートニク読んだけど、
スプートニクの方が、登場人物が少ない分それぞれの個性が引き立ってるように思います。
章ごとに各人物がクローズアップされるから、3人ともに感情移入もできる。
でもカフカはなんか外から第3者として物語を眺めてる感じ。

195 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)