5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】腹腔鏡下手術にて2年前にも女性死亡 昭和大学藤が丘病院 【ミス?】

1 :(つ´∀`)つ@UUUφ ★:03/10/14 14:33 ID:???
 昭和大学藤が丘病院(横浜市青葉区)で01年11月、子宮筋腫を摘出する腹腔(ふっくう)
鏡手術を受けた女性が約1カ月半後に死亡していたことが分かった。遺族によると、病院側は
手術中のミスの可能性を認めて治療費を全額負担しながら、死亡診断書には「病死」と記載し
ていた。遺族は損害賠償を求め提訴する方針。同病院では、昨年10月に腹腔鏡手術で副腎を
摘出した女性(当時29歳)の死亡が明らかになったばかり。
 死亡したのは東京都町田市の主婦、川内明美さん(当時40歳)。会社員で夫の康羊さん
(47)によると、明美さんは01年11月5日、腹腔鏡を使った子宮筋腫と卵巣腫瘍(しゅよう)
の摘出手術を受けた。主治医から「問題なく終わった」と説明されたが、同7日未明に容体が
急変。検査の結果、腹膜炎と分かり、別の外科医が開腹したところ、大腸の一部であるS状結腸
に穴が開いていることが分かった。明美さんはその後2度の開腹手術を受けたが、12月21日に死亡した。
 康羊さんによると、病院側は12月6日、大腸の一部に穴が開いたことについて(1)腸管
をよけた際に損傷した(2)筋腫を体外に出すため、小さく切断した際に損傷した――の2点
の可能性を挙げ、「上記二つが原因と考えている」と文書で説明。明美さんが亡くなる3日前
の同18日には、治療費全額を病院側が負担することを認めた。
 しかし、病院側は死亡診断書の死因欄には、手術ミスを認める「外因死」ではなく、「病死
及び自然死」と記入し、ミスと死亡の因果関係を否定したという。
 康羊さんは「手術ミスと診断ミスが重なって死亡したことは明らか。いずれ法的措置をとり
たい」と話している。
 昭和大学藤が丘病院の話 16日に開く医療事故調査委員会で今後の対応を決定し、経緯な
どを報告する方針なので、現在はコメントできない。
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20031014k0000e040045001c.html

22 :隣の名無しさん:03/10/14 20:49 ID:g4xf/L7k
一般的に問題が病院の体質なら一件だけってことはないわあげ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)